追悼の森 =ジヤニー喜多川 さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2019年 著名人訃報一覧 Ver.17
nagomi画像

ジャニーズ事務所代表取締役
ジヤニー喜多川 さん死去

2019年(令和元年)7月9日 死去 享年87歳

ジヤニー喜多川写真 

Page Top

ジヤニー喜多川 さん死去

日本のエンターテインメント業界で絶大な影響力をもっていた、ジャニーズ事務所創業者で社長の ジャニー喜多川(ジャニー きたがわ)さんが 2019年(令和元年)7月9日午後4時47分、クモ膜下出血のため東京都渋谷区の日本赤十字社医療センターで死去した。87歳だった。

1962年(昭和37年)、4名の少年グループ「初代ジャニーズ」を結成し、芸能界に進んだ。以降、半世紀以上にわたり、SMAP、嵐、シブがき隊など、多くの有名男性アイドルグループを世に送り出した。今年6月18日午前、自宅で体調の異変を訴え、救急搬送されていた。

人物 / 略歴

ジャニー 喜多川(ジャニー きたがわ、1931年(昭和6年)10月23日 ~ 2019年(令和元年)7月9日)

Johnny H. Kitagawa

本名:ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)

漢字表記:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)

愛称は「ジャニーさん」。

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。

実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサー。

ジャニーズ事務所、ジェイ・ドリーム、ジャニーズ出版、ヤング・コミュニケーション、つづきスタジオの代表取締役。

3人姉弟でメリー喜多川は姉。その娘で、ジャニーズ事務所の代表取締役になった藤島ジュリー景子は姪にあたる。

◆ 略 歴

◆ 生い立ち

両親共に日本人の日系2世。

父親(喜多川諦道)は、日本仏教・高野山真言宗米国別院の僧侶(第3代主監)。

諦道の次男として、アメリカ・ロサンゼルスに生まれる。

姉はメリー喜多川、兄は50代半ばで死去。

1933年(昭和8年)、喜多川一家は日本へ渡航し、大阪市で生活した。

しかし、間もなくして母親が死去。

やがて第二次世界大戦が勃発。

日本の敗戦後、ロサンゼルスに帰国し、現地の高校に入学した。

高校を卒業後、ロサンゼルス・シティー・カレッジに進学。

1950年(昭和25年)、美空ひばりの育ての親・川田晴久と共にアメリカ公演を行った。

公演の際、父の勤務先だった高野山真言宗米国別院が会場となったため、ステージマネージメント全体を担当。

川田の知遇を得ると共に、ひばりとも親しく交流するようになった。

このことが、日本芸能界への進出のきっかけとなる。

1952年(昭和27年)に再来日。

駐日アメリカ合衆国大使館に勤務。

勤務の傍ら、上智大学国際部に進学し、上智大学を卒業。

1955年(昭和30年)、大学在学中にバンドを結成し、芸能界へ参入した。

◆ ジャニーズ事務所の設立

1960年代、近所の少年たち約30名で構成された野球チーム「ジャニーズ少年野球団」を結成。

チームのメンバーには、浜田光夫、小畑やすしなどおり、応援団には松島トモ子も居た。

ある日、雨で野球の練習ができなくなり、鑑賞したミュージカル映画「ウェストサイドストーリー」に一同感動。

エンターテインメント事業を興業することを決意した。

1962年(昭和37年)4月、野球チームのメンバー4名の少年により「初代ジャニーズ」を結成。

1975年(昭和50年)1月、正式に株式会社として法人登記した。

◆ 男性アイドル事務所として成功

事務所黎明期には、「フォーリーブス」、「郷ひろみ」らをデビュー。

以降、「たのきんトリオ」、「シブがき隊」、「少年隊」などの3人組アイドルグループを成功させた。

1980年代には、ユニット形式アイドルグループ「光GENJI」をデビューさせた。

1990年代には、「SMAP」を個性的なマルチタレント型グループとして成功に導いた。

その後も、バンド形式の「TOKIO」、個性派集団の「V6」、関西系の「KinKi Kids」、王道的アイドル「」らが次々にデビュー。

SMAPに続くバラエティー番組でも活躍できるグループとして、着実に成功を収めていった。

2000年代には、「タッキー&翼」、「NEWS」、「関ジャニ∞」、「KAT-TUN」、「Hey! Say! JUMP」と、続々と新たなグループがデビュー。

これまでの成功事例を取り入れる形で、続々と新たなグループのがデビューが続く。

◆ 死 去

2019年(令和元年)6月18日、午前11時30分ごろ、自宅で体調の異変を訴え、救急搬送された。

7月9日午後4時47分、クモ膜下出血のため東京都渋谷区の日本赤十字社医療センターで死去した。87歳没。

特記事項

◆ パワハラと性的虐待報道

「週刊文春」がジャニーズ事務所に関する特集記事、「ホモセクハラ追及キャンペーン 」を掲載。

記事が名誉毀損であるとして、文春に対し1億円あまりの損害賠償を要求する民事訴訟を起こした。

東京地裁、東京高裁、最高裁と争われ、2004年(平成16年)2月24日、120万円の損害賠償と、同性愛行為の認定が確定した。

◆ 受賞 / 認定

◇ 2003年(平成15年)、第28回菊田一夫演劇賞「特別賞」受賞。

◇ 2011年(平成23年)、ギネス認定。
① 「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」
② 「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」

◇ 2012年(平成24年)、ギネス認定。
① 「最も多くのチャート1位アーティストを生み出したプロデューサー」

◆ A Related Words :
ジャニー喜多川 家族葬/ジャニー喜多川 性犯罪者/ジャニー喜多川 少年愛 内容/ジャニー喜多川 家系図/ジャニー喜多川 家族葬 集合写真/ジャニー喜多川 病院/ジャニー喜多川 祭壇/ジャニー喜多川 家族葬 写真/ジャニー喜多川 結婚/ジャニー喜多川家族葬/ジャニー喜多川 略歴/ジャニー喜多川 プロフィール/ジャニー喜多川 死去/訃報 ジャニー喜多川

Page Top

Mobile View / Desk Top