追悼の森 =杉村春子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】Etc-117
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

女優  杉村春子 さん死去

1997年(平成9年)4月4日 死去 享年91歳

杉村春子写真  

女優  杉村春子 さん死去

日本を代表する女優で文化功労者の 杉村 春子(すぎむら はるこ)さんが1997年(平成9年)4月4日午前零時30分、すい臓がんのため東京都文京区の日本医科大病院で死去した。91歳だった。

日本演劇界の中心的存在として活躍。1974年(昭和49年)に文化功労者に選ばれた。1995年(平成7年)には文化勲章の候補に名があがったが「私には大き過ぎる」と辞退して話題になった。NHKドラマ「棘・おんなの遺言状」を降板し 今年1月に体調を崩し入院していた。

人物 / 略歴

杉村 春子(すぎむら はるこ、1906年1月6日 ~ 1997年4月4日)

広島県広島市出身。本名は石山 春子(いしやま はるこ)。旧姓は中野。 新劇女優。

築地小劇場より始まり文学座に至る日本の演劇界の屋台骨を支え続け、演劇史・文化史に大きな足跡を残した文字通り、日本を代表するカリスマ女優。

◆ 略 歴

遊女の私生児として広島市の色街に出生。材木商の養女にもらわれ何不自由なく育つ。

山中高等女学校(現・広島大学付属福山高)卒業後、広島女学院で音楽の代用教員をしていたが、築地小劇場(俳優座の前身)の研究生となる。

1937年、岸田国士、久保田万太郎、岩田豊雄らが創立した劇団文学座の結成に参加。以来、同座のみならず、日本演劇界の中心的存在として活躍。

特に戦時1945年4月、東京大空襲下の渋谷東横映画劇場で初演された森本薫作『女の一生』の布引けいは当たり役となり、1990年までに上演回数は900回を超え、日本の演劇史上に金字塔を打ち立てた。

1948年には演劇部門で戦後初の芸術院賞を受賞した。

しかし、1963年1月、中堅劇団員の大半が文学座を集団脱退し、現代演劇協会・劇団雲を結成。

さらに同年12月には、それまで杉村主演の戯曲を何本も書いていた三島由紀夫の新作戯曲上演拒否問題(喜びの琴事件)が起こって、三島を筆頭に文学座の古参劇団員が次々に脱退していった。

文学座は、主要メンバーの2度にわたる大量離脱で創立以来最大の危機を迎えたが、太地喜和子、江守徹、樹木希林、小川真由美、高橋悦史ら若手を育てることで何とか乗り切った。

戦後、『女の一生』の再演は文学座が立ち直るきっかけとなった。経営の苦労が身に染みて知る杉村はお客を大切にした。このことは新劇の商業演劇進出の走りといわれる。

その後も小津安二郎、黒澤明、成瀬巳喜男、豊田四郎、木下惠介といった名監督たちから、既存の映画俳優には無い自然でリアルな演技力を高く評価され、『東京物語』を初め日本映画史を彩る名作群約100本に出演、映画史にもその名を刻んだ。

1974年、文化功労者に選ばれた。

1996年日本新劇俳優協会会長。

1997年1月19日、NHKドラマ『棘・おんなの遺言状』の収録中に貧血と腰痛を訴えて入院し降板、代役は南美江が演じた。

2月に入り文学座の会見では「十二指腸潰瘍」と発表されたが、そのときすでに膵臓癌でもあると、医師から文学座の社長・戌井市郎・北村和夫・江守徹など近しい人にだけ知らされていたという。

3月に新橋演舞場で予定されていた『華岡青洲の妻』も緊急降板、代役は藤間紫が演じた。

1997年(平成9年)3月16日に意識が混濁、4月4日午前0時30分、頭部膵臓癌のため東京都文京区にある日本医科大学病院で、長女のヒロ、当時70歳の長年のファン女性二人に最期を看取られ逝去。

本人は癌であることは知らされず亡くなる直前まで台本を読んでおり、最期まで女優であり続けた。享年91。死後、政府から銀杯一組が贈られた。

特記事項

東京都名誉都民。

1998年、若手演劇人の育成に力を注いだ杉村の遺志を尊重し、新人賞的意味合いを持つ杉村春子賞が新たに創設された。

◆ 杉村春子 / 主な出演映画(1960年以降)

◇ 足にさわった女(1960年、監督:増村保造)
◇ 沓掛時次郎(1961年、監督:池広一夫)
◇ 小早川家の秋(1961年、監督:小津安二郎)
◇ 女の座(1962年、監督:成瀬巳喜男)
◇ 破戒  大映京都  ... 奥様 1962.04.06
◇ 秋刀魚の味(1962年、監督:小津安二郎)
◇ 母(1963年、監督:新藤兼人)
◇ 海軍(1963年、脚本:新藤兼人)
◇ 香華(1964年、監督:木下惠介)
◇ 怪談(1964年、監督:小林正樹) ※第4エピソード「茶碗の中」に出演
◇ 赤ひげ(1965年、監督:黒澤明)
◇ 化石の森(1973年、監督:篠田正浩)
◇ 悪名 縄張荒らし(1974年、監督:増村保造)
◇ ぼく東綺譚(1992年、監督:新藤兼人)
◇ 午後の遺言状(1995年、監督:新藤兼人) ※主演

◆ 杉村春子 / テレビドラマ(1980年以降)

◇ かたぐるまII(1980年、日本テレビ)
◇ 竹とんぼ(1980年、日本テレビ)
◇ 関ヶ原(1981年、TBS)
◇ かたぐるまIII(1981年、日本テレビ)
◇ 春よ来い(1982年、日本テレビ)
◇ 今朝の秋(1987年、NHK)
◇ 忠臣蔵・女たち・愛(1987年、TBS)
◇ おんなは一生懸命(1988年、TBS)
◇ いまどき銀座物語ぼんぼん(1989年、フジテレビ)
◇ 渡る世間は鬼ばかり(1991年、TBS)立花ワカ役(特別出演)
◇ 春よ、来い(1995年、NHK連続テレビ小説)

◆ A Related Words :
杉村春子 長女/杉村春子 性格/杉村春子 太地喜和子/杉村春子の生涯/杉村春子 ドラマ/山田五十鈴 杉村春子/杉村春子 夫/お笑い芸人 杉村春子/杉村春子 写真/杉村春子 女の一生/杉村春子 プロフィール/杉村春子 略歴/杉村春子 死去/杉村春子 訃報/杉村春子の子供/杉村春子 画像/杉村春子 写真/杉村春子 血液型/杉村春子物語/杉村春子 仲谷昇

Page Top

スマートフォン / PC サイト