追悼の森 =阿修羅・原さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2015年 著名人訃報一覧 Ver.31
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

元プロレスラー 阿修羅 原 さん死去

2015年(平成27年)4月28日 死去 享年68歳

阿修羅 原写真 

元プロレスラー 阿修羅 原 さん死去

元プロレスラーで天龍源一郎とのタッグで活躍した 阿修羅 原(あしゅら はら)さんが 2015年(平成27年)4月28日午前5時15分、肺炎のため長崎県雲仙市内の病院で死去した。68歳だった。

本名は原 進(はら すすむ)。ラグビー日本代表として活躍。1976年には日本人として史上初めて世界選抜メンバーに選出された。その後、1977年11月29日、国際プロレスにスカウトされ入門。国際プロレス解散後は全日本プロレスに移籍。1987年、天龍とユニット「天龍同盟」を結成。天龍とのタッグ「龍原砲」は全日本で一時代を築いた。1994年に現役を引退。晩年は諫早市で一人暮らしをしていたが、心筋梗塞を患い療養生活を送っていたという。

人物 / 略歴

阿修羅 原(あしゅら はら、1947年1月8日 ~ 2015年4月28日)

長崎県北高来郡森山町(現:諫早市)出身。本名は原 進(はら すすむ)。プロレスラー。

ラグビーの日本代表選手を経てプロレスに転向した。

◆ 略 歴

◆ ラガーマン時代

諫早農業高校で当初は相撲に打ち込んでいたが、高校2年にラグビーに転向。

東洋大学を経て、社会人では近鉄に所属した。

1970年、近鉄時代に日本代表に選出され、同年3月22日のブリティッシュ・コロンビア州代表戦でNO8として初キャップを獲得した。

所属した近鉄は1974年度、5年ぶりに全国社会人ラグビーフットボール大会を制覇。

続く日本選手権でも、早稲田大学を破り、こちらは7年ぶりとなる日本一を果たしたが、いずれの大会も、原が右プロップとして優勝に貢献した。

以後、1976年までに日本代表キャップ17を獲得。

1976年には日本人として史上初めて世界選抜メンバーに選出されている。

◆ プロレスラー時代

1977年11月29日、国際プロレスにスカウトされ入門。

1978年6月29日の大阪府立体育館にて正式にデビューした。

12月27日にラグビーファンである野坂昭如に阿修羅・原と命名される。

1979年の新春シリーズより本格参戦し、5月6日にミレ・ツルノからWWU世界ジュニアヘビー級王座を奪取。

ダイナマイト・キッド、ローラーボール・マーク・ロコ、ジプシー・ジョー、剛竜馬らを挑戦者に防衛を重ね、国際プロレス次代のエースとして期待された。

国際プロレス解散後は、マイティ井上らと共に全日本プロレスに移籍。

当時のニックネームは 野生のダンプガイ 。

◆ 教育者時代

引退後は郷里・長崎県の森山町に帰り、森山町立スポーツ交流館で町民の健康づくりのスポーツコーチを務めた。

その後、母校の長崎県立諫早農業高校でラグビー部コーチとなり、凋落傾向にあったラグビー部の建て直しに当たった。

◆ 死去

諫早農業高校でのラグビー部コーチの職からも離れ、講演活動や知人の生花店で働いていた。

約2年ほど前から長崎県雲仙市の病院に心筋梗塞で入院して療養生活を送っていた。

2015年4月28日午前5時15分、雲仙市内の病院で肺炎のため68歳で死去した。

特記事項

◆ 入場テーマ曲

◇ 阿修羅 / ミノタウロス(国際プロレス、全日本プロレス時代)

◇ DREAMS / ヴァン・ヘイレン(全日本プロレス時代末期、SWS、WAR時代)

◆ 獲得タイトル

◇ 英連邦ジュニアヘビー級王座
◇ WWU世界ジュニアヘビー級王座
◇ IWA世界タッグ王座(w / マイティ井上)
◇ アジアタッグ王座(w / マイティ井上、石川隆士、スーパー・ストロング・マシーン)
◇ PWF世界タッグ王座(w / 天龍源一郎)
◇ 世界タッグ王座(w / 天龍源一郎)

◆ A Related Words :
阿修羅原 死去/阿修羅原 死因/阿修羅原 家族/阿修羅原 解雇/阿修羅原 結婚/阿修羅原 長与千種/阿修羅原 動画/阿修羅原 画像/阿修羅原 2ch/阿修羅原 入場曲/阿修羅原 略歴/阿修羅原 プロフィール/阿修羅原 死去/訃報 阿修羅原

Page Top

Mobile View / Desk Top