追悼の森 =平尾 昌晃さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2017年 著名人訃報一覧 Ver.27
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

作曲家、歌手 平尾 昌晃 さん死去

2017年(平成29年)7月21日 死去 享年79歳

平尾昌晃写真 

作曲家 平尾 昌晃 さん死去

「♪ よこはま・たそがれ」「♪ 瀬戸の花嫁」など、多くのヒット曲で知られる作曲家で歌手の 平尾 昌晃(ひらお まさあき)さんが 2017年(平成29年)7月21日午後11時40分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳だった。

慶應義塾高等学校中退後、1958年(昭和33年)に歌手デビュー。ミッキー・カーチス、山下敬二郎さんらとロカビリー旋風を巻き起こし、「和製プレスリー」と呼ばれ、ロカビリーブームの立役者になった。1960年代半ばから作曲家に転身。多くのヒット曲を世に送り出した。布施明「霧の摩周湖」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」の両曲で日本レコード大賞作曲賞を受賞。その後もポップスから演歌まで幅広い曲を手掛け、ヒットメーカーとして一時代を築いた。2003年(平成15年)に紫綬褒章を受章。

人物 / 略歴

平尾 昌晃(ひらお まさあき、1937年(昭和12年)12月24日 ~ 2017年(平成29年)7月21日)

現:東京都新宿区に生まれる。出生名は平尾勇。作曲家、歌手。

社団法人日本作曲家協会・常務理事、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。

幼少時にたびたび改名し、現在は芸名の通り平尾昌晃を本名としている。

◆ 略 歴

敗戦後、神奈川県湘南に移住し、湘南学園で小中学時代を送る。

慶應義塾高等学校中退。

ウエスタンの人気バンド『チャック・ワゴン・ボーイズ』に入る。

1957年に公開された石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演。

1958年1月、キングレコードより「リトル・ダーリン」でソロ・デビュー。

同年、キングレコードから「星は何でも知っている」、翌年には「ミヨチャン」を発表し、2曲共に100万枚を売り上げる大ヒットとなった。

その後、ミッキー・カーチス、山下敬二郎と「ロカビリー三人男」として「日劇ウエスタンカーニバル」等で爆発的な人気を博した。

1959年12月、ハワイで開催された「アメリカン・ポップス大会」では、日本代表として歌唱した。

1965年2月20日、拳銃不法所持で逮捕される。

平尾は22日間拘留され、釈放後「軽率だった」との反省文が雑誌に掲載された。

作曲家として「霧の摩周湖」、「恋」、「愛するってこわい」、「渚のセニョリーナ」などがヒット。

「霧の摩周湖」、「渚のセニョリーナ」では、第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞。

1968年12月、結核を患い健康保険岡谷塩嶺病院への入院療養を余儀なくされ、肋骨を6本取り除く大手術を受ける。

平尾自身は、この療養期間が作曲家としての活動の原点であることを事あるごとに語っている。

1970年代に入ると、演歌からポップス調まで、様々な作風の曲を五木ひろしや小柳ルミ子、アグネス・チャン等に提供している。

作詞家の山口洋子とのコンビは、この時代を代表するゴールデン・コンビとして知られている。

1971年、五木ひろしに提供した「よこはま・たそがれ」、小柳ルミ子に提供した「わたしの城下町」がそれぞれ大ヒット。

1972年、小柳ルミ子に提供した「瀬戸の花嫁」で第3回日本歌謡大賞受賞。

1973年、五木ひろしに提供した「夜空」で第15回日本レコード大賞受賞。

1974年、「現:平尾昌晃ミュージックスクール = HMS)」を創立。

東京本校の他、札幌、所沢、茨城、名古屋、大阪、福岡、鹿児島にも地方校があり、デビューバックアップもする。

同校出身者は狩人、畑中葉子、川島なお美、石野真子、松田聖子、川崎麻世、大沢逸美、森口博子、芳本美代子、笹峰愛、倖田來未、後藤真希、西田あい、など多数。

1980年代初頭から宝塚歌劇団の舞台音楽も手掛けており、今日に至るまで長きに渡って関係が続いている。

競走馬オーナーとしては中央競馬で3勝したスーパーミヨチャンなどを所有。

オートレースのファンとしても有名で、川口オートレース場には年間ボックスシートを持っているほど。

作曲者としても川口オートのテーマソングとなる『ぶっちぎりの青春』を提供した。

2001年、モンブラン国際文化賞受賞。

2002年、特定非営利活動法人「ラブ&ハーモニー基金」を設立して、音楽を通じた福祉活動を展開している。

2003年、紫綬褒章受章。

2004年、次男の平尾勇気が歌手デビューを果たす。

2017年7月21日、肺炎のため東京都内の病院で死去。79歳没。

特記事項

化粧品業を営む平尾聚泉の孫。

クラシックの作曲家・国立音楽大学教授の平尾貴四男は伯父。

◆ 作曲家としての提供曲(抜粋)

★ アグネス・チャン

◇ 「草原の輝き」
◇ 「星に願いを」
◇ 「愛の迷い子」
◇ 「香港国際空港」

★ 梓みちよ

◇ 「渚のセニョリーナ」
◇ 「二人でお酒を」
◇ 「淋しがりや」

★ 天地真理

◇ 「ふたりの日曜日」
◇ 「愛のメロディ」(不二家チョコレートメロディのCMソング)

★ 鮎川いずみ

◇ 「冬の花」(「必殺仕事人III」主題歌)
◇ 「花の涙」(「必殺仕事人IV」主題歌)

★ 荒木一郎

「西陽のあたる部屋」(「必殺仕業人」挿入歌)

★ 荒木由美子

◇ 「フラストレーション」
◇ 「UNHAPPY END」
◇ 「夢あわせ」

★ アン・ルイス

◇ 「グッド・バイ・マイ・ラブ」(作詞:なかにし礼)

★ 五木ひろし

◇ 「よこはま・たそがれ」(作詞:山口洋子)
◇ 「長崎から船に乗って」
◇ 「あなたの灯」
◇ 「霧の出船」
◇ 「ふるさと」
◇ 「夜空」
◇ 「別れの鐘の音」
◇ 「港・ひとり唄」

★ 伊東ゆかり

◇ 「小さな恋」
◇ 「恋のしずく」
◇ 「星を見ないで」
◇ 「知らなかったの」
◇ 「愛して愛して」
◇ 「朝を返して」

★ 大場久美子

◇ 「キラキラ星あげる」(「コメットさん」主題歌)

★ 奥村チヨ

◇ 「夜よそのままで」

★ 尾崎紀世彦

◇ 「愛こそすべて」(東宝映画「エスパイ」主題歌)

★ 柏原芳恵

◇ 「花嫁になる朝」

★ 梶芽衣子

◇ 「修羅の花」(映画「修羅雪姫」主題歌)

★ 春日八郎

◇ 「からまつ岬」

★ 金沢明子

◇ 「浜千鳥情話」(「必殺仕事人」主題歌)

★ 狩 人

◇ 「白馬山麓」(作詞:喜多條忠)

★ 川崎麻世

◇ 「宇宙空母ブルーノア -大いなる海へ-」
◇ 「夜間航海(ナイト・クルーズ)」(「宇宙空母ブルーノア」主題歌・副主題歌)

★ 小柳ルミ子

◇ 「わたしの城下町」(作詞:安井かずみ)
◇ 「お祭りの夜」
◇ 「雪あかりの町」
◇ 「瀬戸の花嫁」(作詞:山上路夫)
◇ 「京のにわか雨」(作詞:なかにし礼)
◇ 「漁火恋唄」
◇ 「恋にゆれて」
◇ 「恋の雪別れ」
◇ 「花のようにひそやかに」(作詞:阿久悠)
◇ 「ひとり囃子」
◇ 「みだれ髪」
◇ 「青林檎」(作詞:一青窈)

★ 桜田淳子

◇ 「玉ねぎむいたら...」(TBS・TVドラマ玉ねぎむいたら…主題歌)

★ 里見浩太朗

◇ 「微笑みかけて」(「長七郎江戸日記」第1部 主題歌)

★ 沢田研二

◇ 「あなただけでいい」

★ じゅん&ネネ

◇ 「愛するってこわい」

★ 園まり

◇ 「愛情」
◇ 「泣きぬれて」
◇ 「おもいきり泣かせて」

★ ザ・ドリフターズ

◇ 「ミヨちゃん」

★ 中尾ミエ

◇ 「花のさだめ」
◇ 「淋しそうなあなた」

★ 中条きよし

◇ 「うそ」(作詞:山口洋子)
◇ 「理由」

★ 中村雅俊

◇ 「瞬間(ひととき)の愛」(「必殺渡し人」主題歌)

★ 中山千夏

◇ 「もくべえじろべえ」(「ひらけ!ポンキッキ」より)

★ 野口五郎

◇ 「愛よ甦れ」

★ 橋幸夫&ステファニー

◇ 「スターダスト上海」(作詞:橋本淳)

★ 林寛子

◇ 「危険がいっぱい」

★ 平尾昌晃&畑中葉子

◇ 「カナダからの手紙」(作詞:橋本淳)
◇ 「エーゲ海の旅」
◇ 「サンフランシスコ行き」
◇ 「ヨーロッパでさよなら」

★ 原辰徳

◇ 「どこまでも愛」

★ 氷川きよし

◇ 「櫻」(作詞:なかにし礼)

★ 布施明

◇ 「おもいで」
◇ 「霧の摩周湖」(作詞:水島哲)
◇ 「恋」
◇ 「愛の園」
◇ 「バラ色の月」
◇ 「愛は不死鳥」
◇ 「白いラヴレター」
◇ 「何故」

★ 風吹ジュン

◇ 「愛がはじまる時」
◇ 「涙に微笑みを」

★ 松田聖子

◇ 「Eighteen」(作詞:三浦徳子)

★ 水谷豊

◇ 「カリフォルニア・コネクション」(「熱中時代」刑事編 主題歌、作詞:阿木燿子)
◇ 「やさしさ紙芝居」(「熱中時代」先生編 第2シリーズ 主題歌、作詞:松本隆)
◇ 「エンジェルSTREET」(西村京太郎「探偵左文字進」シリーズ主題歌、作詞:湯川れい子)

★ 三波春夫

◇ 「桃太郎侍の歌」

★ 三橋美智也

◇ 京都が泣いている / 恋みれん ◇ 郷愁 / 鵜の浜小唄

★ 都はるみ

◇ 「にごりえの町」

★ 山口百恵

◇ 「赤い絆 (レッド・センセーション)」(「赤い絆」主題歌)

★ 山川豊

◇ 「アメリカ橋」(作詞:山口洋子)◇ 「霧雨のシアトル」
◇ 「ロスの街角」(作詞:編曲:冬樹かずみ)

◆ 紅白歌合戦出場歴

◇ 1960年 第11回「ミヨチャン」
◇ 1961年 第12回「タック・ロック」
◇ 1962年 第13回「ツイストNo.1」
◇ 1978年 第29回「カナダからの手紙」(畑中葉子とデュエット)

◆ 書籍

◇ 平尾昌晃の歌上手になる本 - 講談社(1986年)ISBN-13:978-4061838772
◇ 気まま人生歌の旅 - 廣済堂出版(1994年)ISBN-13:978-4331504536

◆ A Related Words :
平尾昌晃 死去/平尾昌晃 息子/平尾昌晃 死因/平尾昌晃チャリティゴルフ/平尾昌晃 畑中葉子/平尾昌晃ミュージックスクール/平尾昌晃 嫁/平尾昌晃 病気/平尾昌晃 現在/平尾昌晃 家族/平尾昌晃 略歴/平尾昌晃 プロフィール/訃報 平尾昌晃

Page Top

Mobile View / Desk Top