追悼の森 =田辺 聖子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2019年 著名人訃報一覧 Ver.11
nagomi画像

作家 田辺 聖子 さん死去

2019年(平成31年)6月6日 死去 享年91歳

田辺聖子写真 

Page Top

作家 田辺 聖子 さん死去

恋愛小説や、ユーモアにあふれたエッセーで人気を集めた文化勲章受章者の作家 田辺 聖子(たなべ せいこ)さん が 2019年(平成31年)6月6日、総胆管結石による胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。

大阪市生まれ。1964年、「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で第50回芥川賞を受賞。以降、鋭い人間観察をユーモアでくるんだ多くの作品を発表。「カモカのおっちゃん」のモデルとして親しまれた夫の故・川野純夫さんとの生活を軽妙につづったユーモラスなエッセーも人気を集めた。2008年、文化勲章受章。また、NHKの朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」では、主人公のモデルとなった。

人物 / 略歴

田辺 聖子 (たなべ せいこ、1928年3月27日 ~ 2019年6月6日)

大阪府大阪市生まれ。小説家。

◆ 略 歴

淀之水高等女学校卒業。

樟蔭女子専門学校(現:大阪樟蔭女子大学)国文科卒業。

実家は、祖父の代から写真館を経営していた。

幼少時は古典文学に親しみ、多くの少女小説を愛読した。

1943年『少女の友』の作文欄で川端康成の選により掲載された「さら」が最初の活字作品。

大阪の金物問屋に勤める傍ら、文芸同人の『文芸首都』『大阪文学』に参加。

『花狩』がラジオドラマに採用され放送作家となった時期もある。

1956年「虹」で大阪市民文芸賞受賞。

1964年、「感傷旅行」で第50回芥川賞に選出され、若手女流作家の寵児となる。

以降は人気作家として多くの執筆依頼を受ける。

1995年、紫綬褒章を受章する(67歳)。

2000年に文化功労者、2008年に文化勲章を授与された。

2019年6月6日、総胆管結石による胆管炎のため、神戸市内の病院で死去。91歳没。

特記事項

私生活では、長年独身であった。

しかし、文学仲間の川野彰子への追悼文を寄せたことが縁で、その夫で神戸で医師をしていた川野純夫と知り合う。

1966年に後妻として川野と結婚し、2002年に死別するまで36年間連れ添った。

無類のスヌーピーグッズ愛好家。

◆ 受賞 / 栄典

◇ 1956年 『虹』で大阪市民文芸賞
◇ 1964年 『感傷旅行』で第50回芥川賞
◇ 1987年 『花衣ぬぐやまつわる ~ 』で女流文学賞
◇ 1993年 『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞
◇ 1994年 第42回菊池寛賞
◇ 1998年 『道頓堀の雨に別れて以来なり ~ 』で第26回泉鏡花文学賞
◇ 1999年 『道頓堀の雨に別れて以来なり ~ 』で第50回読売文学賞
◇ 2003年 『姥ざかりの花の旅傘』で第8回蓮如賞
◇ 2007年 2006年度朝日賞
◆ 栄典
◇ 1995年 紫綬褒章
◇ 2000年 文化功労者
◇ 2008年 文化勲章
◆ 名誉市民
◇ 2009年 伊丹市名誉市民

◆ A Related Words :
田辺聖子 現在/田辺聖子 近況/田辺聖子 源氏物語/田辺聖子文学館/田辺聖子 おすすめ/田辺聖子文学館ジュニア文学賞/田辺聖子 言い寄る/田辺聖子 近況2017/田辺聖子 エッセイ/田辺聖子の小倉百人一首/田辺聖子 略歴/田辺聖子 プロフィール/田辺聖子 死去/訃報 田辺聖子

Page Top

Mobile View / Desk Top