追悼の森 =荒川 博さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2016年 著名人訃報一覧 Ver.27
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

元プロ野球巨人の打撃コーチ、元ヤクルト監督
荒川 博 さん死去

2016年(平成28年)12月4日 死去 享年86歳

荒川博写真 

元プロ野球巨人の打撃コーチ 荒川 博 さん死去

巨人の打撃コーチとして王貞治選手に「一本足打法」を指導した 荒川 博(あらかわ ひろし)さんが 2016年(平成28年)12月4日午後、心不全のため東京都内の病院で死去した。86歳だった。

早実から早大に進学、東京六大学リーグでは通算81試合に出場した。1953年に毎日(現ロッテ)へ入団、同年にオールスター戦に出場するなど9年間、現役生活を送った。現役引退後、巨人の打撃コーチを務め、王のほか、黒江、末次などを育てた。特に王貞治選手に「一本足打法」を指導、世界の本塁打王の礎を作ったことで知られる。その後、1974年から76年途中までヤクルト監督を務めた。

人物 / 略歴

荒川 博(あらかわ ひろし、1930年8月6日 ~ 2016年12月4日)

東京都台東区浅草出身。

プロ野球選手(外野手)、コーチ・監督、解説者。

◆ 略 歴

実家は八百屋で、早稲田実業学校から早稲田大学商学部へ進学。

東京六大学リーグでは通算81試合に出場し。

1953年に毎日オリオンズへ入団。

2年目の1954年からレギュラーに定着した。

現役中はチームメイトで早実の後輩でもあった榎本喜八を指導したほか、少年時代の王貞治を見出して母校の早実への進学を薦めた。

1961年にチームから放出される形で退団し、現役を引退した。

引退後は川上哲治監督の下で巨人一軍打撃コーチ(1962年 - 1970年)を務め、7度のリーグ優勝・日本一に貢献。

コーチ時代は荒川道場と呼ばれる厳しい指導で、特に王に「一本足打法」を指導したことで知られる。

王以外では土井正三・黒江透修・高田繁らを育て、巨人の第3次黄金時代を支えた。

その後は養子の荒川尭がプロ入りしたのを期に、公私のけじめをつけるため勇退。

1973年のシーズン途中からヤクルトアトムズの一軍打撃コーチに就任。

1974年からは三原脩の後を受けて、監督に昇格。

コーチ陣に広岡達朗・小森光生・沼澤康一郎と早大の後輩を配し、早大カルテットと称された。

1年目は13年ぶりのAクラスとなる3位でシーズンを終え、石岡康三がカムバック賞を受賞。

3年目の1976年は開幕から不安定な戦い方が続き、5連敗を喫した同年5月12日に成績不振の責任をとって辞任。

辞任後はフジテレビ・日本テレビの解説者を務める傍ら、ゴルフリゾート「ライオンゲイン」名誉会長や野球教室「荒川道場」主宰者など幅広く活動した。

2016年12月4日、外出先で昼食の蕎麦を食べた後に胸の痛みを訴え、心不全のため東京都内の病院で死去した。86歳没。

特記事項

この日はプロゴルファーの上田桃子を指導予定であり、その後は巨人軍OB会に出席予定だった。

◆ 著 書

◇ 『ヒットの打ち方 - クリーンアップを打てるバッターへ』(1977年、かんき出版)
◇ 『君は王貞治になれるか』(1980年、山手書房)
◇ 『生まれ変わるバッティング - 勝つための野球術』(2001年、新星出版社)
◇ 『王選手コーチ日誌 1962 - 1969 一本足打法誕生の極意』(2010年、講談社)

◆ A Related Words :
荒川博 息子/荒川博 ゴルフ/荒川博 葬儀/荒川博 片山晋呉/荒川博 合気道/荒川博 弟/荒川博 養子/荒川博 上田桃子/荒川博 死去/荒川博 通夜/荒川博 略歴/荒川博 プロフィール/訃報 荒川博

Page Top

Mobile View / Desk Top