追悼の森 =津本 陽さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2018年 著名人訃報一覧 Ver.19
nagomi画像

直木賞作家 津本 陽 さん死去

2018年(平成30年)5月26日 死去 享年89歳

津本陽写真 

Page Top

直木賞作家 津本 陽 さん死去

歴史小説や剣豪小説で知られる直木賞作家の 津本 陽(つもと よう)さんが 2018年(平成30年)5月26日午後10時10分、誤えん性肺炎のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。本名は寅吉(とらよし)。

和歌山県生まれ。1978年(昭和53年)、故郷和歌山を舞台に古式捕鯨に携わる明治の男たちを描く「深重の海」で第79回(1978年度上半期)直木賞を受賞。1989年(平成元年)、織田信長を主人公にした「下天は夢か」がベストセラーに。豊臣秀吉の「夢のまた夢」、徳川家康の「乾坤(けんこん)の夢」と合わせて「夢」3部作と呼ばれ、代表作となった。1997年に紫綬褒章、2003年に旭日小綬章を受賞。

人物 / 略歴

津本 陽(つもと よう、1929年(昭和4年)3月23日 ~ 2018年5月26日)

本名は寅吉(とらよし)。小説家。 

◆ 略 歴

和歌山県和歌山市出身。

旧制和歌山中学校を経て、東北大学法学部卒業。

同人誌『VIKING』で活動し、掲載作「丘の家」が第56回直木賞候補。

1978年(昭和53年)、故郷和歌山を舞台にした『深重の海』で第79回直木賞を受賞。

題材は主に剣豪や戦国大名、幕末英傑を主題にした歴史小説が多い。

撃剣興行を描いた『明治撃剣会』を始めとする剣豪小説で人気を得る。

以後は歴史小説を書き、『日本経済新聞』朝刊に連載した「下天は夢か」は出版後にベストセラーとなった。

剣豪、戦国大名、雑賀一族以外の分野でも、勝海舟、西郷隆盛、坂本龍馬、中国の始皇帝、則天武后などを描いている。

1997年(平成9年)に紫綬褒章、2003年(平成15年)に旭日小綬章を受章。

2018年5月26日、誤嚥性肺炎のため死去。89歳。

特記事項

剣道三段、抜刀道五段の腕前を持ち、武道への造詣が深い。

歴史時代作家クラブ(2011年に発足)の名誉会長兼顧問。

◆ 受賞歴

◇ 1978年 - 『深重の海』で第79回直木三十五賞
◇ 1993年 - 和歌山県文化賞
◇ 1995年 - 『夢のまた夢』で第29回吉川英治文学賞
◇ 1997年 - 紫綬褒章
◇ 2003年 - 旭日小綬章
◇ 2005年 - 第53回菊池寛賞

◆ 作 品(2000年以降)

◇ 『乾坤一擲』 - 総合法令出版 2000年
◇ 『不況もまた良し』 - 幻冬舎 2000年
◇ 『こう生きて、こう死にたい』 - 東京書籍 2000年
◇ 『歴史に学ぶ』 - 講談社 2000年
◇ 『群雄譚 項羽と劉邦』 - 角川春樹事務所 2000年
◇ 『龍馬』 - 角川書店 2001 ~ 2003年
◇ 『人生に定年なし』 - 光文社 2001年
◇ 『勝者の極意 歴史対談集』 - 朝日新聞社 2001年
◇ 『新釈水滸伝』 - 潮出版社 2002年
◇ 『本能寺の変』 - 講談社 2002年
◇ 『過ぎてきた日々』 - 角川書店2002年
◇ 『武蔵と五輪書』 - 講談社 2002年
◇ 『弥陀の橋は 親鸞聖人伝』 - 読売新聞社 2002年
◇ 『異形の将軍 田中角栄の生涯』 - 幻冬舎 2002年
◇ 『武蔵と小次郎』 - 角川書店 2003年
◇ 『戦国城塞傳 十二の城の物語』 - PHP研究所 2003年
◇ 『勝海舟 私に帰せず』 - 潮出版社 2003年
◇ 『老いは生のさなかにあり』 - 幻冬舎 2003年
◇ 『続鉄砲無頼記』 - 実業之日本社 2003年
◇ 『幕末御用盗』 - 講談社 2003年
◇ 『巨眼の男 西郷隆盛』 - 新潮社 2003~2004年
◇ 『大久保彦左衛門 不遇の時こそ』 - 光文社 2004年
◇ 『柳生十兵衛七番勝負』 - 文藝春秋 2004年
◇ 『小説渋沢栄一』 - 日本放送出版協会 2004年
◇ 『日本列島「士風」探訪』 - PHP研究所 2005年
◇ 『名将名城伝』 - PHP研究所 2005年
◇ 『覇王の夢』 - 幻冬舎 2005年
◇ 『月とよしきり』 - 集英社 2005年
◇ 『名をこそ惜しめ 硫黄島魂の記録』 - 文藝春秋 2005年
◇ 『天狗剣法 法神流須田房之助始末』 - PHP研究所 2005年
◇ 『八月の砲声 ノモンハンと辻政信』 - 講談社 2005年
◇ 『直感力 カリスマの条件』 - 幻冬舎 2006年
◇ 『国定忠治』 - 光文社 2006年
◇ 『草原の覇王チンギス・ハーン』 - PHP研究所 2006年
◇ 『焼刃のにおい』 - 光文社 2007年
◇ 『武士道 いかに生き、いかに死ぬか』 - 三笠書房 2007年
◇ 『津本陽武芸小説集』 - PHP研究所 2007年
◇ 『獅子の系譜』 - 文藝春秋 2007年
◇ 『商人龍馬』 - 日本経済新聞出版社 2007年
◇ 『剣豪血風録』 - PHP研究所 2007年
◇ 『「本能寺の変」はなぜ起こったか ~』 - 角川oneテーマ21 2007年
◇ 『松風の人 吉田松陰とその門下』 - 潮出版社 2008年
◇ 『孤塁の名人 合気を極めた男・佐川幸義』 - 文藝春秋 2008年
◇ 『勝ちの掟 最強の英傑たちに学ぶ』 - 総合法令出版 2009年
◇ 『無量の光 親鸞聖人の生涯』 - 文藝春秋 2009年
◇ 『身命を惜しまず 安藤帯刀と片倉小十郎』 - 徳間書店 2010年
◇ 『最後の武士道 幕末維新傑作選』 - 集英社 2010年
◇ 『龍馬の油断 幕末七人の侍』 - 文藝春秋 2010年
◇ 『荒ぶる波濤 幕末の快男児・陸奥陽之助』 - PHP研究所 2010年
◇ 『泥の蝶 インパール戦線死の断章』 - 幻冬舎 2010年
◇ 『伊賀忍び控え帖』 - PHP研究所 2011年
◇ 『加藤清正虎の夢見し - 』幻冬舎 2011年
◇ 『親鸞』 - 角川oneテーマ21 2011年
◇ 『戦国業師列伝』 - 世界文化社 2011年
◇ 『歴史を動かした武将の決断 ~』 - 世界文化社 2011年
◇ 『信長影絵』 - 文藝春秋 2013年
◇ 『幸村去影』 - 徳間書店 2013年
◇ 『忍者月輪』 - 中央公論新社 2014年
◇ 『吉田松陰 異端のリーダー』 - 角川oneテーマ21 2014年
◇ 『真田幸村大坂の陣秘録 ~』 - 洋泉社 2015年
◇ 『叛骨 陸奥宗光の生涯』 - 潮出版社 2016年

◆ A Related Words :
津本陽 死去/津本陽 作品一覧/津本陽 おすすめ/津本陽 作品/津本陽 龍馬/津本陽の作品/津本陽 新刊/津本陽子/津本陽画像/津本陽 略歴/津本陽 プロフィール/訃報 津本陽

Page Top

Mobile View / Desk Top