追悼の森 =水木 しげるさん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2015年 著名人訃報一覧 Ver.71
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

漫画家 水木 しげる さん死去

2015年(平成27年)11月30日 死去 享年93歳

水木しげる写真 

漫画家 水木 しげる さん死去

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる漫画家の 水木 しげる(みずき しげる)さんが 2015年(平成27年)11月30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で死去した。93歳だった。本名は武良 茂(むら しげる)。

鳥取県境港市入船町出身。高等小学校卒業後、画家を目指して、大阪で働きながら学ぶ。1943年(昭和18年)、召集されニューギニア戦線に出征、同地で爆撃を受け左腕を失う。1958年(昭和33年)に貸本漫画家としてデビュー。「河童の三平」や「悪魔くん」「ゲゲゲの鬼太郎」などの漫画が大ヒットし、テレビアニメ化されてからは妖怪ブームが巻き起こるなど人気を集めた。1991年に紫綬褒章、2003年には旭日小綬章を受章。2010年文化功労者。

人物 / 略歴

水木 しげる(みずき しげる、男性、1922年3月8日 ~ 2015年11月30日)

現:大阪市住吉区に生まれる。鳥取県境港市入船町出身。本名は武良 茂(むら しげる)。漫画家。

文化功労者、傷痍軍人。

ペンネームは、紙芝居作家時代に経営していたアパート「水木荘」から名付けた。

代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。

◆ 略 歴

大阪で生まれ、鳥取県境港市入船町で育つ。

高等小学校卒業を経て、画家を目指して大阪で働きながら学ぶ。

両親から日本大学付属の旧制大阪夜間中学校(現:大阪学園大阪高等学校)への進学を勧められ、同校に入学した。

1943年、3年生在学時に召集され帝国陸軍の軍人(兵)となった。

太平洋戦争下のニューギニア戦線・ラバウル方面に出征、過酷な戦争を体験。

同地で爆撃を受け左腕を失う。

復員後、貧窮により画家になるのを諦め、生活のために始めた紙芝居作家を経て上京。

1958年、貸本漫画『ロケットマン』で貸本漫画家としてデビュー。

1961年、飯塚布枝と見合い結婚。

1964年に『ガロ』で商業誌デビュー。

1965年に『テレビくん』が講談社児童まんが賞を受賞した。

貸本時代に描いていた『ゲゲゲの鬼太郎』や『河童の三平』といった作品が『週刊少年マガジン』『週刊少年サンデー』にそれぞれ掲載され、以降、妖怪を扱った作品により人気作家となった。

1966年には『悪魔くん』が水木作品として初めてテレビドラマとして映像化された。

最大のヒット作となった『ゲゲゲの鬼太郎』は1968年より5度TVアニメ化されている。

1993年、幼少期を過ごした境港市に町おこしとして水木しげるロードが建設され、2003年には水木しげる記念館が開館した。

長年の漫画と妖怪文化への功績が称えられ、1991年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受章。

2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。

1973年に執筆した『総員玉砕せよ!』がアングレーム国際漫画祭遺産賞、米アイズナー賞最優秀アジア作品賞をそれぞれ受賞している。

調布市名誉市民、東京都名誉都民。2010年に文化功労者にも選ばれた。

2015年11月10日、自邸で転倒して頭部を打撲し硬膜下血腫で緊急手術を受け、入院治療中であった。

同年11月30日午前7時18分、多臓器不全のため入院先の東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で死去した。満93歳没。

特記事項

妖怪研究家として、世界妖怪協会会長、日本民俗学会会員、民族芸術学会評議委員などを歴任。

◆ 水木 しげる / 作品

◆ 代表作品
◇ ゲゲゲの鬼太郎
◇ 河童の三平
◇ 悪魔くん
◆ そのほか、連載漫画
◇ 新講談 宮本武蔵(1965年、ガロ)
◇ 子供の国(1965年、ガロ)
◇ なまけの与太郎(1966年、中一コース)
◇ 日本の民話(1967年 - 1969年、漫画アクション)
◇ 世界怪奇シリーズ(1968年、ビッグコミック)
◇ 妖怪百物語(1968年、週刊少年キング)
◇ サラリーマン死神(1968年 - 1969年、ビッグコミック)
◇ 水木氏のメルヘン(1969年 - 1970年、ビッグコミック)
◇ 河童千一夜(1969年 - 1970年、漫画アクション)
◇ 現代妖怪譚(1969年、小説エース)
◇ SILENT SHOCK(1970年、現代コミック)
◇ 妖怪水車(1970年、ぼくらマガジン)
◇ コロポックルの枕(1970年、週刊プレイボーイ)
◇ コケカキイキイ(1970年、週刊漫画サンデー)
◇ 怪奇幻想旅行(1970年 - 1971年、漫画アクション)
◇ 星をつかみそこねる男(1970年 - 1972年、ガロ)
◇ コケカキイキイ外伝(1970年 - 1971年、週刊漫画サンデー)
◇ 東スポまんが展(1971年 - 1972年、東京スポーツ)
◇ 野坂昭如原作シリーズ(1971年、漫画アクション)
◇ 劇画ヒットラー(1971年、週刊漫画サンデー)
◇ 新・春雨物語(1973年、潮)
◇ 新・雨月物語(1973年、潮)
◇ 魔女モンロー(1973年、コミック&コミック)
◇ フーシギくん(1974年、テレビマガジン)
◇ のんのんばあ(1975年 - 1976年、週刊少年チャンピオン)
◇ 縄文少年ヨギ(1976年、週刊パワァコミック)
◇ 水木しげるの妖怪めぐり(1977年、どっかんV)
◇ 水木しげるの幻想劇画(1977年 - 1978年、DONDON)
◇ ぽけっとまん(1978年、週刊少年キング)
◇ 沖田総司(1978年 - 1979年、週刊実話)
◇ おばけのムーラちゃん(1979年、テレビマガジン)
◇ 猫楠(1991年 - 1992年、ミスターマガジン)
◇ 妖怪博士の朝食
◇ ようかい百ものがたり(1994年、小学一年生)
◇ 東西奇ッ怪紳士録(1996年 - 1997年、ビッグゴールド)
◇ 神秘家列伝(1997年 - 2004年、怪)
◇ 木槌の誘い(1998年 - 1999年、ビッグゴールド)
◇ カランコロン漂泊記 (1999年、ビッグコミック
◇ 妖怪大戦争(2004年 - 2005年、怪)
◇ 神秘家 水木しげる伝(2006年 - 2007年、怪)
◇ 水木しげるの異界旅行記(2008年 - 2009年、怪)
◇ 水木しげるの遠野物語(2008年 - 2009年、ビッグコミック)
◇ ゲゲゲの不思議草子(2010年 - 2012年、怪)
◇ ゲゲゲの家計簿(2011年 - 2012年、ビッグコミック)
◇ 水木しげるの日本霊異記(2012年 - 2014年、怪)
◇ わたしの日々(2014年 - 2015年、ビッグコミック)

◆ 水木 しげる / 著作(エッセイ)

◇ 娘に語るお父さんの戦記(1975年、河出書房新社)
◇ のんのんばあとオレ(1977年、筑摩書房)
◇ ほんまにオレはアホやろか(1978年、ポプラ社)
◇ 水木しげるの不思議旅行(1978年、サンケイ出版)
◇ 怪感旅行(2001年、中公文庫)
◇ ねぼけ人生(1982年、筑摩書房)
◇ 妖怪天国(1992年、筑摩書房)
◇ 水木しげるのラバウル戦記(1994年、筑摩書房)
◇ トペトロとの50年(1995年、扶桑社)
◇ 水木しげるのカランコロン(1995年、作品社)
◇ (分冊・改題)妖怪になりたい(2003年、河出文庫)
◇ (分冊・改題)なまけものになりたい(2003年、河出文庫)
◇ カランコロン漂泊記(2000年、小学館文庫)
◇ 生まれたときから「妖怪」だった(2002年、講談社)
◇ 水木サンの幸福論(2004年、日本経済新聞社)
◇ 水木しげるのんのん人生(2004年、大和書房)
◇ ちゃんと食えば、幸せになる(2012年、保健同人社)
◇ 戦争と読書 水木しげる出征前手記(2015年、角川新書)

◆ A Related Words :
水木しげるロード/水木しげる 左手/水木しげる 慰安婦/水木しげる記念館/水木しげる 妖怪/水木しげる 妖怪図鑑/水木しげる サラリーマン/水木しげる 漫画/水木しげるロード お土産/水木しげる 画像/水木しげる 略歴/水木しげる プロフィール/水木しげる 死去/訃報 水木しげる

Page Top

Mobile View / Desk Top