追悼の森 =宮尾 登美子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.87
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

作家 宮尾登美子 さん死去

2014年(平成26年)12月30日 死去 享年88歳

宮尾登美子写真 

作家 宮尾登美子 さん死去

小説「天璋院篤姫」や「鬼龍院花子の生涯」など、逆境を生き抜く女性たちの一生を描いた作家 宮尾 登美子(みやお とみこ)さんが 2014年(平成26年)12月30日午後9時17分、老衰のため東京都狛江市の自宅で死去した。88歳だった。

1973年(昭和48年)、生家をモデルにした自伝的小説「櫂」で太宰治賞を受賞し、出世作となった。その後も女性の生涯をテーマに多彩な作品を手掛け、「一絃の琴」で1979年に直木賞、2009年には文化功労者に選定された。また、「鬼龍院花子の生涯」や「陽暉楼」など映画化作品も多く、徳川13代将軍、家定に嫁いだ篤姫の人生を描いた「天璋院篤姫」はNHK大河ドラマの原作にもなった。

人物 / 略歴

宮尾 登美子(みやお とみこ、1926年4月13日 ~ 2014年12月30日)

高知県高知市に生まれる。小説家。

◆ 略 歴

高知の遊郭で芸妓紹介業を営む岸田猛吾の子として生まれる。

12歳で父母が離婚し父に引き取られる。

1943年、高坂高等女学校を卒業。

吾川郡池川町(現:仁淀川町)の安居国民学校の代用教員となる。

1944年、同僚の前田薫と結婚。心臓神経症を発症し、長く悩まされる。

1944年満蒙開拓団の一員として家族で満洲に渡る。長女を出産するが、敗戦のため辛酸をなめ、1946年高知へ引き揚げ。この満洲体験は『朱夏』に描かれる。

1962年前田とみ子の名で書いた『連』で婦人公論女流新人賞を受賞、1963年同作で直木賞候補となる。

1972年、それまで劣等感を感じていた生家のことを書く決心をし、『櫂』を自費出版、1973年同作で太宰治賞を受賞し、出世作となる。

1979年『一絃の琴』で直木賞を受賞、53歳であった。

1983年『序の舞』で吉川英治文学賞受賞。

作品のテーマは一貫して女性であり、自伝ものから出発して、さまざまな分野に新境地を開いている。

『東福門院和子の涙』など、歴史の中で弄ばれるはかない女性を描いた歴史小説が有名。

2005年の大河ドラマ『義経』は、『宮尾本 平家物語』と『義経』が原作。2008年には『天璋院篤姫』が大河ドラマ化された。

2014年12月30日、老衰のため88歳で死去。

特記事項

心臓神経症の持病もあって飛行機に乗れなかった。

◆ 受賞歴

◇ 1962年 『連』で婦人公論女流新人賞
◇ 1973年 『櫂』で第9回太宰治賞
◇ 1977年 『寒椿』で第16回女流文学賞
◇ 1979年 『一絃の琴』で第80回直木三十五賞
◇ 1982年 『序の舞』で第17回吉川英治文学賞
◇ 1989年 『松風の家』で第51回文藝春秋読者賞/紫綬褒章
◇ 1995年 『藏』でエランドール賞特別賞
◇ 1996年 第12回日本酒大賞
◇ 2008年 第56回菊池寛賞b
◇ 2009年 文化功労者
◇ 2010年 『錦』で第6回親鸞賞

◆ 著書

◇ 『櫂』私家版、1972
◇ 『陽暉楼』筑摩書房 1976
◇ 『寒椿』中央公論社 1977
◇ 『岩伍覚え書』筑摩書房 1977
◇ 『一絃の琴』講談社 1978
◇ 『影絵』筑摩書房 1978
◇ 『鬼龍院花子の生涯』文藝春秋 1980
◇ 『母のたもと』筑摩書房 1980
◇ 『伽羅の香』中央公論社 1981
◇ 『女のあしおと』講談社 1981
◇ 『美しきものへの巡礼』文藝春秋 1981
◇ つむぎの糸 高知新聞社 1981
◇ 『序の舞』朝日新聞社 1982
◇ 『もう一つの出会い』海竜社 1982
◇ 『楊梅(やまもも)の熟れる頃』文化出版局 1982
◇ 『花のきもの』講談社 1983
◇ 『手とぼしの記』朝日新聞社 1984
◇ 『天璋院篤姫』講談社 1984
◇ 大人の味 辻嘉一対談 文化出版局 1985
◇ 『地に伏して花咲く』シーズ 1984
◇ 『朱夏』集英社 1985
◇ 対談集『小さな花にも蝶』1986
◇ 『女のこよみ』講談社 1987
◇ 『春燈』新潮社 1988
◇ 『わたしの四季暦』中央公論社 1988
◇ 『くらしのうた』(共著)1988
◇ 『私の四季暦』中央公論社 1988
◇ 『松風の家』文藝春秋 1989-90
◇ 『きのね-柝の音』朝日新聞社 1990
◇ 『菊亭八百善の人びと』新潮社 1991
◇ 宮尾登美子全集 全15巻 朝日新聞社 1992-1994
◇ 『藏』毎日新聞社 1993
◇ 『東福門院和子の涙』講談社 1993
◇ 『菊籬』文藝春秋 1995
◇ 『クレオパトラ』朝日新聞社 1996
◇ 『記憶の断片』飛鳥新社 1996
◇ 『天涯の花』集英社 1998
◇ 『はずれの記』角川書店 1998
◇ 『きものがたり』世界文化社 1999
◇ 『仁淀川』新潮社 2000
◇ 『宮尾本 平家物語』全4巻、朝日新聞社 2001-2004
◇ 『めぐる季節を生きて』講談社 2002
◇ 『平家物語の女たち』朝日新聞社 2004
◇ 『義経』日本放送出版協会、2004
◇ 『湿地帯』新潮社 2007
◇ 『篤姫の生涯』日本放送出版協会、2007
◇ 『錦』中央公論新社、2008
◇ 『人生のあしあと』海竜社、2009

◆ A Related Words :
宮尾登美子 櫂/宮尾登美子 生い立ち/宮尾登美子 錦/宮尾登美子 略歴/宮尾登美子 プロフィール/宮尾登美子 死去/訃報 宮尾登美子

Page Top

Mobile View / Desk Top