追悼の森 =蜷川 幸雄さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2016年 著名人訃報一覧 Ver.13
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

演出家 蜷川 幸雄 さん死去

2016年(平成28年)5月12日 死去 享年80歳

蜷川幸雄写真 

演出家 蜷川 幸雄 さん死去

世界のニナガワと称され、国内外で高く評価された舞台演出家で、文化勲章受章者の 蜷川 幸雄(にながわ ゆきお)さんが 2016年(平成28年)5月12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。80歳だった。

アングラ・小劇場運動盛んな時期に演出家としてデビュー。その後、商業演劇に活動の場を移し、大劇場でのダイナミックな演出で話題作を次々と発表。日本の戯曲からシェークスピアなど、古今東西の延べ約300作品を手がけた。劇場空間を埋め尽くす大胆で豊かな詩的イメージに満ちた視覚的な世界は、国境を超えて多くの観客を魅了した。また、ほぼ毎年海外公演を重ね、国際的評価を獲得。世界のニナガワと称された。2010年に文化勲章を受勲。

人物 / 略歴

蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、1935年10月15日 ~ 2016年5月12日)

埼玉県川口市出身。演出家、映画監督、俳優。

桐朋学園芸術短期大学名誉教授。

◆ 略 歴

開成高等学校卒業。

画家を志して東京藝術大学美術学部を受験するが失敗。

偶然「劇団青俳」による安部公房『制服』の公演に接し、衝撃を受けて「劇団青俳」に参加。

アングラ・小劇場運動盛んな時期に演出家としてデビュー。

1970年代半ばから商業演劇に活動の場を移し、大劇場でのダイナミックな演出で話題作を次々と発表。

演出作品は、清水邦夫、唐十郎、井上ひさし、野田秀樹、岩松了などの現代劇から、ギリシャ悲劇やシェイクスピア、チェーホフなど海外の古典・近代劇に至るまで、多岐にわたる。

鮮烈なヴィジュアルイメージで観客を劇世界に惹き込むことを得意とする、現代日本を代表する演出家のひとり。

海外でも評価が高く、「世界のニナガワ」とも呼ばれる。

起用する出演者はトップスターや実力派俳優から人気アイドルまでと幅広く、意表をついたキャスティングで話題を呼ぶ。

短気な気質で演技指導の厳しさでも知られ、「口よりも手よりも先に、物が飛んでくる」と言われるほど、スパルタ演出家のイメージが強い。

一方で人情的で心優しく、同様に自分に対しても厳しい姿勢で仕事をするため、数多くの俳優やスタッフから慕われている。

また、この指導を受けたことで役者としての実力をつけた俳優やタレントは数多い。

現代演劇のフィールド外でも、小澤征爾の指揮による歌劇『さまよえるオランダ人』、宇崎竜童作曲によるミュージカル『魔女の宅急便』、菊五郎劇団と組んだ歌舞伎『NINAGAWA十二夜』などを演出。

ほかにも映画、テレビドラマ、コンサート、ファッションショーなど、さまざまな媒体や舞台での演出を手掛けている。

2016年5月12日、死去。80歳没。

特記事項

妻は元女優で現在はキルト作家の真山知子。

2人の娘がおり、長女は写真家として活動している蜷川実花。

姪に女優の蜷川有紀、蜷川みほ。

◆ 上演作品年表

1969年 - 『真情あふるる軽薄さ』
1970年 - 『明日そこへ花を挿そうよ』『想い出の日本一萬年』
1971年 - 『東海道四谷怪談』『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』
1972年 - 『ぼくらが非情の大河をくだる時』
1973年 - 『盲導犬』『泣かないのか』
1974年 - 『ロミオとジュリエット』
1975年 - 『唐版 瀧の白糸』『リア王』
1976年 - 『オイディプス王』『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』
1977年 - 『三文オペラ』
1978年 - 『王女メディア』『ハムレット』
1979年 - 『近松心中物語』『ノートルダム・ド・パリ』
1980年 - 『NINAGAWAマクベス』『元禄港歌』
1981年 - 『下谷万年町物語』
1982年 - 『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』『南北恋物語』
1983年 - 『黒いチューリップ』『王女メディア』(イタリア、ギリシャ公演)
1984年 - 『にごり江』『タンゴ・冬の終わりに』『稽古場という名の劇場で上演される「三人姉妹」』
1984年 - 『王女メディア』(ギリシャ、イタリア、フランス公演)
1985年 - 『恐怖時代』『95kgと97kgのあいだ』『作品たち』
1985年 - 『NINAGAWAマクベス』(オランダ、イギリス公演)
1986年 - 『オイディプス王』『オデッセイ・1986・破産』『NINAGAWA少年少女鼓笛隊による「血の婚礼」』『貧民倶楽部』
1986年 - 『王女メディア』(イギリス、アメリカ、カナダ公演)
1987年 - 『NINAGAWAマクベス』(イギリス公演)『王女メディア』(イギリス公演)
1987年 - 『テンペスト』『虹のバクテリア』『なぜか青春時代』『ギプス』
1988年 - 『欲望という名の市電』『ハムレット』『仮名手本忠臣蔵』
1989年 - 『王女メディア』(香港公演)
1989年 - 『近松心中物語』(ベルギー、イギリス公演)
1989年 - 『盲導犬』『唐版 滝の白糸』
1990年 - 『ペール・ギュント』『PLAYZONE'90 MASK』
1990年 - 『近代能楽集 卒塔婆小町』(イギリス公演)
1990年 - 『NINAGAWAマクベス』(カナダ、アメリカ公演)
1991年 - 『1991・待つ』『リア王』『七人みさき』
1991年 - 『Tango at the End of Winter』(英国内公演)
1991年 - 『近代能楽集 卒塔婆小町』(アメリカ公演)
1992年 - 『1992・待つ』『さまよえるオランダ人』『SHOW劇'92 MASK』『三人姉妹』『千年の街のクリスマス』
1992年 - 『NINAGAWAマクベス』(シンガポール公演)
1992年 - 『王女メディア』(シンガポール公演)
1992年 - 『テンペスト』(イギリス公演)
1993年 - 『1993・待つ』『春』『魔女の宅急便』『初夏の夜の夢』『血の婚礼』
1993年 - 『王女メディア』(台湾、スイス公演)
1994年 - 『Peer Gynt』(英国内公演、ノルウェー公演)
1994年 - 『夏の夜の夢』『オセロー』『ゴドーを待ちながら』
1995年 - 『夏の夜の夢』(イギリス公演)
1995年 - 『ハムレット』『身毒丸』
1996年 - 『王女メディア』(パレスチナ、エジプト公演)『夏の夜の夢』(イギリス公演)『零れる果実』『1996・待つ』
1997年 - 『草迷宮』『昭和歌謡大全集』『銀色クジラの時間旅行』『常陸坊海尊』(※共同演出)
1997年 - 『身毒丸』(イギリス公演)
1998年 - 『ロミオとジュリエット』『1998・待つ』『十二夜』
1998年 - 『ハムレット』(イギリス公演)
1999年 - 『リチャード三世』『かもめ』『血の婚礼』『パンドラの鐘』
1999年 - 『リア王』(イギリス公演)
2000年 - 『唐版 滝の白糸』『三人姉妹』『グリークス』『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』『NINAGAWA火の鳥』
2001年 - 『真情あふるる軽薄さ2001』『マクベス』『三文オペラ』『ハムレット』『2001・待つ』『四谷怪談』
2001年 - 『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』(イギリス公演)
2002年 - 『欲望という名の電車』『オイディプス王』
2002年 - 『夏の夜の夢』(フランス公演)
2002年 - 『マクベス』(アメリカ公演)
2003年 - 『桜の園』『ペリクリーズ』(イギリス公演)
2003年 - 『エレクトラ』『ハムレット』
2004年 - 『タイタス・アンドロニカス』『新・近松心中物語』『シブヤから遠く離れて』『お気に召すまま』『ロミオとジュリエット』
2004年 - 『オイディプス王』(ギリシャ公演)
2004年 - 『Hamlet』(英国内公演)
2005年 - 『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』『KITCHEN』『メディア』『NINAGAWA十二夜』『天保十二年のシェイクスピア』
2005年 - 『近代能楽集 卒塔婆小町/弱法師』(アメリカ公演)
2006年 - 『間違いの喜劇』『白夜の女騎士』『あわれ彼女は娼婦』『オレステス』『タンゴ・冬の終わりに』
2006年 - 『タイタス・アンドロニカス』(イギリス公演)
2007年 - 『コリオレイナス』(イギリス公演)
2007年 - 『ひばり』『恋の骨折り損』『藪原検校』『船上のピクニック』『エレンディラ』『オセロー』『カリギュラ』
2008年 - 『リア王』『さらば、わが愛 覇王別姫』『わが魂は輝く水なり』『95kgと97kgのあいだ』『道元の冒険』
2008年 - 『ガラスの仮面』『から騒ぎ』『表裏源内蛙合戦』
2008年 - 『身毒丸』(アメリカ公演)
2009年 - 『冬物語』『ムサシ』『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』『アンドゥ家の一夜』『コースト・オブ・ユートピア』
2009年 - 『真田風雲録』『十二人の怒れる男』
2009年 - 『NINAGAWA十二夜』(イギリス公演)
2010年 - 『血は立ったまま眠っている』『ヘンリー六世』『ファウストの悲劇』『ガラスの仮面』『聖地』『じゃじゃ馬馴らし』『美しきものの伝説』
2010年 - 『ムサシ』(イギリス・アメリカ公演)
2011年 - 『ミシマダブル サド侯爵夫人/わが友ヒットラー』『たいこどんどん』『血の婚礼』『身毒丸』『あゝ、荒野』『ルート99』
2011年 - 『アントニーとクレオパトラ』(韓国公演)
2012年 - 『下谷万年町物語』『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』『海辺のカフカ』
2012年 - 『しみじみ日本・乃木大将』『トロイラスとクレシダ』『ボクの四谷怪談』『日の浦姫物語』
2012年 - 『シンベリン』(イギリス公演)
2012年 - 『トロイアの女たち』(イスラエル公演)
2013年 - 『祈りと怪物』『蒼白の少年少女たちによる「オイディプス王」』『ヘンリー四世』『盲導犬』『ヴェニスの商人』『唐版 滝の白糸』
2013年 - 『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』(フランス公演)
2013年 - 『ムサシ』(シンガポール公演)
2014年 - 『冬眠する熊に添い寝してごらん』『2014年・蒼白の少年少女たちによる「カリギュラ」』『わたしを離さないで』
2014年 - 『太陽2068』『ロミオとジュリエット』『火のようにさみしい姉がいて』『ジュリアス・シーザー』『皆既食』
2014年 - 『ムサシ』(韓国公演)
2014年 - 『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』(香港・フランス公演)
2015年 - 『ハムレット』(台湾・イギリス公演)
2015年 - 『リチャード二世』
2015年 - 『海辺のカフカ』(イギリス・アメリカ・シンガポール・韓国公演)
2015年 - 『青い種子は太陽のなかにある』『NINAGAWA・マクベス』『ヴェローナの二紳士』
2016年 - 『リチャード二世』(ルーマニア公演)
2016年 - 『元禄港歌』『尺には尺を』

◆ 主な受賞歴

◇ 1992年 - 英国エジンバラ大学名誉博士号
◇ 2001年 - 紫綬褒章
◇ 2002年 - 英国名誉大英勲章第三位
◇ 2004年 - 文化功労者
◇ 2005年 - Walpoleメダル
◇ 2010年 - 文化勲章
◇ 2010年 - 米国ケネディ・センター国際委員会芸術部門ゴールド・メダル
◇ 菊田一夫演劇賞
◇ 文化庁芸術祭演劇部門大賞
◇ テアトロ演劇賞
◇ 芸術選奨文部大臣賞
◇ 読売演劇大賞
◇ 松尾芸能賞
◇ 毎日芸術賞
◇ 朝日賞
◇ 朝日舞台芸術賞
◇ 紀伊國屋演劇賞個人賞
◇ 第53回菊池寛賞
◇ 埼玉県民栄誉章
そのほか、多数の受賞がある。

◆ 主な出演CM

◇ ケロッグ コーンフレーク(1983年)
◇ 映画『シンデレラマン』(2005年)
◇ 麒麟淡麗〈生〉(2008年)
◇ 埼玉県 狭山茶(2012年)

◆ A Related Words :
蜷川幸雄 病気/蜷川実花/蜷川幸雄 舞台 オーディション/安藤忠雄蜷川幸雄 舞台/蜷川幸雄 舞台 DVD/蜷川幸雄 演出 2ch/蜷川幸雄 盲導犬 木村拓哉/蜷川幸雄 モーニングバード 動画/蜷川幸雄 ムサシ 韓国/蜷川幸雄 略歴/蜷川幸雄 プロフィール/蜷川幸雄 死去/訃報 蜷川幸雄

Page Top

Mobile View / Desk Top