追悼の森 =木下恵介さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】Etc-122
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

映画監督  木下恵介 さん死去

1998年(平成10年)12月30日 死去 享年86歳

木下恵介写真  

映画監督  木下恵介 さん死去

映画監督の 木下 恵介(きのした けいすけ)さんが1998年(平成10年)12月30日午前3時10分、脳梗塞のため東京都港区の自宅で死去した。86歳だった。

1943年(昭和18年)監督となり「花咲く港」で山中貞雄賞を受賞し華々しくデビューした。映画からテレビドラマまで多数の作品を発表し戦後の映画、テレビドラマ界に大きな影響を与えた。1977年(昭和52年)に紫綬褒章を受章。1991年(平成3年)には文化功労者に選出された。

人物 / 略歴

木下 恵介(きのした けいすけ、1912年(大正元年)12月5日 ~ 1998年(平成10年)12月30日)

静岡県浜松市伝馬町に生まれる。本名は木下 正吉。映画監督、脚本家。

◆ 略 歴

静岡県浜松市伝馬町で食料品店を営む父・周吉、母・たまの8人兄弟の4男として生まれる。

浜松工業学校(現浜松工業高等学校)紡績科を卒業後上京。

1933年(昭和8年)松竹蒲田撮影所に入って島津保次郎監督の撮影助手となり、翌1934年(昭和9年)には新たに作られた松竹大船撮影所に移り、島津監督の下助監督となる。

1940年(昭和15年)に徴兵され、中国を転戦したが、翌年に戦傷のため内地送還され帰国した。

1943年(昭和18年)に監督となり、『花咲く港』で山中貞雄賞を受賞し、華々しくデビューした。

1951年(昭和26年)に『カルメン故郷に帰る』で戦後初の長編カラー映画を発表する。同作は、NHK映画ベストテン第1位、日本映画文化賞を受賞する。

1954年(昭和29年)『二十四の瞳』で、ブルーリボン賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞などを受賞。同年の「キネマ旬報ベストテン」では同作と『女の園』が黒澤明の『七人の侍』を抑えて1位・2位を独占する。

1964年(昭和39年)に松竹を退社し、テレビ界にも進出してテレビドラマも製作した。

1964年に木下恵介プロダクション(現在のドリマックス・テレビジョン)を設立する。

TBSに『木下恵介アワー』『木下恵介・人間の歌シリーズ』などの固定枠を提供されて多くのテレビドラマを制作、一部は脚本や演出を手がけた。

1969年には黒澤明、市川崑、小林正樹と共同プロダクション「四騎の会」を設立した。4大巨匠揃い踏みということで注目を集めたが、当初発表された4人共同監督による映画は結局実現しなかった。

映画、テレビドラマの監督と同時に脚本も数多く手がけている。

1977年(昭和52年)紫綬褒章を受章、1984年(昭和59年)には勲四等旭日小綬章を受章、1991年(平成3年)に文化功労者に選出される。

1998年(平成10年)12月30日午前3時10分、脳梗塞のため東京都港区の自宅で死去。享年86歳。

特記事項

生涯にメガホンをとった映画は49作品。

没後、その功績に対し、エランドール特別賞が贈られた。

戦中に実際はごく短い結婚生活を経験しているが、入籍しなかった。今で言う成田離婚に近いものであったようである。

◆ 木下恵介 / 監督作品

◇ 1943年 - 花咲く港
◇ 1943年 - 生きてゐる孫六
◇ 1944年 - 歓呼の町
◇ 1944年 - 陸軍
◇ 1946年 - 大曾根家の朝 (初めてキネマ旬報ベスト1に選ばれる。)
◇ 1946年 - わが恋せし乙女
◇ 1947年 - 結婚
◇ 1947年 - 不死鳥
◇ 1948年 - 女 (毎日映画コンクール監督賞。)
◇ 1948年 - 肖像
◇ 1948年 - 破戒 (毎日映画コンクール監督賞。)
◇ 1949年 - お嬢さん乾杯!
◇ 1949年 - 新釈四谷怪談
◇ 1949年 - 破れ太鼓
◇ 1950年 - 婚約指環
◇ 1951年 - 善魔
◇ 1951年 - カルメン故郷に帰る(日本初のカラー作品。)
◇ 1951年 - 少年期
◇ 1951年 - 海の花火
◇ 1952年 - カルメン純情す ( 『カルメン故郷に帰る』続編。)
◇ 1953年 - 日本の悲劇
◇ 1954年 - 女の園
◇ 1954年 - 二十四の瞳 (ゴールデングローブ賞外国語映画賞。)
◇ 1955年 - 遠い雲
◇ 1955年 - 野菊の如き君なりき
◇ 1956年 - 夕やけ雲
◇ 1956年 - 太陽とバラ
◇ 1957年 - 喜びも悲しみも幾歳月
◇ 1957年 - 風前の灯
◇ 1958年 - 楢山節考(ヴェネツィア国際映画祭コンペティション参加。)
◇ 1958年 - この天の虹
◇ 1959年 - 風花
◇ 1959年 - 惜春鳥
◇ 1959年 - 今日もまたかくてありなん
◇ 1960年 - 春の夢
◇ 1960年 - 笛吹川
◇ 1961年 - 永遠の人 (米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。)
◇ 1962年 - 今年の恋
◇ 1962年 - 二人で歩いた幾春秋
◇ 1963年 - 歌え若人達
◇ 1963年 - 死闘の伝説
◇ 1964年 - 香華
◇ 1967年 - なつかしき笛や太鼓
◇ 1976年 - スリランカの愛と別れ
◇ 1979年 - 衝動殺人・息子よ
◇ 1980年 - 父よ母よ! (カルロビバリ映画祭ファシスト闘争賞。)
◇ 1983年 - この子を残して
◇ 1986年 - 新・喜びも悲しみも幾歳月
◇ 1988年 - 父

◆ A Related Words :
木下恵介作品/木下恵介 二人の世界/木下恵介 映画/木下恵介 陸軍/木下恵介アワー 3人家族/日本の悲劇 木下恵介/木下恵介アワー 二人の世界/木下恵介 二十四の瞳/木下恵介dvd/バラ色の人生 木下恵介/木下恵介 プロフィール/木下恵介 略歴/木下恵介 死去/木下恵介 訃報/木下恵介生誕100年/木下恵介アワー 三人家族/木下恵介 兄弟/木下恵介 記念樹/木下恵介 TBS/木下恵介 CM/木下恵介劇場/木下恵介記念館

Page Top

スマートフォン / PC サイト