追悼の森 =三浦 朱門さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2017年 著名人訃報一覧 Ver.3
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

作家 三浦 朱門 さん死去

2017年(平成29年)2月3日 死去 享年91歳

三浦朱門写真 

作家 三浦 朱門 さん死去

元文化庁長官で、日本芸術院院長を務めた文化功労者で作家の 三浦 朱門(みうら しゅもん)さんが 2017年(平成29年)2月3日午前6時50分、間質性肺炎のため東京都内の病院で死去した。91歳だった。

東大文学部を卒業後、同人雑誌「新思潮」に参加。「芥川龍之介の再来」と呼ばれ注目を集め、吉行淳之介、安岡章太郎らとともに「第三の新人」として活躍した。1953年、作家の曽野綾子さんと結婚。1985年から約1年半、文化庁の第7代長官、1996年から2年、教育課程審議会会長を務めた。日本文芸家協会理事長、日本芸術文化振興会会長、日本芸術院院長などを歴任し、文化行政に貢献した。1999年文化功労者。

人物 / 略歴

三浦 朱門(みうら しゅもん、1926年(大正15年)1月12日 ~ 2017年(平成29年)2月3日)

現:東京都中野区東中野に生まれる。作家。

日本大学芸術学部教授、文化庁長官(第7代)、社団法人日本文藝家協会理事長(第7代)、日本芸術院院長(第4代)などを歴任した。

父はイタリア文学者の三浦逸雄。妻は作家の曽野綾子。

◆ 略 歴

東京帝国大学在学中、学徒動員で軍隊に入り、千葉県の仮兵舎で敗戦を迎える。

復学後、1948年東京大学文学部言語学科卒業。

1950年第17次『新思潮』に参加し、1951年の「冥府山水図」で「芥川の再来」と呼ばれた。

1952年「斧と馬丁」で芥川賞候補となり、作家活動に入る。

妻の曽野綾子(本名は三浦知寿子)とともに、“第三の新人”の一人。

父の口利きで1948年から日本大学芸術学部非常勤講師となる。

1952年10月助教授、1967年10月教授となる。

1969年の日大紛争で学生からも孤立し、赤塚行雄とともに辞職。

のちに、中部大学女子短期大学教授、1991~95年、学長を務めた。

2004年に日本芸術院の院長に選出され、また2005年3月まで日活芸術学院の学院長を務めた。

妻・綾子とともにカトリック信徒で、同時に天皇崇拝家。

2017年2月3日、間質性肺炎のため死去。91歳没。

特記事項

最晩年は認知症となり、自宅で介護した曽野さんが週刊誌にエッセーを連載していた。

◆ 受賞歴など

◇ 1967年 第14回新潮社文学賞受賞(『箱庭』)
◇ 1970年 バチカン・聖シルベスト勲章受章。
◇ 1983年 芸術選奨文部大臣賞受賞(『武蔵野インディアン』)
◇ 1985年4月 文化庁長官に就任(~1986年8月、作家からの任用は今日出海以来二人目)
◇ 1987年 日本芸術院賞・恩賜賞受賞、同年日本芸術院会員。
◇ ~2004年 日本芸術院第二部長。
◇ 1999年 第14回産経正論大賞受賞。
◇ 同年10月 文化功労者に選ばれる。
◇ 2004年 日本芸術院院長(~2014年9月)。
◇ 2006年6月 「日本教育再生機構」に発起人参加。

◆ 主な著書(単著)

※ 2000年以降

◇ 『武蔵野ものがたり』集英社新書 2000
◇ 『天皇 日本の体質』海竜社 2000 のち小学館文庫
◇ 『お金で買える人生買えない人生』大和書房 2002
◇ 『わが老い伴侶の老い 老年を愉しむ13の戒め』海竜社 2002 のちぶんか社文庫
◇ 『日本語の真実』海竜社 2003
◇ 『日本よ、びくびくするな』海竜社 2003
◇ 『「生きる力」と「性」を考える』青春出版社 2003
◇ 『日本の教育は間違えたか』海竜社 2004
◇ 『「学校秀才」が日本を滅ぼす!』大和書房 2004
◇ 『親と教師の顔が見たい!』扶桑社 2005
◇ 『人生の終わり方 積極的に今日を生きる』海竜社 2005
◇ 『たそがれ男と冬枯れ女』サンガ、2005 『ひとりで生きるよりなぜ、ふたりがいいか』青萠堂 2013
◇ 『そうか。憲法とはこういうものだったのか』海竜社 2006
◇ 『妻のオナラ―夫婦のための幸福論』サンガ 2006
◇ 『常識として知っておきたい「世界の中の日本」』海竜社 2007
◇ 『朱に交われば… 私の青春交友録』マガジンハウス 2007
◇ 『五十歳からの人生力』海竜社 2008 「人生は五十歳から」学研M文庫
◇ 『うつを文学的に解きほぐす 鬱は知性の影』青萠堂 2008
◇ 『出る杭日本の宿命』育鵬社 2009
◇ 『不老の精神 魂は衰えない。』青萠堂 2009
◇ 『老年の品格』海竜社 2010 のち新潮文庫
◇ 『老年に後悔しない10の備え』青萠堂 2011
◇ 『老年のぜいたく』青萠堂 2011
◇ 『老年の流儀 老いてこそ、夫婦の絆』海竜社 2011
◇ 『老年力 老境こそ第二の人生』海竜社 2012
◇ 『老年の見識 大切なことは、自分らしく生きること』海竜社 2013
◇ 『日本人にとって天皇とは何か』海竜社 2014
◇ 『『東大出たら幸せになる』という大幻想』青萠堂 2015
◇ 『なぜ日本人は「世間」を気にするのか』海竜社 2015

◆ A Related Words :
三浦朱門 認知症/三浦朱門 息子/三浦朱門 遠藤周作/三浦朱門 子供/三浦朱門 老人の品格/三浦朱門 画像/三浦朱門 写真/ゆとり教育 三浦朱門/三浦朱門 新刊/三浦朱門 箱庭/三浦朱門 略歴/三浦朱門 プロフィール/三浦朱門 死去/訃報 三浦朱門

Page Top

Mobile View / Desk Top