追悼の森 =菅原 文太さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.82
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

俳優 菅原文太 さん死去

2014年(平成26年)11月28日 死去 享年81歳

菅原文太写真  

俳優 菅原文太 さん死去

映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」シリーズなどで知られる俳優の 菅原 文太(すがわら ぶんた)さんが 2014年(平成26年)11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全のため東京都内の病院で死去した。81歳だった。

1958年(昭和33年)、新東宝にスカウトされて映画俳優として本格デビュー。映画「仁義なき戦い」や「トラック野郎」などのシリーズが大ヒット。渋い語り口と温かみある演技で愛され、国民的な人気俳優として注目を集めた。2007年(平成19年)に膀胱がんを患うなど、体調を崩し、2012年11月に俳優業引退を宣言。山梨県で有機農業に取り組んでいたという。

人物 / 略歴

菅原 文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 ~ 2014年11月28日)

宮城県仙台市出身。俳優。愛称は文太兄い、文ちゃん。

父は洋画家の狭間二郎。妻は菅原のマネージャーを務めており、長男は菅原加織(2001年事故死)。他に娘が2人いる。

◆ 略 歴

宮城県仙台第一高等学校を経て、早稲田大学第二 法学部へ進学。

大学在学中に中原淳一のモデルとなり、1954年、旗揚げしたばかりの劇団四季に1期生として入団し、初期の作品に多数端役として出演した。

1956年(昭和31年)に東宝の『哀愁の街に霧が降る』に出演。

1957年(昭和32年)に岡田眞澄・旗昭二・池田二郎ら総勢8名で日本初の男性専門モデルクラブ、ソサエティ・オブ・スタイルを設立。

1958年(昭和33年)、新東宝の宣伝部員にスカウトされ、新東宝に入社。同年、『白線秘密地帯』で本格映画デビュー。

1961年(昭和36年)に新東宝が倒産したため松竹へ移籍。その後、1967年(昭和42年)に東映へ移籍。

1969年(昭和44年)の『現代やくざ 与太者の掟』が、東映での初主役作となる。

また、同年には『関東テキヤ一家』シリーズ、1971年(昭和46年)からは『まむしの兄弟』シリーズに主演。

1973年(昭和48年)から始まった『仁義なき戦い』シリーズで、東映を代表するスターのひとりになった。

1974年(昭和49年)末からスタートした『新仁義なき戦い』シリーズや1975年(昭和50年)に始まる『トラック野郎』シリーズ(一番星・星桃次郎 役)もヒットした。

1980年(昭和55年)に大河ドラマ『獅子の時代』に主演。その後、大河ドラマでは『武田信玄』の板垣信方、『徳川慶喜』の徳川斉昭、『元禄繚乱』の細川越中守綱利、『利家とまつ~加賀百万石物語~』の前田利昌で出演した。

1981年(昭和56年)に映画『青春の門』、『炎のごとく』に主演。

その後は刑事ドラマなど、テレビドラマの主演・助演をしていた。東映時代は接点がなかった市川崑作品でも常連となっている。

1998年(平成10年)頃に岐阜県の飛騨地方に移住。近年は農業政策等に高い関心を示し、多数の講演活動も行っていた。

2003年(平成15年)公開の映画『わたしのグランパ』で復帰。9年ぶりの主演を果たした。

2009年(平成21年)より山梨県韮崎市で耕作放棄地を使って農業を始めている。

2012年(平成24年)11月13日、役者生活にピリオドを打った旨を明らかにした。

2012年7月公開のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」にも声優として出演。結果的にこれが、菅原の遺作となった。

2014年11月28日午前3時、転移性肝がんによる肝不全により東京都内の病院で死去。81歳没。

特記事項

2001年(平成13年)に長男の菅原加織を鉄道の踏切事故で亡くした。

最晩年は福岡県福岡市に住んでおり、11月30日に太宰府天満宮で家族葬を行った。

◆ 菅原文太 / 出演作品(主演映画)

◇ 海女の化物屋敷(1959年 新東宝)
◇ 狂った欲望(1959年 協和プロ 新東宝)
◇ 九十九本目の生娘(1959年 新東宝)
◇ 女奴隷船(1960年 新東宝)
◇ 美男買います(1960年 新東宝)
◇ 裸の谷間(1960年 新東宝)
◇ 恋愛ズバリ講座 弱気(1961年 新東宝)
◇ 現代やくざシリーズ(東映)1969年~1972年
◇ 懲役三兄弟(1969年 東映)
◇ 関東テキヤ一家シリーズ(東映)1969年~1971年
◇ 現代任侠道 兄弟分(1970年 東映)
◇ 戦後秘話 宝石掠奪(1970年 東映)
◇ 博徒仁義 盃(1970年 東映)
◇ 人斬り観音唄(1970年 東映)
◇ 新宿の与太者(1970年 東映)
◇ まむしの兄弟シリーズ(東映京都)1971年~1972年
◇ 人斬り与太 狂犬三兄弟(1972年 東映)
◇ 木枯し紋次郎(1972年 東映京都)
◇ 木枯し紋次郎 関わりござんせん(1972年 東映京都)
◇ 仁義なき戦いシリーズ(東映)1973年~1974年
◇ 新仁義なき戦い(1974年~1976年)
◇ 山口組外伝 九州進攻作戦(1974年 東映)
◇ 実録飛車角 狼どもの仁義(1974年 東映)
◇ 県警対組織暴力(1975年 東映)
◇ トラック野郎シリーズ(東映)1975年~1979年
◇ 横浜暗黒街 マシンガンの竜(1976年 東映)
◇ バカ政ホラ政トッパ政(1976年 東映)
◇ 新宿酔いどれ番地 人斬り鉄(1977年 東映)
◇ 日本の仁義(1977年 東映)
◇ ボクサー(1977年 東映)
◇ 犬笛(1978年 三船プロダクション 東宝)
◇ ダイナマイトどんどん(1978年 大映)
◇ 総長の首(1979年 東映)
◇ 青春の門(1981年 東映)
◇ 炎のごとく(1981年 大和新社 東宝)
◇ 鹿鳴館(1986年 東宝)
◇ 鉄拳(1990年 荒戸源次郎事務所 松竹)
◇ やくざ道入門(1994年 バンダイビジュアル)
◇ わたしのグランパ(2003年 同製作委員会)

◆ 菅原文太 / 出演CM

◇ 本田技研工業「アスコット」
◇ 松下電器産業(現:パナソニック)
◇ サントリー
◇ 宮城米
◇ マルコメ
◇ 朝日ソーラー
◇ パストール
◇ キリンビール
◇ 東建コーポレーション(萬田久子と共演)
◇ 大正製薬
◇ スズキ「キャリイ」(はるな愛と共演)

◆ A Related Words :
高倉健と菅原文太/菅原文太 死去/高倉健 菅原文太/菅原文太 現在/菅原文太 息子/菅原文太と高倉健/菅原文太 コメント/幸せの黄色いハンカチ菅原文太/菅原文太 身長/仁義なき戦い 菅原文太/菅原文太 略歴/菅原文太 プロフィール/訃報 菅原文太

Page Top

スマートフォン / PC サイト