追悼の森 =第49代横綱 栃ノ海さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2021年 著名人訃報一覧 Ver.4
nagomi画像

元大相撲 第49代横綱
栃ノ海 晃嘉 さん死去

2021年(令和3年)1月29日 死去 享年82歳

栃ノ海写真 栃ノ海写真

Page Top

第49代横綱 栃ノ海 さん死去

大相撲の第49代横綱 栃ノ海 晃嘉(とちのうみ てるよし)さんが 2021年(令和3年)1月29日未明、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。82歳だった。本名は花田 茂広(はなだ しげひろ)。

青森県南津軽郡出身。1955年(昭和30年)、弘前商業高校を3年生の夏で中退して入門、同年9月場所に本名の「花田」で初土俵を踏んだ。現役時代は技巧派横綱として活躍。優勝3度、横綱を2年10カ月務めた。現役引退後、春日野部屋の部屋付き親方となり、春日野を支えた。存命の歴代横綱では最年長の82歳だった。

人物 / 略歴

栃ノ海 晃嘉(とちのうみ てるよし、1938年(昭和13年)3月13日~2021年(令和3年)1月29日)

本名は花田 茂廣(はなだ しげひろ)。

現:青森県南津軽郡田舎館村出身。

元大相撲力士。第49代横綱。

◆ 略 歴

1955年(昭和30年)、弘前商業高校を3年生の夏で中退して入門、同年9月場所に本名の「花田」で初土俵を踏んだ。

高校時代は2年生まで野球部で4番を打ち、3年生から相撲部に転部していた。

1959年1月場所で新十両昇進を果たした。

1960年3月場所で新入幕を果たす。

1962年5月場所では14勝1敗で初の幕内最高優勝を果たした。

場所終了後、兄弟子・栃光正之と共に大関へ昇進した。

1963年11月場所では大鵬幸喜・柏戸剛をなで斬りにし、14勝1敗で二度目の優勝を成し遂げた。

1964年1月場所は13勝2敗の好成績を挙げ、場所後の横綱昇進を果たした。

横綱2場所目の1964年5月場所では、13勝2敗で3度目の優勝を果たしたが、同場所が最後の優勝となってしまった。

1966年11月場所を最後に現役引退を表明した。

現役引退後、春日野部屋の部屋付き親方となり、春日野を支えた。

2020年8月29日に、若乃花幹士を抜いて歴代2位の長寿横綱となった。

2021年1月29日、誤嚥性肺炎のため死去した。82歳没。

特記事項

鶏モモのローストが大好物で、一度に23本食べたこともあったという。

私生活では歌手の高橋七重と結婚したが、後に離婚。元宝塚歌劇団団員と再婚した。

◆ 主な成績

◇ 通算成績:478勝261敗104休 勝率.647
◇ 幕内成績:315勝181敗104休 勝率.635
◇ 大関成績:101勝44敗5休 勝率.697
◇ 横綱成績:102勝69敗84休 勝率.596
◇ 現役在位:64場所
◇ 幕内在位:40場所
◇ 横綱在位:17場所
◇ 大関在位:10場所

◆ A Related Words :
栃ノ海の現在/栃ノ海 コロナ/栃ノ海 北の富士/栃ノ海の花田茂広/栃ノ海死去/栃ノ海 力士/栃ノ海 花田/栃ノ海 画像/栃ノ海力士情報/栃ノ海 親戚/栃ノ海 略歴/栃ノ海 プロフィール/栃ノ海 死去/訃報 栃ノ海

Page Top

Mobile View / Desk Top