追悼の森 =金子 兜太さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2018年 著名人訃報一覧 Ver.7
nagomi画像

俳人、文化功労者 金子 兜太 さん死去

2018年(平成30年)2月20日 死去 享年98歳

金子兜太写真 

Page Top

俳人 金子 兜太 さん死去

戦後の現代俳句をリードし、豪放な発言と人柄でも人気を呼んだ俳人で文化功労者の 金子 兜太(かねこ とうた)さんが 2018年(平成30年)2月20日午後11時47分、急性呼吸促迫症候群のため埼玉県熊谷市の病院で死去した。98歳だった。

埼玉県に生まれる。現代俳句の第一人者で、太平洋戦争の激戦地から生還した後、俳誌「海程」を創刊、主宰。人間性や社会性を重視した俳句を提唱。前衛俳句運動をリードし、理論的支柱となった。晩年は自らの戦争体験を語るなど平和運動に力を注いだ。

人物 / 略歴

金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 ~ 2018年(平成30年)2月20日)

埼玉県比企郡小川町出身。俳人。

加藤楸邨に師事、「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。

戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論・実作両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動している。

上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。

現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。

◆ 略 歴

旧制熊谷中学、旧制水戸高等学校文科乙類卒業。

1943年(昭和18年)、東京帝国大学経済学部卒業。

1943年、大学を繰り上げ卒業して日本銀行に入行。

海軍経理学校に短期現役士官として入校、大日本帝国海軍主計中尉に任官、トラック島で200人の部下を率いる。

餓死者が相次ぐなか、2度にわたり奇跡的に命拾いする。

1946年、捕虜として春島(現:モエン)アメリカ航空基地建設に従事したのち、11月に最終復員船で帰国。

1947年2月、日本銀行に復職。

同年4月、塩谷皆子(金子皆子)と結婚。

1947年、「寒雷」に復帰し、沢木欣一の「風」創刊に参加。

1960年頃より前衛俳句の旗手に数えられる。

1962年、隈治人、林田紀音夫、堀葦男らと同人誌「海程」を創刊。

1985年より結社誌となり主宰に就任する。

1974年から1979年まで上武大学教授。

1983年より現代俳句協会会長、1987年より朝日俳壇選者。

1992年、日中文化交流協会常任理事に就任。

2000年、現代俳句協会名誉会長に就任。

2005年より日本芸術院会員。

2006年、妻・皆子が死去。

2015年、いとうせいこうとともに『中日新聞』『東京新聞』の「平和の俳句」選者。

ほかに一ツ橋綜合財団理事などを務めていた。

2018年2月20日、急性呼吸促迫症候群により死去。98歳没。

特記事項

小林一茶、種田山頭火の研究家としても知られる。

◆ 受賞・栄典

◇ 1956年 - 第5回現代俳句協会賞
◇ 1978年 - 埼玉県文化賞
◇ 1988年 - 紫綬褒章
◇ 1996年 - 第11回詩歌文学館賞(句集『両神』)、勲四等旭日章
◇ 1997年 - 第48回日本放送協会放送文化賞
◇ 2001年 - 第1回現代俳句大賞
◇ 2002年 - 第36回蛇笏賞(句集『東国抄』)
◇ 2003年 - 日本芸術院賞
◇ 2005年 - シカダ賞(英語版)
◇ 2008年 - 第4回正岡子規国際俳句賞大賞、文化功労者
◇ 2010年 - 第51回毎日芸術賞特別賞、第22回小野市詩歌文学賞(句集『日常』)、第58回菊池寛賞
◇ 2015年 - 第30回下町人間庶民文化賞
◇ 2016年 - 朝日賞

◆ 著作集

◇ 『金子兜太集』第1巻 筑摩書房、2002年4月 - ISBN 4-480-70541-4
◇ 『金子兜太集』第2巻 筑摩書房、2002年2月 - ISBN 4-480-70542-2
◇ 『金子兜太集』第3巻 筑摩書房、2002年1月 - ISBN 4-480-70543-0
◇ 『金子兜太集』第4巻 筑摩書房、2002年3月 - ISBN 4-480-70544-9

◆ A Related Words :
金子兜太 死去/金子兜太 誤報/金子兜太 プロフィール/金子兜太の近況/金子兜太 代表作/金子兜太の俳句/金子兜太 息子/金子兜太さん/金子兜太 アベ政治/金子兜太 自宅/金子兜太 略歴/金子兜太死去/訃報 金子兜太

Page Top

Mobile View / Desk Top