追悼の森 =笠智衆さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ら~り~る~れ~ろ~わ】 著名人訃報一覧【ら~り~る~れ~ろ~わ】Etc-145
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

俳優  笠 智衆 さん死去

1993年(平成5年)3月16日 死去 享年88歳

笠智衆写真  

俳優  笠 智衆 さん死去

寅さんシリ-ズの「御前様」役でも知られ、庶民映画の代表的な演技者の一人 笠 智衆(りゅう ちしゅう)さんが1993年(平成5年)3月16日、死去した。88歳だった。

1942年(昭和17年)公開の小津安二郎監督作品「父ありき」では初の主役を演じ、その父親像が評判となった。その後、山田洋次監督作品「寅さんシリ-ズ」の「御前様」役へ出演。一連の小津映画に並ぶ代表作となった。数年前からは膀胱癌(ぼうこうがん)を患うなど健康を害していたが最期まで現役をまっとうし存在感を維持し続けた。

人物 / 略歴

笠 智衆(りゅう ちしゅう、1904年(明治37年)5月13日 ~ 1993年(平成5年)3月16日)

熊本県玉名郡玉水村(現玉名市)立花に生まれる。 映画俳優。

◆ 略 歴

熊本県玉名郡玉水村(現玉名市)立花で父淳心、母トシの次男として生まれる。生家は浄土真宗本願寺派来照寺。

「笠智衆」というやや変わった名前は本名である。

玉水村立玉水尋常小学校、熊本県立玉名中学校を卒業後、旧制の東洋大学印度哲学科に入学。

大学は実家の寺を継ぐために進学すると両親には告げていたが、実際にはその気はなかったという。

1925年(大正14年)に大学を中退し、松竹キネマ蒲田撮影所の第一期研究生として入所。

俳優になることは本心ではなく、住職以外ならどのような職業でもよかったのだという。

それでも同年7月に父、淳心の死で一度住職を継ぐが、結局兄にその座を譲り1926年(大正15年)再度上京。以来、松竹映画の俳優としての道を歩み出す。

師と仰ぐ小津安二郎監督作品初出演は『若人の夢』。以後断続的に出演し、1935年の『東京の宿』以降は、『淑女は何を忘れたか』を除く全ての小津作品に出演した。

『一人息子』(1936年公開)でまだ32歳だったのに初めて老け役を演じ、好演。この老け役の成功が、笠の俳優としての地位を築くものとなる。

そして『父ありき』(1942年公開)では小津作品で初の主役を演じ、その父親像が評判となった。

国内・海外を問わず、小津映画を研究する者は小津作品における笠を小津映画の語り部、小津の分身と称えている。

1969年からは山田洋次監督作品の『男はつらいよ』シリーズへ出演。一連の小津映画に並ぶ笠の代表作となった。

1965年、NHK朝の連続テレビ小説『たまゆら』の主演で、テレビドラマへも進出。1989年放送の『春までの祭り』まで約90本のドラマへ出演。

倉本總とは『幻の町』『波の盆』、山田太一は『ながらえば』『冬構え』『今朝の秋』などで主演・脚本というかたちでコンビを組みいずれも高い評価を受けている。

『今朝の秋』ではテレビドラマ最高齢主演記録(放映時、83歳)を樹立した。

1993年(平成5年)3月16日、死去した。享年88歳。

特記事項

亡くなる約3ヵ月前に封切られた映画『男はつらいよ 寅次郎の青春』(シリーズ第45作、1992年)が遺作となった。

没後も2000年、キネマ旬報による「20世紀の映画スター・日本編」で男優部門の5位に選ばれるなど、根強い人気を誇っている。

◆ 笠 智衆 / 主な受賞歴

◇ 1948年(昭和23年) 『手をつなぐ子等』(稲垣浩監督)で毎日日本映画コンクール男優演技賞受賞
◇ 1951年(昭和26年) 『カルメン故郷に帰る』、『麦秋』などに出演。毎日日本映画コンクール男優演技賞受賞
◇ 1967年(昭和42年) 紫綬褒章受章
◇ 1970年(昭和45年) 『家族』(山田洋次監督)で毎日日本映画コンクール男優助演賞受賞
◇ 1975年(昭和50年) 勲四等旭日小綬章受章
◇ 1988年(昭和63年) 東京都文化賞受賞・天水町名誉町民
◇ 1990年(平成2年) 第8回川喜多賞受賞・熊本県近代文化功労者

◆ 笠 智衆 / 出演CM

◇ 春詰み烏龍茶(1992年、キリン)

◆ 笠 智衆 / 主な出演テレビドラマ

◇ テレビドラマ[編集]たまゆら(1965年 - 1966年、NHK)
◇ 孤独のメス(1969年、TBS)
◇ 男は度胸(1970年 - 1971年、NHK)
◇ おれは男だ!(1971年 - 1972年、日本テレビ) - 小林源之助 役
◇ おこれ!男だ(1973年 - 1974年、日本テレビ)
◇ 走れ!ケー100(1973年、TBS) - 北川久作 役
◇ 松本清張シリーズ・遠い接近(1975年、NHK土曜ドラマ) - 山尾信治の父 役
◇ 幻の町(1976年、北海道放送)
◇ 火の国に(1976年 - 1977年、NHK)
◇ 冬の桃(1977年、NHK)
◇ 浮浪雲(1978年、テレビ朝日)
◇ 沿線地図(1979年、TBS) - 松本謹造 役
◇ 獅子の時代(1980年、NHK大河ドラマ)
◇ あ・うん(1980年 - 1981年、NHK)
◇ 関ヶ原(1981年、TBS)
◇ ながらえば(1982年、NHK)
◇ 波の盆(1983年、日本テレビ)
◇ 北の国から'83冬(1983年、フジテレビ)
◇ 冬構え(1985年、NHK)
◇ 花嫁人形は眠らない(1986年、TBS) - 善吉 役
◇ 今朝の秋(1987年、NHK)
◇ 春までの祭り(1989年、フジテレビ)

◆ A Related Words :
笠智衆 息子/笠智衆の孫/笠智衆 男はつらいよ/笠智衆 写真集/YouTube 笠智衆/ながらえば 笠智衆/東京家族 笠智衆/笠智衆 今朝の秋/北の国から 笠智衆/俳優 笠智衆/笠智衆 プロフィール/笠智衆 略歴/笠智衆 死去/笠智衆 訃報/笠智衆 御前様

Page Top

スマートフォン / PC サイト