追悼の森 =夏樹 静子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2016年 著名人訃報一覧 Ver.6
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

作家 夏樹 静子 さん死去

2016年(平成28年)3月19日 死去 享年77歳

夏樹静子写真 

作家 夏樹 静子 さん死去

「蒸発」「Wの悲劇」などの作品で知られる作家の 夏樹 静子(なつき しずこ)さんが、2016年(平成28年)3月19日午前3時10分、急性心不全のため福岡市内の病院で死去した。77歳だった。本名は出光 静子。

慶応大在学中から執筆活動を始め、NHKの推理クイズ番組「私だけが知っている」のレギュラーライターに抜擢され、多数の脚本を手掛けた。結婚を機に福岡市に移り住んだ。その後、長女を出産した感動を形にしようと、創作を再開、「天使が消えていく」が江戸川乱歩賞候補作となり、本格的な執筆活動を始めた。日本推理作家協会賞受賞作「蒸発」をはじめ、映画やテレビドラマになった「Wの悲劇」など、ミステリー小説を次々と発表。司法制度への造詣も深く、長編「量刑」や、裁判員裁判を題材にした「てのひらのメモ」など多くの作品を遺した。

人物 / 略歴

夏樹 静子(なつき しずこ、1938年12月21日 ~ 2016年3月19日)

東京都に生まれる。本名は出光 静子。小説家。

旧姓名の五十嵐 静子名義による作品もある。

夫は新出光社長の出光芳秀。長男は俳優の出光秀一郎。

兄は小説家でミストラル社長の五十嵐均。

◆ 略 歴

慶應義塾大学英文学科卒業。

1960年、大学在学中に執筆した「すれ違った死」(五十嵐静子 名義)が江戸川乱歩賞候補となる。

これがきっかけで、NHK総合テレビの推理クイズ番組『私だけが知っている』のレギュラーライターに抜擢され、以後3年間で約30本の脚本を執筆する。

1962年3月、短編「赤い造花」を『女学生の友』増刊号に、同年6月に中篇「ガラスの鎖」を『宝石』に発表。

1961年秋には仁木悦子、戸川昌子らと女流推理小説作家の会「霧の会」を結成し、名実ともに女流作家の仲間入りを果たす。

1963年、大学卒業後、結婚して福岡市に移り住み、主婦業に専念。

ある日、自分の長女を胸に抱いていた時、母と子のありさまを書いてみたいという突然の衝動を覚え、『天使が消えていく』を執筆。

1969年、夏樹静子名義でこれを応募したところ、第15回江戸川乱歩賞の最終候補に残り、再び注目される。

1973年、『蒸発』で第26回日本推理作家協会賞を受賞。

シリーズ作品として「検事 霞夕子」シリーズや「弁護士 朝吹里矢子」シリーズなどがある。

1982年にはクイーンへのオマージュ作ともいえる作品『Wの悲劇』を刊行。

『Wの悲劇』は、薬師丸ひろ子主演で映画化され話題を呼んだ。

1984年にはノンフィクション『妻たちの反乱』がベストセラーとなり、続編も書かれている。

1999年には、試験管ベビーの問題をミステリー形式で扱った『茉莉子』を刊行、女性の視点から数々の社会問題に取り組んでいる。

福岡地方裁判所委員会、下級裁判所裁判官指名諮問委員会などの委員もつとめ、作家活動の傍ら裁判関係の仕事も多数歴任。

2007年、ミステリー文学の発展に貢献したとして、日本ミステリー文学大賞を受賞。

2008年10月、日本司法支援センターの顧問に就任。

2016年3月19日、心不全のため福岡市内で死去。77歳没。

特記事項

『第三の女』は仏訳され、1989年、第54回フランス犯罪小説大賞(ロマン・アバンチュール大賞)を受賞。

中国語訳『蒸発』『Wの悲劇』は、北京探偵推理文芸協会賞の翻訳作品賞を受賞(1998年、2001年)。

囲碁が趣味。

一時期ドライアイに陥り、碁石の白黒が眼に刺激を与えて良くないと医者に言われたため、52歳の時、濃い緑と薄い緑の「グリーン碁石」を開発。

これが一般にも普及し、この功績で日本棋院から大倉喜七郎賞を授与されている。

現在「夏樹静子杯グリーン碁石囲碁大会」が年1回開催されている。

◆ 夏樹 静子 / 作品リスト

◆ シリーズ作品

◇ 弁護士 朝吹里矢子シリーズ
◇ 検事 霞夕子シリーズ

◆ 長編作品(2000年以降)

◇ 「蒸発 - ある愛の終わり」 2007年3月 光文社文庫
◇ 「黒白の旅路」2005年1月 徳間文庫
◇ 「目撃―ある愛のはじまり」2007年6月 光文社文庫
◇ 「霧氷」2007年7月 光文社文庫
◇ 「光る崖」2007年8月 光文社文庫
◇ 「第三の女」2007年5月 光文社文庫
◇ 「風の扉」2011年6月 文春文庫
◇ 「家路の果て」2000年1月 徳間文庫
◇ 「Wの悲劇」2012年4月 角川文庫
◇ 「国境の女」2001年2月 徳間文庫
◇ 「訃報は午後二時に届く」2004年6月 徳間文庫
◇ 「最後に愛を見たのは」2006年7月 徳間文庫
◇ 「死の谷から来た女」2008年7月 徳間文庫
◇ 「そして誰かいなくなった」2009年5月 徳間文庫
◇ 「霧の向こう側」2005年1月 新潮文庫
◇ 「茉莉子」2001年5月 中公文庫
◇ 「量刑」2004年10月 光文社
◇ 「見えない貌」2009年8月 光文社
◇ 「てのひらのメモ」2012年2月 文春文庫

◆ 中・短編集(2000年以降)

◇ 「死刑台のロープウェイ」 2001年8月 徳間文庫
◇ 「アリバイの彼方に」 003年11月 徳間文庫
◇ 「二人の夫をもつ女」 2014年11月 講談社文庫
◇ 「ベッドの中の他人」 2002年2月 徳間文庫
◇ 「重婚」(1978年6月 2000年7月 徳間文庫
◇ 「あしたの貌」 2002年9月 徳間文庫
◇ 「ビッグアップルは眠らない」 2003年4月 徳間文庫
◇ 「死なれては困る」 2006年1月 徳間文庫
◇ 「乗り遅れた女」 2003年1月 新潮文庫
◇ 「花を捨てる女」 2003年11月 文春文庫
◇ 「最後の藁」 2001年6月 文春文庫
◇ 「幻の男」 2002年7月 文春文庫
◇ 「モラルの罠」 2006年2月 文春文庫
◇ 「四文字の殺意」 2009年7月 文春文庫
◇ 「孤独な放火魔」 2013年1月 文藝春秋

◆ A Related Words :
夏樹静子 光る崖/夏樹静子サスペンス/夏樹静子 家族/夏樹静子サスペンス 光る崖/夏樹静子 モンタージュ あらすじ/夏樹静子 霧氷 結末/夏樹静子 Wの悲劇 結末/夏樹静子 霧氷 あらすじ/夏樹静子 Wの悲劇 ネタバレ/Wの悲劇 あらすじ 夏樹静子/夏樹静子 略歴/夏樹静子 プロフィール/夏樹静子 死去/訃報 夏樹静子

Page Top

Mobile View / Desk Top