追悼の森 =土井 たか子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.70
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元衆議院議長 土井 たか子 さん死去

2014年(平成26年)9月20日 死去 享年85歳

土井たか子写真  

元衆議院議長 土井たか子 さん死去

女性初の衆議院議長を務め、旧社会党委員長、社民党党首を歴任した 土井 たか子(どい たかこ)さんが 2014年(平成26年)9月20日、肺炎のため兵庫県内の病院で死去した。85歳だった。同月28日、社民党より発表された。

本名は土井多賀子。1969年(昭和44年)、第32回衆議院選挙に旧兵庫2区で旧社会党から立候補して初当選。以降、衆議院議員(12期)、日本社会党委員長、社民党党首などを歴任。1993年(平成5年)に女性としては憲政史上初の衆議院議長に就任した。2005年(平成17年)の「郵政解散」に伴う衆議院選挙では、比例代表近畿ブロックで立候補したが議席を得ることができず、政界の一線から退いていた。

人物 / 略歴

土井 たか子(どい たかこ、土井 多賀子、1928年(昭和3年)11月30日 ~ 2014年(平成26年)9月20日)

兵庫県神戸市出身。政治家、法学者。

衆議院議長(第59代)、日本社会党委員長(第10代)、社民党党首(第2代)、衆議院議員(12期)などを歴任。

日本において、女性初の衆議院議長と政党党首を務めた。

◆ 略 歴

父親は広島県出身の開業医、母親は京都府の出身。

1945年、兵庫県立第三神戸高等女学校卒業。

1949年に旧制京都女子専門学校(現:京都女子大学)支那語科卒業。その後、8年間京都女子専門学校の講師を務めた。

1958年 ~ 1970年に同志社大学、1963年 ~ 1969年に関西学院大学、1967年 ~ 1969年に聖和女子大学(現:聖和大学)にて講師を務める。専攻は憲法学。

1969年の第32回衆議院議員総選挙に旧兵庫2区に日本社会党から出馬し、初当選。

1983年9月に田中寿美子の後任として日本社会党副委員長に就任。

◆ 日本社会党委員長

1986年9月、第10代社会党委員長に就任。党史上初の女性の委員長であり、憲政史上でも初の女性党首であった。

時の首相は、かつて改憲論者として知られた中曽根康弘であったが、土井は護憲・軍縮を掲げてこれに対抗。

中曽根から政権を引き継いだ竹下登は消費税導入を強行するが、土井は消費税導入およびリクルート事件を激しく追及、宮澤喜一大蔵大臣を辞任させ、そして竹下内閣を退陣に追い込む。

1989年の第15回参院選では、社公民路線を基礎とした選挙協力体制を構築。結果、社会党が改選議席の倍以上を獲得、改選分では社会党が第一党、総議席では自民党が過半数割れの比較第一党という結果となる。選挙後も社公民路線を維持し、与野党が逆転した参議院での主導権を握る。

これは土井の個人人気に支えられた面も大きく、土井ブームと称される。この時「山が動いた」が名文句として有名になった。

1990年の第39回総選挙でも「おたかさんブーム」は続き、社会党は136議席(他、追加公認3で139議席)と51議席増やした。しかし、自民党は安定多数を維持した。さらに、野党での社会党の一人勝ちに公明党、民社党は距離を置き、両党は連合政権協議を打ち切り、自公民路線に舵を切った。

1991年の統一地方選挙で社会党は敗北し、土井は委員長を引責辞任した。

◆ 衆議院議長

1993年に行われた第40回総選挙で社会党は議席半減の惨敗をしたものの、自身は旧兵庫2区で再選(なお同区では参議院から鞍替えした小池百合子も当選を果たしている)。

総選挙後に細川護煕を首班とする非自民・非共産連立政権の枠組みが固まると、両院で過半数を確保している連立与党は土井を衆議院議長に推すことを決定、衆参通じ女性初の議長となることが固まった。

1996年9月、衆議院解散により退任。

◆ 社会民主党党首

1996年に社会党は社会民主党に改称。同年、社民党とさきがけの議員を糾合する新党として旧・民主党が発足するが、土井や村山富市党首らは新党への参加を拒否される。

半数以上の代議士を民主党に引き抜かれた社民党は党首を村山から土井に交替させて同年の第41回総選挙に臨むが、解散前の30議席から15議席へと半減。1998年、社民党は連立与党を離脱。

2000年に社会主義インターナショナルの副議長に就任(~2008年)。

2002年3月に、辻元清美政策秘書給料略取事件で詐欺の指南役をかばったことから、土井たか子事務所の政策秘書・五島昌子の関与が取りざたされる。

2003年の第43回総選挙では、自由民主党の大前繁雄に小選挙区で敗北。比例復活により落選は免れたが、同年11月13日に党勢衰退の責を取り党首を辞任した。

1990年12月に設立し、代表を務めていたアジア人権基金が2010年1月末、同基金は役目を終えたとして解散した。

2014年9月20日、肺炎のため死去。85歳没。

特記事項

愛称はおたかさん。

◆ 土井たか子 / 著書

◇ 『「国籍」を考える』(1984年2月、時事通信社)
◇ 『We love憲法』(1985年6月、すくらむ社)
◇ 『土井たか子マイウェイ』(1987年、出帆新社)
◇ 『土井たか子 政治とわたし』(1987年、日本社会党中央本部機関紙局)
◇ 『土井たか子 憲法講義 人間が人間らしく生きていくために』(1988年5月、リヨン社)
◇ 『山の動く日 土井たか子政論集』(1989年10月、すずさわ書店)
◇ 『せいいっぱい 土井たか子半自伝』(1993年12月、朝日新聞社)
◇ 『21世紀の平和構想 核も不信もないアジアを』(2001年、社会民主党全国連合)

◆ A Related Words :
土井たか子 学歴詐称/土井たか子 現在/土井たか子 李高順/土井たか子 死去/土井たか子 認知症/土井たか子 近況/土井たか子の今/土井たか子 痴呆/土井たか子 結婚/土井たか子 北朝鮮/土井たか子 略歴/土井たか子 プロフィール/訃報 土井たか子

Page Top

スマートフォン / PC サイト