追悼の森 =宮城 まり子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2020年 著名人訃報一覧 Ver.5
nagomi画像

歌手、「ねむの木学園」園長
宮城 まり子 さん死去

2020年(令和2年)3月21日 死去 享年93歳

宮城まり子写真 

Page Top

俳優 宮城 まり子 さん死去

障害児福祉施設「ねむの木学園」の園長で歌手の 宮城 まり子(みやぎ まりこ)さんが 2020年(令和2年)3月21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。本名は本目真理子(ほんめ まりこ)。

1955年に「ガード下の靴みがき」などがヒット。女優としても活躍した。1968年に肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」(現:静岡県御前崎市)を設立し、園長に就任した。1979年には「ねむの木養護学校」を開設。1997年に掛川市に全面移転し、福祉の里「ねむの木村」をつくった。2012年瑞宝小綬章。

人物 / 略歴

宮城 まり子(みやぎ まりこ、1927年(昭和2年)3月21日 ~ 2020年3月21日)

本名:本目 眞理子(ほんめ まりこ)

現:東京都大田区に生まれる。

歌手・女優・映画監督・福祉事業家。

信心厚いクリスチャン(プロテスタント)でもある。

東京都名誉都民。

◆ 略 歴

幼くして母と死別するつらい少女時代を送った。

父親の仕事の関係で、小学校3年から大阪で育つ。

小学校卒業と同時に、弟と共に吉本興業に入り、歌謡曲を歌うようになった。

戦時中の1944年10月、17歳で大阪花月劇場で初舞台を踏む(芸名:宮城千鶴子)。

戦後の1948年、父親、弟の八郎と上京、浅草の舞台に立つ。

翌年、菊田一夫の推薦で日劇の舞台に主役として迎えられる。

1953年、レコードで歌った『毒消しゃいらんかね』が流行し、一躍歌手としてその名が知れ渡った。

その後、『ガード下の靴みがき』、『納豆うりの唄』、『てんてん娘』、『夕刊小僧』などヒットを連発。

NHK紅白歌合戦にも計8回出場している。

弟八郎は宮城秀雄の名前で作曲家として活躍した。

1958年、女優業として『12月のあいつ』で芸術祭賞を受賞。

1959年(昭和34年)には、『まり子自叙伝』で第4回テアトロン賞を受賞した。

1968年(昭和43年)、肢体不自由児の社会福祉施設「ねむの木学園」を設立。

この頃より、タレント活動は事実上引退状態となる。

1979年(昭和54年)、「ねむの木養護学校」を設立。

1997年に掛川市に全面移転し、福祉の里「ねむの木村」をつくった。

2007年3月、日本経済新聞『私の履歴書』に自伝を執筆。

2011年1月、自宅で転倒し腰椎を骨折して入院。

2012年(平成24年)、瑞宝小綬章を受章。

同年11月、銀座ヤマハホールでシャンソンを歌い、歌手活動を30年ぶりに再開。

2020年3月21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去。93歳没。

特記事項

作家の故・吉行淳之介とは長く交際し、彼の死までよきパートナー関係(都内の互いの自宅で同居)であった。

2011年2月、宮城の口座から現金をだまし取ったとして、ねむの木学園元職員と音楽家の朝比奈圭の2人が詐欺罪で逮捕。

同学園や宮城の個人口座からは計約5億円が引き出されているという。

2012年2月16日、東京高裁は、朝比奈圭に懲役4年の有罪判決を言い渡した(ねむの木学園元職員は実刑確定)。

◆ 主な表彰歴

◇ 1989年 - CD「ねむの木」および劇団「虹」により芸術祭賞
◇ 1991年 - 辻村教育賞、エイボン女性大賞
◇ 1992年 - 第1回ペスタロッチー教育賞
◇ 1993年 - 東京都文化賞
◇ 1994年 - 博報堂教育特別賞・文部大臣奨励賞
◇ 1996年 - 高木賞(主催:日本肢体不自由児協会)
◇ 2000年 - 第5回尾崎行雄咢堂賞、静岡県都市景観賞最優秀賞
◇ 2004年 - 東京都名誉都民称号受領
◇ 2012年 - 瑞宝小綬章

◆ A Related Words :
宮城まり子の今/宮城真理子アナウンサー/宮城真理子ねむの木学園/宮城まり子 吉行淳之介/宮城まり子 キャリアカウンセリング/宮城まり子の歌/宮城麻里子 結婚/宮城まり子 法政大学/宮城まり子 ねむの木学園/宮城真理子旦那/宮城まり子 略歴/宮城まり子 プロフィール/宮城まり子 死去/訃報 宮城まり子

Page Top

Mobile View / Desk Top