追悼の森 =渡部 恒三さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ら~ろ・わ】 著名人訃報一覧【ら~ろ・わ】  著名人訃報一覧 2020年 著名人訃報一覧 Ver.18
nagomi画像

元衆議院副議長 渡部 恒三 さん死去

2020年(令和2年)8月23日 死去 享年88歳

渡部恒三写真 

Page Top

政治家 渡部 恒三 さん死去

厚生相、通商産業相、衆院副議長、民主党最高顧問などを歴任し、政界の重鎮として活躍した 渡部 恒三(わたなべ こうぞう)元衆院副議長が 2020年(令和2年)8月23日午前2時8分、老衰のため福島県会津若松市内の病院で死去した。88歳だった。

1969年(昭和44年)に衆院に初当選し、自治相や通産相などを歴任。自由民主党所属時は竹下派七奉行の1人に名を連ねた。2005年、民主党に入党。「政界の水戸黄門」を自称し、ご意見番として存在感を発揮した。1996年に衆院副議長に就任、通算7年近くを務めた。在任期間は衆議院創設以来歴代最長。

人物 / 略歴

渡部 恒三(わたなべ こうぞう、1932年(昭和7年)5月24日 ~ 2020年8月23日)

元の姓名は渡部 恒蔵(読み同じ)。

福島県南会津郡田島町(現:南会津町)出身。

政治家。

勲一等旭日大綬章。

衆議院議員(14期)。

自由民主党所属時は竹下派七奉行の1人だった。

◆ 略 歴

早稲田大学第一文学部卒業。

大学在学中は雄弁会に所属。

1959年、福島県議会議員選挙に出馬し、初当選。

1969年(昭和44年)、第32回衆議院議員総選挙に旧福島2区から無所属で立候補し初当選。

以降、厚生大臣、自治大臣、国家公安委員会委員長、通商産業大臣、衆議院副議長などを歴任。

自由民主党所属時は竹下派七奉行の1人に名を連ねた。

1993年に自民党を離党。

1996年に衆議院副議長に就任(副議長在任日数2498日は衆議院創設以来最長記録)。

2012年11月15日、高齢を理由として次期衆院選には出馬しない意向を正式に表明。政界を引退した。

引退後は国民民主党の福島県連最高顧問を務めた。

2020年8月23日午前2時8分、老衰により福島県会津若松市内の病院で死去。88歳没。

特記事項

福島県議二期目に公職選挙法違反事件で有罪判決を受け、福島県議会議員を辞職している。

◆ 主な政歴

◇ 衆議院議員(14期)
◇ 衆議院副議長(第60・61代)
◇ 厚生大臣(第64代)
◇ 自治大臣(第39代)
◇ 国家公安委員会委員長(第49代)
◇ 通商産業大臣(第55代)
◇ 自由民主党国会対策委員長(第32代)
◇ 新進党政務会長(第2代)
◇ 兼国会運営委員長(第2代)
◇ 同総務会長(初代)
◇ 無所属の会代表(第3代)
◇ 民主党国会対策委員長(第11代)
◇ 同最高顧問

◆ A Related Words :
渡部恒三 息子/渡部恒三 今/渡部恒三氏/渡部恒三画像/渡部恒三 自宅/渡部恒三 原発/渡部恒三 巨人/渡部恒三 画像/渡部恒三 起き上がりこぼし/渡部恒三息子/渡部恒三 略歴/渡部恒三 プロフィール/渡部恒三 死去/訃報 渡部恒三

Page Top

Mobile View / Desk Top