追悼の森 =越路吹雪さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】Etc-113
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

シャンソン歌手、舞台女優  越路吹雪 さん死去

1980年(昭和55年)11月7日 死去 享年56歳

越路吹雪写真  

シャンソン歌手、舞台女優  越路吹雪 さん死去

日本のシャンソンの女王と呼ばれた 越路 吹雪(こしじ ふぶき)さんが1980年(昭和55年)11月7日、胃がんのため東京都目黒区の東京共済病院で死去した。56歳だった。

宝塚歌劇団の男役スターとして活躍。宝塚退団後は女優として主にミュージカルで活躍した。特にシャンソンにおいては岩谷時子とともに数多くの曲を日本に紹介した。今年6月、公演中に激しい胃の痛みを訴え緊急入院。東京都目黒区の東京共済病院で胃の5分の4を切除する大手術を受けていた。

人物 / 略歴

越路 吹雪(こしじ ふぶき、1924年(大正13年)2月18日 ~ 1980年(昭和55年)11月7日)

東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区麹町)出身(山梨県出身の説もある)。本名は内藤美保子(ないとう みほこ)。歌手、舞台女優。

愛称はコーちゃん、コッシー。

所属レコード会社は日本コロムビア→東芝音楽工業(その後東芝EMIに改称、現・EMIミュージック・ジャパン)。

◆ 略 歴

日本のシャンソンの女王。戦中から戦後にかけて宝塚歌劇団の男役スターとして活躍。

1951年(昭和26年)の宝塚退団後は、女優として主にミュージカルで活躍したほか、特にシャンソンにおいては岩谷時子とともに数多くの曲を日本に紹介した。

1958年(昭和33年)にテアトロン賞、1965年(昭和40年)に第7回日本レコード大賞、1968年(昭和43年)に文化庁芸術祭奨励賞など、多くの賞を受賞した。

映画は市川崑作品などに出演している。

1964年(昭和39年)8月31日から始まった、フジテレビ系音楽番組『ミュージックフェア』の初代司会者でもある。

夫は4~5歳年下で作曲家の内藤法美。子宝には恵まれなかったが最後まで連れ添った。

彼女のファンの1人が佐藤栄作元首相夫人の佐藤寛子で、後援会会長を引き受けていた。

晩年の1980年(昭和55年)6月、西武(現・PARCO)劇場の出演中激しい胃の痛みを訴え、公演終了直後に緊急入院。胃潰瘍との診断を受け、7月8日に東京都目黒区の東京共済病院で、胃の5分の4を切除する大手術を受けた。

術後の復帰を目指してリハビリに励んだが、その後も入退院を3回繰り返すものの、1980年(昭和55年)11月7日、胃がんのため東京都目黒区の東京共済病院で死去した。56歳没。

特記事項

彼女の本当の病名は胃潰瘍ではなく末期の胃癌で、腹膜にも多数の癌が転移していたが、最後まで本人には知らされなかった。

◆ 越路吹雪 / 代表曲

◇ 『ラストダンスは私に』 - もともとはザ・ドリフターズの「Save the Last Dance for Me」をカバーした曲。
◇ 『愛の讃歌』 - この曲が収録されているレコード・CD等の売上枚数は200万枚以上を数える。
◇ 『挽歌』 - 同名映画の主題歌。
◇ 『ある愛の詩』 - 同名映画の主題歌。
◇ 『イカルスの星』
◇ 『サン・トワ・マミー』
◇ 『夢の中に君がいる』
◇ 『誰もいない海』
◇ 『夜霧のしのび逢い』
◇ 『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』 - この曲の歌唱により1965年度の第7回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
◇ 『別離(わかれ)』
◇ 『ろくでなし』
◇ 『メランコリー』
◇ 『そして今は』
◇ 『一寸おたずねします』
◇ 『人生は過ぎゆく』
◇ 『家に帰るのがこわい』
◇ 『冬の蛍』
◇ 『ビギン・ザ・ビギン』
◇ 『哀れなジャン』
◇ 『じらさないで』

◆ A Related Words :
越路吹雪 タバコ/越路吹雪 ラストダンスは私に/ろくでなし越路吹雪/越路吹雪 宝塚/美輪明宏 越路吹雪/愛の賛歌 越路吹雪/越路吹雪 日本酒/越路吹雪 小朝/越路吹雪 バラ色の人生/越路吹雪 身長/越路吹雪 プロフィール/越路吹雪 略歴/越路吹雪 死去/越路吹雪 訃報/越路吹雪 岩谷時子/斉藤和義 越路吹雪/越路吹雪 画像/越路吹雪 CD/越路吹雪 歌詞/越路吹雪物語/越路吹雪サントワマミーアナログ

Page Top

スマートフォン / PC サイト