追悼の森 =浅利 慶太さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2018年 著名人訃報一覧 Ver.23
nagomi画像

演出家 浅利 慶太 さん死去

2018年(平成30年)7月13日 死去 享年85歳

浅利慶太写真 

Page Top

演出家 浅利 慶太 さん死去

劇団四季の創設者の一人で、演出家で元劇団代表の 浅利 慶太(あさり けいた)さんが 2018年(平成30年)7月13日午後5時33分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。85歳だった。

1953年(昭和28年)、慶応大出身者らとともに劇団四季を創立。1983年、英国発の人気ミュージカル「キャッツ」を上演。国内初の1年間のロングラン公演を実現させた。その後、大阪や名古屋、福岡、札幌などにも専用劇場を建設。「オペラ座の怪人」「ライオンキング」など、海外ミュージカルを次々と上演し日本でミュージカルの定着に貢献した。2914年に劇団四季の代表を退いた後も、演出活動を続けていた。

人物 / 略歴

浅利 慶太(あさり けいた、1933年3月16日 ~ 2018年7月13日)

東京都出身。日本の演出家、実業家。

劇団四季創設者の一人。

四季株式会社の代表取締役社長・会長・芸術総監督をつとめた。

◆ 略 歴

慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学文学部仏文学専攻中退。

1953年(昭和28年)7月、慶應義塾大学、東京大学の学生を中心に劇団四季を結成。

主に、フランス文学作品を上演。

1961年、日生劇場製作営業担当取締役に就任。

1966年から越路吹雪(1980年没)が逝去するまで、越路吹雪リサイタル公演を日生劇場において演出した。

1970年代から海外ミュージカルの翻訳上演を開始。

1983年(昭和58年)、「キャッツ」初演において、日本で初めて無期限ロングラン公演を成功させた。

1985年、ミラノ・スカラ座(イタリア)での「蝶々夫人」「トゥーランドット」などの演出を手掛ける。

1998年(平成10年)、長野オリンピック開会式の総合プロデューサーを担当。

2006年10月、政府の教育再生会議委員に就任。

2014年6月、四季株式会社の取締役社長を退任。

2015年3月、新事務所の浅利演出事務所を設立し社長に就任。

劇団四季とは別に独自の演劇活動を開始。

2018年7月13日、悪性リンパ腫のため、東京都内の病院で死去。85歳没。

特記事項

中曽根康弘や石原慎太郎などのブレーンとしても知られていた。

しかし、一切の国家的顕彰を拒否、過去に紫綬褒章や文化功労者の内示があったときも、辞退している。

◆ 家 族

3度の結婚歴がある。

最初の妻は藤野節子、2度目の妻は影万里江(とも劇団四季における浅利の同志)。

2003年(平成15年)、野村玲子を3度目の妻に迎えていた。

◆ 主な受賞歴

◇ 1974年・51年 - 紀伊國屋演劇賞
◇ 1976年 - 芸術選奨文部大臣賞
◇ 1984年 - テアトロ演劇賞
◇ 1985年 - アビアッティ賞 イタリア音楽批評家賞
◇ 1986年 - 経済界大賞特別賞
◇ 1993年 - 日本シェイクスピア賞シェイクスピア演劇賞

◆ A Related Words :
浅利慶太事務所/浅利慶太 息子/浅利慶太 現在/浅利慶太 劇団四季/浅利慶太 浅利陽介/浅利慶太演出事務所/浅利慶太プロデュース/浅利慶太 野村玲子/浅利慶太 認知症/浅利慶太 弁護士/浅利慶太 略歴/浅利慶太 プロフィール/浅利慶太 死去/訃報 浅利慶太

Page Top

Mobile View / Desk Top