追悼の森 =林 義郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2017年 著名人訃報一覧 Ver.6
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

元蔵相 林 義郎 さん死去

2017年(平成29年)2月3日 死去 享年89歳

林義郎写真 

元大蔵大臣 林 義郎 さん死去

元自民党衆院議員で厚相や蔵相などを歴任した 林 義郎(はやし よしろう)さんが 2017年(平成29年)2月3日午後8時、多臓器不全のため東京都千代田区内の医療施設で死去した。89歳だった。

山口県下関市出身。東大法学部卒業。旧通産省を経て、1969年(昭和28年)の衆院選で初当選。以降、旧山口1区などで11期連続当選。1982年(昭和57年)第1次中曽根内閣の厚生大臣として初入閣。1989年には自民党総裁選に立候補し、次点で海部俊樹氏に敗れた。1992年(平成4年)、宮沢改造内閣で大蔵大臣に就任。2000年(平成12年)、勲一等旭日大綬章を受章。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。

人物 / 略歴

林 義郎(はやし よしろう、1927年(昭和2年)6月16日 ~ 2017年(平成29年)2月3日)

山口県下関市貴船町出身。政治家、自由民主党所属の元衆議院議員。

第1次中曽根内閣の厚生大臣、宮沢改造内閣の大蔵大臣を歴任した。また、日中友好会館会長を務めた。

◆ 略 歴

豊浦中学4年修了、旧制第一高等学校を経て、1950年(昭和25年)に東京大学法学部を卒業。

同年、通商産業省に入省。

通産省では、通産大臣秘書官、通産省重工業局産業機械課長を歴任。

1969年(昭和44年)に通産省を退官。

同年末、第32回衆議院議員総選挙に自民党公認で周東英雄の後継者として旧山口1区から立候補し、初当選した。

以後、連続11回当選(自民党では佐藤派 → 田中派に所属)。

経済企画政務次官、大蔵政務次官、自民党経理局長などを歴任。

1982年(昭和57年)第1次中曽根内閣の厚生大臣として初入閣する。

国際金融政策を中心に自民党内有数の政策通として知られていた。

一方で、通産官僚出身ということもあって、田中派内の竹下登、金丸信ら党人派の実力者とは一線を画した。

宮澤喜一が派閥横断的に組織した政策集団「平河会」では事務局長を務め、宮澤の良き理解者となる。

田中派分裂に際しては、竹下、金丸らとは行動を共にせず、二階堂グループに参加している。

1989年(平成元年)、内閣総辞職を表明した宇野宗佑首相の後任を選ぶ総裁選挙に立候補、120票を獲得した。

その後、二階堂グループの消滅により宮澤派に参加。

1992年(平成4年)、宮沢改造内閣で大蔵大臣に就任する。

その後は、自民党税制調査会の幹部として、小委員長、税制調査会長を歴任して、自民党税調に影響力を維持した。

2000年(平成12年)、勲一等旭日大綬章を受章。

2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。

2017年(平成29年)2月3日、多臓器不全で死去。89歳没。

特記事項

没後の2月14日、日本政府は正三位に叙すことを閣議決定。

◆ 系 譜

◇ 曾祖父・林平四郎 - 衆議院議員、貴族院議員
◇ 父・林佳介 - 実業家、衆議院議員(日本進歩党)
◇ 妻・林万里子 - 祖父が宇部興産創設者の俵田明
◇ 長男・林芳正 - 万里子との子、参議院議員(自由民主党)
◇ 実弟・林孝介 - 大津屋会長
◇ 義弟・広瀬勝貞 - 妹の夫、大分県知事

◆ A Related Words :
林義郎 葬儀/林義郎 お別れの会/林義郎 娘/林義郎 通夜/林義郎 告別式/林義郎 息子/林義郎 画像/林義郎 ゴルフ/林義郎 山口合同ガス/林義郎 本葬/林義郎 略歴/林義郎 プロフィール/林義郎 死去/訃報 林義郎

Page Top

Mobile View / Desk Top