追悼の森 =野村 沙知代さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2017年 著名人訃報一覧 Ver.35
nagomi画像

プロ野球の元監督・野村克也氏の夫人
野村 沙知代 さん死去

2017年(平成29年)12月8日 死去 享年85歳

野村沙知代写真 

タレント 野村 沙知代 さん死去

プロ野球元監督の野村克也氏の妻でタレントの 野村 沙知代(のむら さちよ)さん が 2017年(平成29年)12月8日午後4時9分、虚血性心不全のため東京都目黒区内の病院で死去した。85歳だった。

関係者によると、同日午後2時過ぎ、世田谷区玉川田園調布の自宅から、意識不明の状態で救急搬送されたという。克也氏とは1978年(昭和53年)に結婚。二人の間の第一子・野村克則氏はヤクルトのコーチを務める。また、少年野球チームを運営する一方で、辛口の発言が注目を集め、テレビのバラエティー番組などでも「サッチー」の愛称で親しまれた。1996年には衆院選に旧新進党から立候補したが落選した。

人物 / 略歴

野村 沙知代(のむら さちよ、1932年(昭和7年)3月26日 ~ 2017年(平成29年)12月8日)

福島県西白河郡西郷村に生まれる。

出生名は伊東 芳枝(いとう よしえ)。

旧戸籍名は、伊東芳江。

元プロ野球監督として知られる野村克也の妻である。

所属事務所は株式会社エフエンタープライズ(東京・千駄ヶ谷)。

◆ 略 歴

東京都荒川区立第二瑞光国民学校(現:荒川区立第二瑞光小学校)修了。

出生後、東京・荒川区に転居。

父は都バスの運転手であったが、太平洋戦争の激化に伴い疎開先として、故郷の福島に戻った。

福島県白河市の旧電電公社に電話交換手として就職。

「ミス白河」に抜擢され、優勝した事を機に電話交換手の職を退職し、東京へ戻る。

終戦後の数年間には、東京・新橋の第一ホテルで皿洗いのアルバイトなどをしつつ、進駐アメリカ人兵士相手に身を立てていたという。

◆ 結 婚

1957年(昭和32年)、アメリカ軍将校アルヴィン・エンゲルとの間に、息子・ダン (後の野村克晃=団野村)、翌々年にはケニー (後の野村克彦)をもうけた。

◆ 野村克也との出会い

1970年8月、プロ野球選手兼監督・野村克也の所属する南海チームは、上京し、原宿のホテルに宿泊していた。

行きつけの中華料理店を訪れ際に、沙知代と相席になったことがきっかけで、一緒に食事を取りながら談笑した。

これがふたりの出会いとなった。

その後、1972年(昭和47年)頃には、野村克也と愛人関係になっていた。

自身の婚姻関係も解消されていなかったことから、ダブル不倫の状態であった。

1973年(昭和48年)には、男児、克則が誕生(非嫡出子)。

その後、野村克也は克則を自身の子として認知している。

また、自身の名前を「芳枝」から「沙知代」へと改名していたという。

1978年(昭和53年)4月、前妻との離婚が成立した克也と結婚。

ダン、ケニーの二人も野村克也の子となった。

◆ 衆院選立候補と詐称容疑

1996年(平成8年)、第41回衆院選に、新進党公認候補として、東京5区・比例東京ブロックから重複立候補したが落選。

選挙後、選挙公報などに虚偽の経歴を公表していたとして、計7件の告発が東京地方検察庁にされた。

しかし、全件7件のすべてが、嫌疑不十分により不起訴とされた。

◆ ミッチー・サッチー騒動

1999年(平成11年)、女優・浅香光代とのバトル、批判合戦が、長期に渡ってワイドショーなどで繰り広げられた。

これには、「アンチ野村沙知代派」、「野村沙知代擁護派」などとして、複数の芸能人、著名人らが連日の舌戦に参加、マスメディアは格好のネタを提供することとなった。

◆ 脱税事件

2001年(平成13年)12月、法人税法違反(脱税)などの疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

また、この逮捕に伴い阪神監督3年目の野村克也氏は同監督を辞任した。

また、この逮捕を受け、先述の「ミッチー・サッチー騒動」は世間的には浅香側の勝利という形で収束した。

事件は翌年、執行猶予のついた有罪判決を受けた。

◆ 突然の死

2017年12月8日、この日朝食を一口しか食べず、その後は夫の呼びかけにも反応しなくなった。

14時30分頃に心肺停止の状態で目黒区内の病院に緊急搬送された。

同日16時9分、虚血性心不全のため死去。85歳没。

特記事項

愛称は「サッチー」(『笑っていいとも!』でSMAPの中居正広と共演した際に中居から名付けられたという)。

前夫 アルヴィン・エンゲルはその後ハワイで自殺。

次男のケニーは2001年(平成13年)、母・野村沙知代との決別の書たる暴露本を著している。

また、実弟である伊東信義も、1999年(平成11年)に暴露本を出版、「野村沙知代」に係わる嘘の数々を告発している。

◆ 著 作

◇ 『きのう雨降り今日は曇りあした晴れるか』 (潮出版社、1985年)
◇ 『叱ってしつける ほめて育てる - 野村沙知代の親子塾』 (海竜社、1991年)
◇ 『女は賢く妻は可愛く』 (海竜社、1993年)
◇ 『猛母猛妻』 (扶桑社、1996年)
◇ 『あなた、男の鑑定できますか - チェックポイントは、この17カ所』 (クレスト社、1997年)
◇ 『夫婦をみがく33の秘訣 - 夫婦のあり方、この組み合わせの妙』 (成美文庫、1999年)
◇ 写真集 『Stay Young Forever - 野村沙知代』 (ナイタイ、2000年)
◇ 『I am サッチー - 挑発~沈黙の200日』 (バウハウス、2000年)
◇ 『どうすれば、言いたいことが言える自分になれるか?』(アスキー、2001年)※テリー伊藤との共著
◇ 『サッチーの母親学 - 母稚園』 (ぴいぷる社、2001年)
◇ 『悪妻こそ、良妻』 (廣済堂出版、2001年)※野村有紀子との共著
◇ 『日本一勇気ある嫁』 (モッツ出版、2001年)※野村有紀子との共著
◇ 『あなたに伝えたい - 眞由ちゃんは見ていた』 (北水、2001年)※絵:ほんままさえ
◇ 『NORA - 老犬は去り行くべきか…野良たちの選択』 (東邦出版、2004年)※絵:優亞
◇ 『野村セオリー - 絆』 (海竜社、2006年)※野村克也との共著
◇ 『老疼の雫』 (文藝春秋、2008年)
◇ 『新・冠婚葬祭入門』 (祥伝社新書、2009年)
◇ 『夫の転がし方 』 (角川書店、2011年)
◇ 『女が人生を前向きに生きるための「明日じたく」』(大和書房、2014年)

◆ 出演CM

◇ 高須クリニック
◇ KINCHO「タンスにゴン」
◇ 永谷園「あさげ」
◇ としまえん
ほか多数。

◆ A Related Words :
野村沙知代 死因/野村沙知代死因/野村沙知代 息子/野村沙知代 若い頃 画像/野村沙知代 病気/野村沙知代 逮捕/野村沙知代 子供/野村沙知代 若い頃/野村沙知代の今/野村沙知代 略歴/野村沙知代 プロフィール/野村沙知代 死去/訃報 野村沙知代

Page Top

Mobile View / Desk Top