追悼の森 =呉 清源さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.83
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

囲碁棋士 呉 清源 さん死去

2014年(平成26年)11月30日 死去 享年100歳

呉清源写真  

囲碁棋士 呉 清源 さん死去

戦前から戦後にかけて 囲碁の第一人者として活躍し、昭和最強の棋士と称された 呉 清源(ご せいげん)さんが 2014年(平成26年)11月30日午前1時11分、老衰のため神奈川県小田原市内の病院で死去した。100歳だった。

1928年(昭和3年)、14歳のときに囲碁の才能を認められ来日。戦前から戦後にかけ、1人と10局を打つ「打ち込み十番碁」では無敵を誇った。また、1958年と1961年の日本最強戦でも優勝。全盛期には日本囲碁界の第一人者として君臨し、「昭和の棋聖」とも称された。1936年(昭和11年)日本国籍を取得したが、諸事情により、1979年に再度、日本に帰化した。1984年の引退後も後進の指導や囲碁の国際化に尽力し、1987年に勲三等旭日中綬章を受章。

人物 / 略歴

呉 清源(ご せいげん、1914年6月12日 ~ 2014年11月30日)

中国福建省出身。本名は泉、清源は通称名。囲碁の棋士。

日本棋院瀬越憲作名誉九段門下。日本棋院名誉客員棋士。

◆ 略 歴

父呉毅(炎曾)の三男として中国福建省に生まれる。

7歳のとき、父に囲碁を教えられ、父が日本に留学した時に手にした棋書『囲棋新報』合本、『敲玉余韵』、御城碁の棋譜などにより学んだ。

数年で周りには対等に相手ができるものがいなくなり、神童と呼ばれた。また、日本の新聞社も中国に駆けつけこの天才少年のことを報道した。

犬養毅(後に第29代内閣総理大臣)や大倉喜七郎などの助力も受けて、14歳のときに、母と兄と共に日本に渡った。

来日直後は棋士瀬越憲作の世話で麻布谷町の借家に住んだが、1年ほどで東中野に移り、次いで西荻窪の瀬越宅の隣に住む。

日本棋院では段位を決めるための試験碁が行われ、1929年に三段の段位を認められた。

1936年には日本に帰化。正式名を呉泉(くれ いずみ)とするが、1940年から雅号として呉清源に戻した。

同年、結核との診断を受け、長野県の富士見高原診療所で1年間療養する。

1942年に八段昇段。同年、中原和子と結婚。

戦時中には呉にも徴用の令状が来たが、身体検査で帰された。

1949年に九段に推挙された。

十番碁において、主だった棋士をすべて先相先以下に打ち込んみ、名人の資格ありと見えたが、実際に名人に推されることは無かった。1955年~1956年の高川戦が最後の十番碁となった。

約30年に渡り卓越した成績を挙げ、囲碁界に君臨したその期間は「呉清源時代」とも呼ばれた。

敗戦後の1946年に師の瀬越憲作が日華親善のためとして薦めて、中華民国籍としたが、1979年に再度日本国籍を取得した。

1973年の十段戦出場後は対局から遠ざかり、古希を迎えた1984年2月24日に引退。

引退後も研究会を続け、多くの現役棋士に影響を与えるとともに、「21世紀の碁」を提唱。

1986年 香港中文大学の栄誉博士称号を得る。1987年 勲三等旭日中綬章を受章。

2014年11月30日、老衰のため小田原市内の病院で逝去。満100歳。

特記事項

2012年の『週刊碁』の企画「尊敬する棋士、好きな棋士」では第1位に選ばれた。

2007年、中国の田壮壮監督の映画「呉清源」は、上海国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀撮影賞を受賞。

◆ 著作

◆ 打碁集
◇ 『呉清源打棋全集』(全4卷)平凡社 1973-74年
◇ 『呉清源打込十番碁全集』(全5巻)講談社 1979年
◇ 『現代の名局5,6 呉清源(上下)』誠文堂新光社 1980年
◇ 『現代囲碁大系11,12 呉清源』講談社 1980年
◇ 『名局細解』(全12巻)誠文堂新光社 1981-83年
◇ 『呉清源自選百局』平凡社 1982年
◇ 『呉清源全集』(全15巻)白水社 1987年

◆ その他棋書
◇ 『囲棋革命 新布石法 星・三々・天元の運用 』平凡社 1934年
◇ 『日本囲碁大系3 道策』筑摩書房
◇ 『官子譜 囲碁手筋の源流』全4冊 東洋文庫
◇ 『玄玄碁經集』全2巻 東洋文庫
◇ 『現代定石活用辞典(上中下)』誠文堂新光社 1976年
◇ 『呉清源 100万人の詰碁3』講談社 1983年
◇ 『寿石不老』誠文堂新光社 1995年(詰碁集)
◇ 『呉清源二十一世紀の打ち方』日本放送出版協会 1997年
◇ 『21世紀の碁』(全10巻)誠文堂新光社 1997-2001年

◆ 随想・回顧
◇ 『随筆莫愁』天元社 1940年
◇ 『呉清源棋話』三一書房 1993年
◇ 『以文会友』白水社 1984年
◇ 『中の精神』東京新聞出版局 2002年

◆ A Related Words :
呉清源 映画/呉清源 100/呉清源 100歳/呉清源 DVD/呉清源 全集/呉清源 動画/呉清源 打碁/呉清源 新布石構想/呉清源 極み/呉清源 極みの棋譜/呉清源 略歴/呉清源 プロフィール/呉清源 死去/訃報 呉清源

Page Top

スマートフォン / PC サイト