追悼の森 =渡 哲也さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ら~ろ・わ】 著名人訃報一覧【ら~ろ・わ】  著名人訃報一覧 2020年 著名人訃報一覧 Ver.16
nagomi画像

俳 優 渡 哲也 さん死去

2020年(令和2年)8月10日 死去 享年78歳

渡哲也写真 

Page Top

俳優 渡 哲也 さん死去

「西部警察」などの刑事ドラマをはじめ幅広く活躍した俳優の 渡 哲也(わたり てつや)さんが 2020年(令和2年)8月10日午後6時30分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。78歳だった。本名は渡瀬 道彦(わたせ みちひこ)

1965年(昭和40年)、「あばれ騎士道」でデビュー。1971年に石原裕次郎さんを慕い石原プロモーションに入社。「大都会」「西部警察」などの刑事ドラマシリーズでスケールの大きな演技を見せ、人気を博した。歌手としても歌謡曲「くちなしの花」でミリオンセラーを記録した。2005年、紫綬褒章。2013年、旭日小綬章を綬章。

人物 / 略歴

渡 哲也(わたり てつや、1941年(昭和16年)12月28日 ~ 2020年(令和2年)8月10日)

本名:渡瀬 道彦(わたせ みちひこ)。

兵庫県淡路島出身。俳優・歌手。

島根県能義郡安来町(現・安来市)に生まれた。

株式会社石原プロモーション相談取締役。

俳優の渡瀬恒彦は実弟。

◆ 略 歴

淡路町立石屋小学校、三田学園中学校・高等学校卒業。

青山学院大学経済学部卒業。

大学へ通うため上京。

大学在学中は空手道部に在籍。空手弐段。柔道初段。

在学中に日活が浅丘ルリ子の相手役となる新人「ミスターX」を募集していた。

空手部の仲間が内緒で応募し、スカウトを受けて1964年(昭和39年)に日活へ入社。

記者会見の場で瓦割りを披露し、翌日のスポーツ紙やニュース映像でも大きく取り上げられた。

1965年(昭和40年)3月「あばれ騎士道」で宍戸錠とのW主演でデビュー。

この作品で、エランドール賞新人賞を受賞。

吉永小百合との初共演映画の「愛と死の記録」で第17回ブルーリボン賞新人賞を獲得。

また、「裕次郎2世」と言われたことから、リバイバル版の「嵐を呼ぶ男」に主演。

1968年(昭和43年)から始まる「無頼」シリーズ6作品は、渡の日活時代の代表作となった。

1971年(昭和46年)、借金で倒産寸前の石原プロモーションへ入社。

1974年(昭和49年)、大河ドラマ「勝海舟」の主演に抜擢される。

また、1973年8月にリリースした「くちなしの花」が、1974年の年間シングルチャートで7位を記録。

累計150万枚を売り上げ、全日本有線放送大賞金賞も獲得し、第25回NHK紅白歌合戦に初出場した。

1975年2月、「仁義の墓場」で東映初出演、初主演した。

1976年(昭和51年)「やくざの墓場 くちなしの花」の主演で第19回ブルーリボン賞主演男優賞を獲得。

その後、石原プロは会社再建と経営安定のため、テレビドラマへ本格進出。

大都会 闘いの日々」や、「西部警察」はシリーズ化され、5年間放映された。

石原プロ再建に貢献し、石原の下で副社長も兼務していた。

1987年(昭和62年)7月17日に石原裕次郎が肝細胞癌のため、52歳で死去。

10月、渡が石原プロの二代目社長に就任した。

1991年(平成3年)に自ら直腸癌であると発表。

その後、オストメイト(人工肛門使用者)であることを明らかにしている。

2005年(平成17年)に紫綬褒章を受章した。

2011年(平成23年)5月11日、3月28日付をもって石原プロモーション社長を退任したことを発表した。

2017年(平成29年)3月14日、弟・恒彦が胆嚢癌による多臓器不全のため72歳で死去。

4月1日、石原プロモーションの経営陣に復帰。

「相談取締役」の肩書きで相談役と取締役を兼任する。

2020年(令和2年)8月10日午後6時30分、肺炎のため死去。78歳没。

特記事項

出身地を淡路島にしているのは、石原が神戸市生まれなので、淡路島の方がイメージ的にいい、という判断で決めたからだという。

日本酒のCMをしていたのとは裏腹に、下戸で飲めない酒を無理して飲んでいた。

◆ 出演CM

◇ 宝酒造
◇ 東芝
◇ カゴメ
◇ 日本興亜損保
◇ 日本コカ・コーラ
◇ 第一三共
◇ 年末ジャンボ宝くじ

◆ A Related Words :
渡哲也 嫁/渡哲也 子供/渡哲也 吉永小百合/渡哲也 追悼番組/渡哲也子供/渡哲也 若い頃/渡哲也 コロナ/渡哲也家族/渡哲也 渡瀬恒彦/渡哲也子供いるの/渡哲也 略歴/渡哲也 プロフィール/渡哲也 死去/訃報 渡哲也

Page Top

Mobile View / Desk Top