追悼の森 =戸川 昌子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2016年 著名人訃報一覧 Ver.12
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

シャンソン歌手、作家 戸川 昌子 さん死去

2016年(平成28年)4月26日 死去 享年83歳

戸川昌子写真 

シャンソン歌手で作家の 戸川 昌子 さん死去

推理作家でシャンソン歌手としても活躍した 戸川 昌子(とがわ まさこ)さんが 2016年(平成28年)4月26日午前5時47分、胃がんのため静岡県内の病院で死去した。83歳だった。

1957年(昭和32年)、東京・銀座にあったシャンソン喫茶「銀巴里(ぎんぱり)」で歌手デビュー。後に、東京・渋谷に開いたシャンソンバー「青い部屋」は、三島由紀夫、川端康成ら多くの文人に愛された。歌手の傍ら、ミステリー小説を執筆、1962年には「大いなる幻影」で江戸川乱歩賞を受賞。その後も直木賞候補となった「猟人日記」をはじめ、数多くの作品を発表した。シャンソン歌手として毎夏の「パリ祭」に出演する一方で、テレビドラマへの出演をはじめ、タレント・コメンテーターなど多岐に渡り活躍した。

人物 / 略歴

戸川 昌子(とがわ まさこ、1933年(昭和8年)3月23日 ~ 2016年4月26日)

東京都に生まれる。推理作家、シャンソン歌手。

◆ 略 歴

東京都立千歳丘高等学校中退。

戦争で父と兄を亡くし、戦後は母と二人で同潤会「大塚女子アパート」に入居。

伊藤忠商事の英文タイピストの職を経て、1957年頃からは銀巴里に出演するようになり、シャンソン歌手となる。

1962年、同潤会大塚女子アパートを舞台としたミステリー『大いなる幻影』で第8回江戸川乱歩賞を受賞。

その経歴や女流作家としてのキャラクターが受賞時に注目される。

翌1963年には『猟人日記』を発表、直木賞候補となる。

夜ごと女性を漁り、その様子を日記に付けていた男性に起こる連続殺人事件というストーリーが話題となり、ベストセラーになった。

以後は流行作家として100タイトル近い作品を発表。

『深い失速』をはじめとした作品は世界8か国語に翻訳された。

1964年に『猟人日記』が日活で映画化された際には、戸川も女優として出演。

以降、テレビドラマへの出演をはじめ、タレント・コメンテーターなど多岐に渡り活動する。

1979年、46歳の時に高齢出産を経験。当時の芸能人・文化人の最高齢出産記録としてマスコミに取り上げられ、大きな話題となる。

2005年、約30年振りに『ラスト・チャンス・キャバレー』を発表した。

2013年には長男でありシャンソンアーティストのNEROとの初の共同名義アルバム『商売やめた』を発表、齢80にして尚盛んな創作意欲に溢れている。

2014年3月3日に放送された『私の何がイケないの ?』(TBS)の取材により、自宅が長年に渡ってゴミ屋敷の状態と化していたことが発覚した。

中には消費期限が10年以上も過ぎた食べ物や、かかとが破れていたハイヒールなどもあった。

そのため、延べ4日間を要して大規模なゴミ整理作戦が実施された。

2016年4月26日、胃がんのため死去。83歳没。

特記事項

シャンソン歌手 NERO(ネロ)は長男。

◆ 著作リスト(1980年以降)

◇ 女のひき語り さまざまな音色で女の人生をうたう(1980年、文化出版局)
◇ ブラック・ハネムーン(1980年、双葉社)のち文庫
◇ どう燃えて生きるか 一度だけの自分・生きがいの見つけ方(1981年、青春出版社)
◇ 深海怪物の饗宴(1983年、トクマ・ノベルズ) ※のち文庫
◇ 私がふたりいる(1984年、光文社文庫)
◇ 火の接吻 26年目の不信の再会(1984年、講談社ノベルス) ※のち扶桑社文庫1
◇ 落第ママでも子は育つ 高年出産はこわくない(1986年、国際文化社)
◇ 女は二つの愛を持っている 常識ちゃん・自分ちゃん講座(1987年、青春出版社)
◇ 嬬恋木乃伊(1987年、徳間文庫)
◇ 静かな哄笑 怪奇ミステリー傑作集(1988年、光文社文庫)
◇ ドン・キホーテと口紅(1988年、主婦の友社)
◇ 処刑台の祭り(1988年、光文社文庫)
◇ 冷えた炎の如く 愛の毒に生きた女たち(1989年、徳間文庫)
◇ LA NAIT MAGIC 夜は魔術(1990年) - いがらしゆみこと共著
◇ 子供は天使か小悪魔か(1990年、ファラオ企画)
◇ 人それぞれの道 VIP対論(1990年、ファラオ企画)
◇ 今を自分らしく生きる(1990年、海竜社)
◇ こんな男はおやめなさい 愛という名の16章(1992年、文化創作出版)
◇ 還暦離婚 いくつになっても再出発(1995年、ネスコ文春)
◇ 黄色い吸血鬼(1997年、出版藝術社)
◇ 蜘蛛の巣の中で(2000年2月、青谷舎)
◇ 昭和の短篇一人一冊集成 戸川昌子(2008年、未知谷)
◇ 人生とは明日のことではなく今日のことである 人生についての90の断章(2014年、海竜社)

◆ 主な出演作 / 映画

◇ 猟人日記(1964年、日活) - 本田種子 役 ※原作・出演
◇ 裏切りの暗黒街(1968年、東映) - 女性歌手 役
◇ 鏡の中の野心(1972年、松竹) - 本人役
◇ レスビアンの世界 恍惚(1975年、日活) - ママ 役 ※監修・出演
◇ 赤いスキャンダル 情事(1982年、にっかつ) - マダム 役

◆ A Related Words :
戸川昌子 認知症/戸川昌子 息子 父親/戸川昌子 息子 Nero/戸川昌子 ごみ屋敷/戸川昌子 ゴミ屋敷 画像/戸川昌子 ゴミ屋敷 動画/戸川昌子 息子 血液型/戸川昌子 高齢出産/マツコデラックス 戸川昌子/戸川昌子 夫/戸川昌子 略歴/戸川昌子 プロフィール/戸川昌子 死去/訃報 戸川昌子

Page Top

Mobile View / Desk Top