追悼の森 =赤瀬川 原平さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.74
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

前衛美術家、作家 赤瀬川 原平 さん死去

2014年(平成26年)10月26日 死去 享年77歳

赤瀬川原平写真  

前衛美術家、作家 赤瀬川 原平 さん死去

前衛美術家で芥川賞作家の 赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい)さんが 2014年(平成26年)10月26日午前6時33分、敗血症のため東京都町田市内の病院で死去した。77歳だった。

前衛美術の旗手として頭角を現し、純文学作家として尾辻克彦(おつじ かつひこ)の筆名で小説を執筆、1981年(昭和56年)に「父が消えた」で第84回芥川賞を受賞。エッセーでも1998年(平成10年)の「老人力」で加齢に伴う現象を肯定的に捉え、ベストセラーになり、「老人力」は同年の流行語大賞を受賞するなど幅広く活躍した。また、千葉市美術館を皮切りに全国巡回する回顧展「赤瀬川原平の芸術原論展」の開幕を同月28日に控えていた。

人物 / 略歴

赤瀬川 原平(あかせがわ げんぺい、1937年3月27日 ~ 2014年10月26日)

神奈川県横浜市中区本牧町に生まれる。本名は赤瀬川克彦。前衛美術家、随筆家、作家。

純文学作家としては尾辻 克彦(おつじ かつひこ)というペンネームがある。

2006年4月より、武蔵野美術大学日本画学科の客員教授を務めていた。

◆ 略 歴

愛知県立旭丘高等学校美術科卒業。武蔵野美術学校(現:武蔵野美術大学)油絵学科中退。

6人兄弟姉妹の下から2番目。一家は父親の転勤であちこちに移り、原平は幼稚園時代から大分県大分市で育つ。

1945年、大分市立金池小学校3年生の時に敗戦。

大分県立大分舞鶴高等学校に進学して2ヶ月後、一家は名古屋に引越しし、旭丘高校美術科に転校。

武蔵野美術学校油絵科に進学。だが、仕送りは2ヶ月でとまり中退。

1956年には、上京していた姉・晴子と一緒に住み、姉のさそいで、砂川基地反対闘争に参加する。

◆ 前衛芸術

1958年、第10回読売アンデパンダン展に初出品。以後、1964年に同展が終了するまで出品を続ける。

1962年には、ポスターカラーで描いた絵画「破壊の曲率」でシェル美術賞に入選。

千円札を詳細に観察し、肉筆で200倍に拡大模写した作品を発表。さらに「千円札の表だけを一色で印刷」したものに手を加えたものを作品とし発表。

1965年、これが通貨及証券模造取締法違反に問われ、起訴され話題となった。

1967年6月の東京地裁の一審で「懲役3年、執行猶予1年、原銅版没収」の判決。上告ののち1970年に有罪確定。

◆ 櫻画報

1970年代から『朝日ジャーナル』『ガロ』などで漫画家として活動。『ガロ』にはつげ義春の「ねじ式」のパロディである「おざ式」などを発表。

◆ 純文学作家

テーマのない身辺小説「肌ざわり」を執筆。名義はペンネームの「尾辻克彦」とする。1979年9月に中央公論新人賞を受賞し、雑誌『中央公論』に掲載された。

短編「父が消えた」で、1981年、第84回芥川賞を受賞。「前科持ち・元犯罪者」が一転して「芥川賞作家」となり、周囲の扱いが激変したという。

1983年、「雪野」で野間文芸新人賞を受賞。

その後、純文学系の文筆活動を尾辻克彦名義で行い、尾辻・赤瀬川の「共著」などを出したりしたが、1994年に発表された小説集『ライカ同盟』を最後に尾辻名を使用することはなくなった。

◆ その他

1989年には、勅使河原宏と共同脚本を担当した映画『利休』で、日本アカデミー賞脚本賞を受賞。1993年には『仙人の桜、俗人の桜』で、JTB旅行文学大賞を受賞。

1998年『老人力』では、高齢化社会が進む中で、老人への新しい視点を提供。著作『老人力』は筑摩書房はじまって以来最高のベストセラーとなり、「老人力」は同年の流行語大賞を受賞。

その他にも『月刊天文ガイド』で10年以上に渡る連載を行ったり、カメラに関する著作を多数著し、その活動は幅広い。

また、猫好きでもあり、猫についてのエッセイ集、写真集なども刊行している。

◆ 死去

2011年に胃癌による全摘手術が行われて以降、脳出血や肺炎などで体調を崩しており、療養中であった。

2014年10月26日、敗血症のため東京都町田市の病院で死去。77歳没。

特記事項

兄は直木賞作家の赤瀬川隼。姉の赤瀬川晴子は帽子作家。

◆ 赤瀬川原平名義の著書(2000年以降)

◇ わかってきました。科学の急所 講談社 2000.1
◇ 赤瀬川原平の名画探険 広重ベスト百景 講談社 2000.2
◇ 赤瀬川原平の今月のタイトルマッチ ギャップ出版 2000.6
◇ 中古カメラウィルス図鑑 小学館 2000.6
◇ ゼロ発信 中央公論新社 2000 のち文庫
◇ 悩ましき買物 フレーベル館 2000 のち知恵の森文庫
◇ 我輩は病気である マキノ出版 2000.4
◇ 赤瀬川原平のブータン目撃 淡交社 2000.9
◇ よみもの 無目的 光文社 2001.3
◇ 地球に向けてアクセルを踏む 誠文堂新光社, 2001.5
◇ 全面自供! 松田哲夫聞き手 晶文社 2001.7
◇ 中古カメラ大集合 筑摩書房 2001.9
◇ 老いてはカメラにしたがえ 実業之日本社 2002.4
◇ 猫の文明 毎日新聞社 2002.9
◇ 路上の神々 佼成出版社 2002.11
◇ ケダモノ時代 毎日新聞社 2002.12
◇ 赤瀬川原平の日本美術観察隊 其の1-2 講談社 2003
◇ ぼくの昔の東京生活 筑摩書房 2003
◇ 背水の陣 日経BP社 2003
◇ 中山道俳句でぶらぶら(路上観察学会名義)太田出版 2004.5
◇ 新正体不明 東京書籍 2004.10
◇ 自分の謎 毎日新聞社 2005.11
◇ 目玉の学校 筑摩書房・ちくまプリマー新書 2005
◇ 運命の遺伝子UNA 新潮社 2005.6
◇ ふしぎなお金 毎日新聞社 2005.9
◇ 私の昭和の終わり史 河出書房新社 2006.2
◇ 四角形の歴史 毎日新聞社 2006.2
◇ 中古カメラの逆襲 筑摩書房 2006.3
◇ 祝!中古良品 アカセガワ版養生訓 ベストセラーズ 2006.6
◇ 大和魂 新潮社 2006.10
◇ NHK知るを楽しむ 人生の歩き方 日本放送出版協会 2006.8
◇ 猫から出たマコト 日本出版社 2007.6
◇ 日本男児 文藝春秋 2007.6
◇ もったいない話です 筑摩書房 2007.8
◇ 戦後腹ぺこ時代のシャッター音 岩波写真文庫再発見 岩波書店 2007.9
◇ 昭和の玉手箱 東京書籍 2008.6
◇ 散歩の学校 毎日新聞社 2008.12
◇ 東京随筆 毎日新聞社 2011.3
◇ 健康半分 デコ 2011.6
◇ 個人美術館の愉しみ 光文社新書 2011.10
◇ 「墓活」論 PHP新書 2012.3

◆ 尾辻克彦名義の著書

◇ 肌ざわり 中央公論社 1980 のち文庫、河出文庫
◇ 父が消えた 五つの短篇小説 文藝春秋 1981 のち文庫、河出文庫
◇ お伽の国の社会人 PARCO出版 1981.6
◇ 本物そっくりの夢 赤瀬川原平 筑摩書房, 1981.11
◇ 整理前の玩具箱 大和書房 1982.5(『ピストルとマヨネーズ』と改題、中公文庫、赤瀬川)
◇ 国旗が垂れる 中央公論社 1983.1
◇ 吾輩は猫の友だちである 中央公論社 1983 のち文庫
◇ 雪野 文藝春秋 1983.6
◇ シルバー・ロード 創樹社美術出版 1983.8
◇ 明日は明日の今日がくる 廣済堂 1984.2
◇ 野次馬を見た! 筑摩書房 1984.2
◇ 超貧乏ものがたり PHP研究所 1984.3
◇ 超プロ野球 集中力の精神工学 朝日出版社 1985.3
◇ 少年とグルメ 講談社 1985 のち文庫、赤瀬川
◇ カメラが欲しい 新潮社 1986 のち文庫
◇ 贋金づかい 新潮社 1988.6
◇ グルメに飽きたら読む本 新潮社
◇ 出口 講談社 1991.12
◇ 不思議の国の広告(編)福武書店 1993.3
◇ ライカ同盟 講談社 1994.4 のちちくま文庫、赤瀬川

◆ A Related Words :
赤瀬川原平 死去/赤瀬川原平 老人力/赤瀬川原平 訃報/赤瀬川原平 トマソン/赤瀬川原平 町田/赤瀬川原平 町田市/赤瀬川原平展/赤瀬川原平 千葉市美術館/free&easy 赤瀬川原平/宇宙の缶詰 赤瀬川原平/赤瀬川原平 略歴/赤瀬川原平 プロフィール

Page Top

スマートフォン / PC サイト