追悼の森 =なかにし礼さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2020年 著名人訃報一覧 Ver.35
nagomi画像

小説家、作詞家 なかにし礼 さん死去

2020年(令和2年)12月23日 死去 享年82歳

なかにし礼写真 

Page Top

小説家、作詞家 なかにし礼 さん死去

数多くのヒット曲を手掛けた作詞家で、直木賞作家でもある なかにし 礼(なかにし れい)さが 2020年(令和2年)12月23日、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。本名は中西 礼三(なかにし れいぞう)。

大学在学中からシャンソンの訳詞を手掛け、菅原洋一が歌った「知りたくないの」のヒットをきっかけに、本格的に作詞家の道に進んだ。1968年には黛ジュンの「天使の誘惑」、1970年には菅原洋一の「今日でお別れ」、1982年には細川たかしの「北酒場」で日本レコード大賞を受賞。そのほか4000曲以上を生み出した。また、2000年には民謡を題材にした「長崎ぶらぶら節」で直木賞を獲得。2012年(平成24年)に食道がんがみつかり治療に専念。闘病生活を記録した著書も話題になった。

人物 / 略歴

なかにし 礼(なかにし れい、1938年(昭和13年)9月2日 ~ 2020年12月23日)

本名は中西 禮三(なかにし れいぞう)。小説家、作詞家。

現在の中華人民共和国黒竜江省に生まれる。

◆ 略 歴

終戦後、満州から引き揚げた。

東京都立九段高等学校卒業。

1965年、大学では、中退と再入学、転科を経て、立教大学文学部仏文科を卒業。

大学在学中、1963年に最初の妻と結婚。

一女をもうけたが、1968年に離婚。

1998年に兄を描いた小説「兄弟」で第119回直木賞候補となる。

2000年には「長崎ぶらぶら節」で第122回直木賞を受賞。

2012年3月5日、食道癌であることを公表。治療のため休業することを明らかにした。

インターネットを活用して陽子線療法の存在を見つけるなど、闘病の様子は著書「生きる力 心でがんに克つ」に詳しい。

闘病の結果がんを克服、同年10月に復帰。

2015年3月、自身のラジオ番組「なかにし礼「明日への風」」で癌を再発し、休養することを明らかにした。

2015年6月、単行本「生きるということ」刊行。

2015年9月、再発がんが消えたことを語り、公式サイトでも発表。

2020年秋に持病の心臓病が悪化し療養。

2020年12月23日午前4時23分、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去。82歳だった。

特記事項

配偶者:石田ゆり(中西由利子)※ いしだあゆみの実妹。

◆ 主な受賞歴

◇ 日本レコード大賞(3回)
◇ 日本作詩大賞(2回)
◇ 直木三十五賞(2000年)

◆ 著書(2010年以降)

◇ わが人生に悔いなし - 2019年、河出書房新社

◇ がんに生きる - 2018年、小学館

◇ 芸能の不思議な力 - 2018年。毎日新聞出版

◇ 夜の歌 - 2017年、毎日新聞社

◇ 闘う力 -再発がんに克つ - 2016年、講談社

◇ 生きるということ - 2015年、毎日新聞社

◇ 平和の申し子たちへ - 2014年、毎日新聞社

◇ 金色の翼 - 2014年、響文社

◇ 天皇と日本国憲法 - 2014年、毎日新聞社

◇ 生きる力 - 2013年、講談社

◇ 人生の教科書 - 2012年、ワニブックス

◇ 歌謡曲から「昭和」を読む - 2011年、NHK出版

◆ 長崎ぶらぶら節 - 1999年、文藝春秋、第122回直木賞受賞作

◆ 兄 弟 - 1998年、文藝春秋、第119回直木賞候補作

◆ A Related Words :
なかにし礼 石田ゆり/なかにし礼 息子/なかにし礼 嫁/なかにし礼 兄/なかにし礼と12人の/なかにし礼 兄弟/なかにし礼 曲/なかにし礼 妹/なかにし礼 風吹ジュン/なかにし礼と13人の/なかにし礼 略歴/なかにし礼 プロフィール/なかにし礼 死去/訃報 なかにし礼

Page Top

Mobile View / Desk Top