追悼の森 =原 信夫さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2021年 著名人訃報一覧 Ver.17
nagomi画像

ジャズミュージシャン 原 信夫 さん死去

2021年(令和3年)6月20日 死去 享年94歳

原信夫写真 

Page Top

ジャズミュージシャン 原 信夫 さん死去

戦後のジャズ界をけん引したサックス奏者の 原 信夫(はら のぶお)さんが 2021年(令和3年)6月20日午後9時48分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。94歳だった。本名は塚原 信夫(つかはら のぶお)。

富山県富山市出身。1943年、大日本帝國海軍軍楽隊に入団し、サックスを学んだ。1951年(昭和26年)に「原信夫とシャープス&フラッツ」を結成。日本のジャズの黎明(れいめい)期を切り開いた。国民的歌手の美空ひばりや、江利チエミのバックバンドを務め、NHK紅白歌合戦にも出演。1988年に紫綬褒章、1998年に旭日小綬章を受章。

人物 / 略歴

原 信夫(はら のぶお、1926年(大正15年)11月19日 ~ 2021年6月21日)

本名・塚原 信夫(つかはら のぶお)。

富山県富山市出身。

1926年、樺太に生まれる。

ジャズミュージシャン。テナーサックス奏者。

◆ 略 歴

岩瀬尋常高等小学校を卒業。

富山市の機械工業青年学校のブラスバンド部に入部。

1943年、大日本帝國海軍軍楽隊に入団。

横浜海兵団に配属され、終戦まで海軍軍楽隊で過ごす。

1950年、神奈川県横浜市のキャバレーで演奏していたバンド『ムーンライト』に参加。

その後、ムーンライトのリーダーに就任。

芸名を『原信夫』に改め、バンド名を『シャープス・アンド・フラッツ(#&♭)』に改名した。

以後、『シャープスアンドフラッツ』を率いて多くの有名ジャズマンたちと共演する。

1963年から『第14回NHK紅白歌合戦』の演奏を担当した。

また、『歌のグランド・ショー』などのNHKの音楽番組にも、専属バンドとして出演した。

1990年頃より、全国の学校のブラスバンド部を訪れて音楽の指導を行っている。

2008年、自身が81歳の高齢となったこともあり、シャープスアンドフラッツ結成57周年を機に、音楽界の第一線を退くことを明らかにした。

2016年11月19日、アクトシティ浜松 大ホールにて『ビッグボス原信夫 卒寿フェスティバル』を開催。

2021年6月21日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。94歳没。

特記事項

2009年9月6日には皇居東御苑・桃華楽堂にて「天皇皇后両陛下御成婚50年及び天皇陛下御即位20年奉祝行事」に出演。

1988年に紫綬褒章、1998年に旭日小綬章を受章。

◆ 作曲作品

◇ 『真赤な太陽』(歌:美空ひばり)
◇ 『むらさきの夜明け』(歌:美空ひばり)
◇ 『古都』(インストゥメンタル曲)

◆ NHK紅白歌合戦 / 出演歴

◇ 第14回NHK紅白歌合戦 - 1963年/紅組演奏
◇ 第15回NHK紅白歌合戦 - 1964年/紅組演奏
◇ 第16回NHK紅白歌合戦 - 1965年/紅組演奏
◇ 第17回NHK紅白歌合戦 - 1966年/紅組演奏
◇ 第18回NHK紅白歌合戦 - 1967年/紅組演奏
◇ 第19回NHK紅白歌合戦 - 1968年/紅組演奏 -後半担当
◇ 第20回NHK紅白歌合戦 - 1969年/紅組演奏 -前半担当
◇ 第22回NHK紅白歌合戦 - 1971年/紅組演奏
◇ 第25回NHK紅白歌合戦 - 1974年/紅組演奏

◆ A Related Words :
原信夫とシャープフラッツ/原信夫 追悼番組/原信夫シングシングシング/原信夫 コンサート/原信夫 孫/原信夫シング/原信夫 現在/原信夫とシャープフラッツ メンバー/原信夫 美空ひばり/原信夫 富山/原信夫 略歴/原信夫 プロフィール/原信夫 死去/訃報 原信夫

Page Top

Mobile View / Desk Top