追悼の森 =塩川 正十郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2015年 著名人訃報一覧 Ver.56
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

元財務相 塩川 正十郎 さん死去

2015年(平成27年)9月19日 死去 享年93歳

塩川正十郎写真 

元財務相 塩川 正十郎 さん死去

小泉内閣で財務相を務め、「塩爺(じい)」の愛称で親しまれた 塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう)さんが 2015年(平成27年)9月19日午前10時15分、肺炎のため大阪市内の病院で死去した。93歳だった。

大阪府布施市(現:東大阪市)助役から、1967年(昭和42年)の衆院選で旧大阪4区から出馬して初当選。鈴木善幸内閣で運輸大臣に就任し初入閣を果たした。党内では森喜朗元首相、三塚博元蔵相、加藤六月元農相らとともに「安倍派四天王」と称された。衆院当選11回。2003年11月の衆院選に出馬せず政界を引退した。2000年に勲一等旭日大綬章を受章。威勢のいい関西弁と独特のとぼけたキャラクターから「塩じい」の愛称で親しまれた。

人物 / 略歴

塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう、1921年(大正10年)10月13日 ~ 2015年(平成27年)9月19日)

大阪府中河内郡布施村(現在の東大阪市)に生まれた。政治家。

自民党の政治資金団体たる財団法人国民政治協会会長及び、党友組織自由国民会議代表、東洋大学総長、財団法人関西棋院前理事長、特定非営利活動法人武士道協会理事長。

愛称は「塩爺」(しおじい)。

衆議院議員(11期)、自民党総務会長(第1次橋本内閣時代)、運輸大臣(第52代)、文部大臣(第108代)、内閣官房長官(第50代)、自治大臣(第42代)、国家公安委員会委員長(第52代)、財務大臣(第2代)などを歴任。

◆ 略 歴

大阪府立八尾中学校(現:大阪府立八尾高等学校)出身。

慶應義塾大学経済学部へ入学。

在学中、学徒出陣により出征する。

終戦後、会社を設立し、経営者となる。その後、青年会議所や信用組合の幹部、市役所の助役を務めた。

1967年の総選挙で旧大阪4区より当選、衆議院議員となる。

当選後は福田赳夫派に入会し、福田赳夫内閣の発足時には内閣官房副長官に抜擢された。

◆ 政界

税制など経済政策に精通しており、地価税を導入した時の党税調会長として知られる。

鈴木善幸内閣で運輸大臣に就任し初入閣を果たしたのを皮切りに、文部大臣(第3次中曽根内閣)、内閣官房長官(宇野内閣)、自治大臣・国家公安委員会委員長(宮澤内閣)を務めた。

◆ 小泉政権

2001年、自由民主党総裁選挙で森派の後輩・小泉純一郎の選対本部長を務める。その後成立した第1次小泉内閣で財務大臣に就任。

財務大臣に80歳になろうとする人物が就いたことは、サプライズ人事の一つされた。

金融実務や党税調会長の経験を生かし、小泉構造改革の旗振り役をつとめた。

第1次小泉第1次改造内閣発足時に退任し、第43回衆議院議員総選挙不出馬で引退。

◆ 政界引退後

日本相撲協会運営審議会委員、東洋大学総長、財団法人尾崎行雄記念財団顧問、財団法人国民政治協会会長、自由国民会議代表、時代を刷新する会会長(三代目)、ベストヒット歌謡祭実行委員会名誉会長を務めた。

2004年には東洋大学に於いて国際交流並びに外国人留学生の育成を対象とした奨学金『塩川正十郎奨学金』を創設した。

2015年9月19日、肺炎のため大阪市内の病院で死去。93歳没。

特記事項

毎年11月に日本テレビ系列で放送されるベストヒット歌謡祭では大会実行委員会名誉会長を務めていた。

◆ 顕彰

群馬県邑楽郡板倉町にある東洋大学板倉キャンパス内に塩川正十郎の銅像がある。他界するまで東洋大学総長を務めた。

◆ 家族

父は旧布施市市長の塩川正三。

大阪大学名誉教授(応用化学)の塩川二朗は弟。

◆ 著書

「ある凡人の告白 - 軌跡と証言」(藤原書店) ISBN 9784894346918

◆ A Related Words :
塩川正十郎 葬儀/塩川正十郎 自宅/塩川正十郎 病院/塩川正十郎 戒名/塩川正十郎 忘れました/塩川正十郎 子供/塩川正十郎 画像/塩川正十郎 家族/塩川正十郎 吹田/塩川正十郎 身長/塩川正十郎 略歴/塩川正十郎 プロフィール/塩川正十郎 死去/訃報 塩川正十郎

Page Top

Mobile View / Desk Top