追悼の森 =高橋治さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2015年 著名人訃報一覧 Ver.40
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

直木賞作家 高橋 治 さん死去

2015年(平成27年)6月13日 死去 享年86歳

高橋治写真 

直木賞作家 高橋 治 さん死去

小説「風の盆恋歌」や「「秘伝」などで知られる直木賞作家の 高橋 治(たかはし おさむ)さんが 2015年(平成27年)6月13日午前8時16分、肺炎のため神奈川県内の自宅で死去した。86歳だった。

1953年に松竹に入社し、小津安二郎監督「東京物語」などの助監督を経て、映画監督としてデビュー。その後、1984年(昭和59年)、釣師の世界を描いた「秘伝」で第90回直木賞を受賞。また、富山県の伝統行事、「おわら風の盆」を舞台に、男女の恋をテーマにした小説「風の盆恋歌」が話題となるなど、幅広いテーマの作品で注目を集めた。また、石川県に「白山麓僻村塾」を開き、環境問題に対する発言も積極的に行うなど、行動派の作家としても知られた。

人物 / 略歴

高橋 治(たかはし おさむ、1929年5月23日 ~ 2015年6月13日)

千葉県千葉市出身。小説家、劇作家。

◆ 略 歴

旧制第四高等学校を経て、東京大学文学部国文科卒業。

1953年 松竹に助監督として入社。

同年、新人助監督として、小津安二郎監督の代表作「東京物語」に係わる。

監督 堀内真直に師事。

堀内の助監督をつとめながら、その監督作品の脚本を数多く手がける。

1960年 「彼女だけが知っている」で監督デビュー。

1965年 同社を退社し、作家活動に入る。

1977年 シベリア出兵を描いた『派兵』(未完)により泉鏡花記念金沢市民文学賞。

1982年 小津安二郎の生涯を描いた『絢爛たる影絵-小津安二郎』で直木賞候補。

1983年 釣師の世界を描いた、『秘伝』で第90回直木賞受賞。

1988年 自然の保護と均衡の取れた発展を模索する人材育成を目的とする「白山麓僻村塾」を石川県白峰村(現:白山市)に設立。

1985年 『名もなき道を』『別れてのちの恋歌』で柴田錬三郎賞受賞。

1996年 『星の衣』にて吉川英治文学賞を受賞。

2015年6月13日、肺炎のため86歳で死去。

特記事項

「神崎省吾シリーズ」は2時間ドラマの原作として度々映像化されてた。

好角家としても知られ、1990年から2012年まで中日スポーツ、東京中日スポーツに観戦記「私は見た!」を連載。

◆ 映画監督作品

◇ 彼女だけが知っている 松竹大船 1960
◇ 死者との結婚 松竹大船 1960
◇ 非情の男 松竹大船 1961
◇ 男の歌 松竹大船 1962
◇ 空と海の結婚 松竹大船 1962
◇ 七人の刑事 女を探がせ 松竹大船 1963
◇ ゴメスの名はゴメス・流砂 俳優座 1967
◇ 少年とラクダ 俳優座=イスラムフィルム 1969

◆ 高橋 治 / 著書

◇ 『告発 水俣病事件 高橋治戯曲集』青雲書房 1970
◇ 『派兵』全4部(朝日新聞社)1973-77
◇ 『絢爛たる影絵 小津安二郎』(文藝春秋)1982 のち文庫、岩波現代文庫
◇ 『自白の構図』文藝春秋 1984 のち文庫
◇ 『秘伝』講談社 1984 のち文庫
◇ 『つれ釣れなるままに』筑摩書房 1985 のち文庫
◇ 『夜光貝岬』講談社 1985 のち文庫
◇ 『風の盆恋歌』(新潮社 1985 のち文庫
◇ 『紺青の鈴』角川書店 1985 のち文庫
◇ 『殺意の断崖 神崎省吾事件簿』文藝春秋 1986 のち文庫
◇ 「さすらい波太郎」シリーズ 1986~1994
◇ 『うず潮のひと』講談社 1987 のち文庫
◇ 『風の暦』新潮社 1987 のち文庫
◇ 『くさぐさの花』朝日新聞社 1987 のち文庫
◇ 『「青魚・下魚・安魚」讃歌』朝日新聞社 1988 のち文庫
◇ 『名もなき道を』講談社 1988 のち文庫
◇ 『人間ぱあてい』講談社 1988 のち文庫
◇ 『別れてのちの恋歌』新潮社 1988 のち文庫
◇ 『流域』講談社 1989 のち新潮文庫
◇ 『木々百花撰』朝日新聞社 1989 のち文庫
◇ 『海そだち』集英社 1989 のち文庫
◇ 『波太郎放浪記』講談社 1989
◇ 『美しき囮 神崎省吾事件簿』文藝春秋 1989 のち文庫
◇ 『つぶやき歳時記』角川書店 1990 のち文庫
◇ 『花ものがたり』新潮社 1990 のち文庫
◇ 『ベヒシュタイン歌う』文藝春秋 1991 「女たち」文庫
◇ 『さまよう霧の恋歌』新潮社 1991 のち文庫
◇ 『花と心に囲まれて』講談社 1992 のち文庫
◇ 『ささやき歳時記』角川書店 1992 のち文庫
◇ 『春朧』(日本経済新聞社)1992 のち新潮文庫
◇ 『春夏秋冬ひと歌こころ』新潮社 1993 のち文庫
◇ 『短夜』朝日新聞社 1993 のち新潮文庫、朝日文芸文庫
◇ 『味こごと歳時記』角川書店 1994 「泥鰌と粋筋」文庫
◇ 『海の蝶』新潮社 1994 のち文庫
◇ 『大地が厨房だ』集英社 1994 のち文庫
◇ 『旬の菜滋記』朝日新聞社 1995 のち文庫
◇ 『星の衣』講談社 1995 のち文庫
◇ 『冬の炎』集英社 1996 のち文庫
◇ 『ひと恋ひ歳時記』角川書店 1996 のち文庫
◇ 『片意地へんくつ一本気 下田うなぎ屋風流噺』文藝春秋 1997 のち文庫
◇ 『蕪村春秋』朝日新聞社 1998 のち文庫
◇ 『慕情旅まくら』角川書店 1998
◇ 『女ひと四季』朝日新聞社 1999 のち文庫
◇ 『高橋治のおくのほそ道』(シリーズ・古典)講談社 2001
◇ 『おんな心いろいろ帖』角川書店 2001
◇ 『純情無頼 小説阪東妻三郎』(文藝春秋)2002 のち文庫
◇ 『雪』集英社 2008

◆ A Related Words :
高橋治 秘伝/作家 高橋治/高橋治 風の盆恋歌/高橋治 直木賞/高橋治 略歴/高橋治 プロフィール/高橋治 死去/訃報 高橋治

Page Top

Mobile View / Desk Top