追悼の森 =野中 広務さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2018年 著名人訃報一覧 Ver.3
nagomi画像

元官房長官・自民党幹事長
野中 広務 さん死去

2018年(平成30年)1月26日 死去 享年92歳

野中広務写真 

Page Top

元官房長官 野中 広務 さん死去

官房長官や自民党幹事長などの要職を歴任した元衆院議員の 野中 広務(のなか ひろむ)さんが 2018年(平成30年)1月26日午後、京都市内の病院で死去した。92歳だった。

京都府に生まれる。1951年(昭和26年)に25歳で京都府・旧園部町議に当選。以来、同町長、京都府議、府副知事を経て、1983(昭和58年)年衆院補選で初当選した。村山内閣で自治相(現:総務相)として初入閣。小渕内閣で内閣官房長官、森内閣では自民党幹事長に就任した。抜群の政局観と情報量で政敵から「政界の狙撃手」と恐れられた一方、外交や安全保障に関してはハト派で知られた。2003年10月政界を引退。昨年11月27日夜には京都市内での会合中に倒れ、救急搬送されていた。

人物 / 略歴

野中 廣務(のなか ひろむ、1925年(大正14年)10月20日 ~ 2018年(平成30年)1月26日 )

京都府南丹市(旧:園部町)に生まれる。政治家。

京都府船井郡園部町町長(2期)、京都府副知事、衆議院議員(7期)、自治大臣(第48代)、国家公安委員会委員長(第56代)、内閣官房長官(第63代)、沖縄開発庁長官(第38代)、自由民主党幹事長などを歴任。

◆ 略 歴

旧制京都府立園部中学校(後の京都府立園部高等学校)卒業。

日本国有鉄道大阪鉄道局の職員として採用(梅田の大鉄局業務部審査課に配属)。

ここで当時の局長だった佐藤栄作(後の首相)と出会。

衆院議員・田中好の秘書を経て、園部町議会議員(3期)、園部町長(2期)として町政に携わった。

その後、府政に進出し、京都府議会議員(3期)、府副知事をを務める。

◆ 国政への関与

1983年(昭和58年)、衆議院旧京都2区補欠選挙で初当選。

1994年に村山内閣で自治大臣・国家公安委員長として初入閣。

その後、小渕内閣で内閣官房長官、森内閣では自民党幹事長などを歴任。

小渕・森政権時代には官房長官・幹事長として仕切ったことから「影の総理」と呼ばれたこともあった。

2003年自由民主党総裁選挙で、小泉を支持する一部の議員と激しく対立。

ポスト目当てで小泉支持に回っていると批判し、「毒まんじゅう」という言葉を残した(「毒まんじゅう」はこの年の流行語大賞に選出された。

自らの引退を賭けて藤井孝男元運輸大臣を擁立して総裁選に臨んだが、小泉純一郎の再選を阻止できず大敗した。

2003年10月政界を引退したが、小泉内閣を「非情の政治」と批判した。

2013年6月には、亀井靜香、村上正邦の呼びかけに呼応し、石原慎太郎、桜井新、島村宜伸、仙谷由人、平野貞夫、村山富市、矢野絢也らと円卓会議の創立に参加した。

2018年1月26日午後、京都府内の病院で死去、92歳没。

特記事項

◆ 栄 典

◇ 2002年11月3日 勲一等旭日大綬章

◆ 家族・親族

◇ 1女。

◇ 亡夫人(2011年没)は、竹下登(元首相)と同じ島根県掛合町(現:雲南市)出身。

◇ 弟・野中一二三(のなか かずみ、1931年5月8日 ~ )元園部町長、社会福祉法人経営(広務とは別法人)

◆ 著書(単著)

◇ 『私は闘う』 - 文藝春秋 1996年
◇ 『老兵は死なず 野中広務全回顧録』 - 文藝春秋 2003年

◆ A Related Words :
野中広務 死去/野中広務 差別/野中広務の正体/野中広務 出身地/野中広務 死因/野中広務 葬儀/野中広務の出自/野中広務 息子/野中広務 北朝鮮/野中広務 現在/野中広務 略歴/野中広務 プロフィール/訃報 野中広務

Page Top

Mobile View / Desk Top