追悼の森 =輪島 大士さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ら~わ】 著名人訃報一覧【ら~わ】  著名人訃報一覧 2018年 著名人訃報一覧 Ver.31
nagomi画像

大相撲 第54代横綱
輪島 大士 さん死去

2018年(平成30年)10月8日 死去 享年70歳

輪島大士写真 

Page Top

元横綱 輪島 大士 さん死去

大相撲の第54代横綱で、タレントやプロレスラーとしても活躍した 輪島 大士(わじま ひろし)さんが 2018年(平成30年)10月8日、咽頭がん及び肺がんによる衰弱のため東京都内の自宅で死去した。70歳だった。本名は輪島 博(わじま ひろし)。

大学相撲部では、2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得。1970年(昭和45年)、花籠部屋に入門し、同年1月場所で初土俵を踏んだ。1973年5月場所後に横綱に推挙され、初土俵からわずか3年半という超スピード出世で横綱へ上りつめた。「黄金の左」を武器に優勝14回。ライバル北の湖と輪湖(りんこ)時代を築いた。1981年3月場所中に引退。花籠部屋を継承したが、後に日本相撲協会を離れ、全日本プロレスに入門。その後タレントなどでも活躍した。

人物 / 略歴

輪島 大士(わじま ひろし、1948年(昭和23年)1月11日 ~ 2018年(平成30年)10月8日

本名は輪島 博(わじま ひろし)。

石川県七尾市出身。

花籠部屋所属の元大相撲力士。

第54代横綱、元プロレスラー、元タレント。

◆ 略 歴

金沢高等学校を経て、日本大学へ進学。

大学相撲部では、2年連続で学生横綱に輝くなど14個のタイトルを獲得。

卒業前の1970年、花籠部屋(師匠は元幕内・大ノ海)に入門し、同年1月場所で初土俵を踏んだ。

幕下を2場所連続で全勝優勝して、当時の最短記録で十両入り。

十両も4場所で通過して、初土俵からわずか1年で新入幕を果たした。

1972年(昭和47年)9月場所後に貴ノ花(先代)とともに大関に昇進。

1973年5月場所後に横綱に推挙され、初土俵からわずか3年半という超スピード出世で横綱へ上りつめた。

学生相撲出身唯一の横綱であった

トレードマークの金色の廻しとかけて「黄金の左」と言われ一世を風靡した。

1981年3月場所中に引退し、花籠部屋(※平成時代の花籠部屋とは別)を継承。

1985年に角界では前代未聞の金銭問題などが表面化し、無期限謹慎処分を受ける。

1985年12月、結局これが原因で廃業となった。

◆ プロレス時代

大相撲を離れた輪島は、1986年に全日本プロレスに入門。

11月には地元七尾で日本国内でのデビュー戦を行い注目を集めた。

1988年12月に唐突に引退。事前の宣伝や引退試合等も一切無く、ひっそりと身を引いた。

◆ タレント時代 / 晩年

プロレス引退後は、大相撲解説などの他タレントとしても活躍。

2013年秋に下咽頭癌への罹患が判明し、切除手術を受けたがその影響で声を失ってしまったことが明らかにされた。

2018年10月8日、咽頭がん及び肺がんによる衰弱のため、東京都内の自宅で死去。70歳没。

特記事項

ユルフンの力士として知られており、上手投げを打たれても廻しが伸びて効かなかった

長男の輪島大地は2017年の第99回全国高等学校野球選手権大会で天理高等学校の投手として、リリーフでの登板を果たした。

◆ 主な成績

◇ 通算成績:673勝234敗85休 勝率.742
◇ 幕内成績:620勝213敗85休 勝率.744
◇ 大関成績:50勝10敗 勝率.833
◇ 横綱成績:466勝142敗85休 勝率.766
◇ 現役在位:68場所
◇ 幕内在位:62場所
◇ 横綱在位:47場所
◇ 大関在位:4場所
◇ 三役在位:5場所(関脇4場所、小結1場所)

◆ 出演CM

◇ 日本熱学工業
◇ 資生堂
◇ 学生援護会「Q-tai」
◇ オクダ運輸
◇ ピップフジモト

◆ A Related Words :
輪島大士 嫁/輪島大士 息子/輪島大士 家族/輪島大士 貴乃花/輪島大士 娘/輪島大士 とんねるず/輪島大士 スキャンダル/輪島大士 死因/輪島大士 子供/輪島大士 葬儀/輪島大士 略歴/輪島大士 プロフィール/輪島大士 死去/訃報 輪島大士

Page Top

Mobile View / Desk Top