追悼の森 =川端康成さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】Etc-147
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  川端康成 さん死去

1972年(昭和47年)4月16日 死去 享年72歳

川端康成写真  

作家  川端康成 さん死去

日本人初となるノーベル文学賞を受賞した作家の 川端 康成(かわばた やすなり)さんが1972年(昭和47年)4月16日、死去した。72歳だった。

「伊豆の踊子」や「雪国」「千羽鶴」「山の音」「眠れる美女」「古都」など死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品を多く発表し、1968年(昭和43年)に日本人では初となるノーベル文学賞を受賞した。神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の自室、仕事部屋で死亡しているのが発見された。死因についてはガス自殺が通説とされている。

人物 / 略歴

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 ~ 1972年(昭和47年)4月16日)

大阪府大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)に生まれる。 小説家。

横光利一らと共に『文藝時代』を創刊し、新感覚派の代表的作家として活躍。

◆ 略 歴

東京帝国大学文学部国文学科卒業。

父は栄吉(医師)、母はゲン。姉芳子。幼くして近親者を亡くす。

1906年(明治39年)、豊川尋常高等小学校(現在の茨木市立豊川小学校)に入学。

1912年(明治45年)大阪府立茨木中学校(現在の大阪府立茨木高等学校)に首席で入学。中学校の寄宿舎に入り、そこで生活を始めた。

作家を志したのは中学2年のときで、1916年(大正5年)から『京阪新報』に小作品、『文章世界』に短歌を投稿するようになった。

1917年(大正6年)に卒業すると上京し、浅草蔵前の従兄の家に居候し、予備校に通い始め、第一高等学校の一部乙、英文科に入った。

1920年(大正9年)に卒業し、東京帝国大学文学部英文学科に入学。

1921年(大正10年)、『新思潮』を創刊、同年そこに発表した「招魂祭一景」が菊池寛らに評価され、1923年(大正12年)に創刊された『文藝春秋』の同人となった。

1924年卒業した(卒論は「日本小説史小論」)。

同年、横光利一、片岡鉄兵、中河与一、佐佐木茂索、今東光ら14人とともに同人雑誌『文藝時代』を創刊。同誌には「伊豆の踊子」などを発表した。

1926年(大正15年)処女短篇集『感情装飾』を刊行。

1927年(昭和2年)、前年結婚(入籍は昭和6年12月2日)した夫人とともに豊多摩郡杉並町馬橋(高円寺)に移転。同人雑誌『手帖』を創刊し、のちに『近代生活』『文学』『文学界』の同人となった。

1937年(昭和12年)『雪国』で文芸懇話会賞を受賞。
1944年(昭和19年)『故園』『夕日』などにより菊池寛賞を受賞。
1948年(昭和23年)に日本ペンクラブ第4代会長に就任。
1958年(昭和33年)に国際ペンクラブ副会長に就任。
1965年(昭和40年)に日本ペンクラブ会長を辞任したが、翌年に肝臓炎のために東大病院に入院した。

1968年(昭和43年)10月に、「日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による彼の叙述の卓越さに対して、ノーベル文学賞受賞が決定した。

12月のストックホルムでの授賞式には、モーニングではなく、文化勲章を掛け紋付羽織袴で臨んだ。

日本近代文学館の名誉館長にも就任した。ノーベル賞受賞後発表した作品は、短編が数作品あるだけで、ノーベル賞授与が重圧になったといわれる。

1972年(昭和47年)4月16日、神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の自室、仕事部屋で死亡しているのが発見された。享年72。

翌1973年に財団法人川端康成記念会によって川端康成文学賞が設けられ、現在まで続いている。

1985年(昭和60年)には、茨木市立川端康成文学館が開館した。なお茨木市名誉市民にもなっている。

特記事項

◆ 死因について

死亡当時、死因は自殺と報じられ、それが通説となっている。これについては死亡前後の状況から自殺を疑い、事故死とする見解がある。

◆ 自殺説

交遊の深かった三島の割腹自殺に大きな衝撃を受けたとされる。川端は葬儀委員長でもあった。

1971年東京都知事選挙に自由民主党から立候補した秦野章の支援に担ぎ出されたことへの羞恥。

老いへの恐怖などによる強度の精神的動揺。

川端が好きだった家事手伝いの女性が辞めたから。(臼井吉見の小説『事故のてんまつ』筑摩書房、1977年。)
※この作品は遺族より名誉毀損で提訴を受け、和解の際の条件により絶版となった。

◆ 事故死説

以前より睡眠薬を常用していた(深夜に執筆を集中して行うことが多い作家では、珍しいことではない)。

遺書がなかった。

ふだん自ら操作することのなかった暖房器具の使用ミス(ガスストーブの未燃焼ガスが部屋に充満したとされる)。

◆ 川端康成 / 受賞歴

◇ 1937年(昭和12年) - 『雪国』で文芸懇話会賞
◇ 1944年(昭和19年) - 『故園』『夕日』などで菊池寛賞
◇ 1952年(昭和27年) - 『千羽鶴』で芸術院賞
◇ 1954年(昭和29年) - 『山の音』で第7回野間文芸賞
◇ 1958年(昭和33年) - 東京国際ペンクラブでの努力により第6回菊池寛賞
◇ 1962年(昭和37年) - 『眠れる美女』で第16回毎日出版文化賞
◇ 1968年(昭和43年) - ノーベル文学賞

◆ 川端康成 / 栄 典

◇ 1959年(昭和34年) - ゲーテメダル
◇ 1960年(昭和35年) - 芸術文化勲章(オフィシエ)
◇ 1961年(昭和36年) - 文化勲章

◆ 川端康成 / 作品一覧

◇ 『感情装飾』(1926年、金星堂)
◇ 『伊豆の踊子』(1927年、金星堂)
◇ 『浅草紅団』(1930年、先進社)
◇ 『水晶幻想』(1931年、改造社)
◇ 『化粧と口笛』(1933年、新潮社)
◇ 『抒情歌』(1934年、竹村書房)
◇ 『禽獣』(1935年、野田書房)
◇ 『純粋の声』(1936年、沙羅書店)
◇ 『花のワルツ』(1936年、改造社)
◇ 『雪国』(1937年、創元社)
◇ 『むすめごころ』(1937年、竹村書房)
◇ 『女性開眼』(1937年、創元社)
◇ 『級長の探偵』(1937年、中央公論社)
◇ 『乙女の港』(1938年、実業之日本社)
◇ 『寝顔』(1941年、有光社)
◇ 『愛する人達』(1941年、新潮社)
◇ 『文章』(1942年、東峰書房)
◇ 『美しい旅』(1942年、実業之日本社)
◇ 『高原』(1942年、甲鳥書林)
◇ 『朝雲』(1945年、新潮社)
◇ 『愛』(1945年、養徳社)
◇ 『駒鳥温泉』(1945年、湘南書房)
◇ 『日雀』(1946年、新紀元社)
◇ 『夕映少女』(1946年、丹頂書房)
◇ 『温泉宿』(1946年、実業之日本社)
◇ 『虹』(1947年、四季書房)
◇ 『一草一花』(1948年、青龍社)
◇ 『私の伊豆』(1948年、弘文堂)
◇ 『哀愁』(1949年、細川書店)
◇ 『新文章読本』(1950年)
◇ 『舞姫』(1951年、新潮文庫)
◇ 『千羽鶴』(1952年、筑摩書房)
◇ 『再婚者』(1953年、三笠書房)
◇ 『日も月も』(1953年、中央公論社)
◇ 『川のある下町の話』(1954年、新潮社)
◇ 『山の音』(1954年、筑摩書房)
◇ 『呉清源棋談・名人』(1954年、文藝春秋新社)
◇ 『童謡』(1954年、東方社)
◇ 『伊豆の旅』(1954年、中央公論社)
◇ 『東京の人』(1955年、新潮社)
◇ 『みづうみ』(1955年、新潮社)
◇ 『燕の童女』(1955年、筑摩書房)
◇ 『女であること』(1955・56年、新潮社)
◇ 『富士の初雪』(1958年、新潮社)
◇ 『風のある未知』(1959年、角川書店)
◇ 『眠れる美女』(1961年、新潮社)
◇ 『古都』(1962年、新潮社)
◇ 『美しさと哀しみと』(1965年、中央公論社)
◇ 『片腕』(1965年、新潮社)
◇ 『落花流水』(1966年、新潮社)
◇ 『月下の門』(1967年、大和書房)
◇ 『美の存在と発見』(1969年、毎日新聞社)
◇ 『ある人の生のなかに』(1972年、河出書房新社)
◇ 『たんぽぽ』(1972年、新潮社)
◇ 『竹の声桃の花』(1973年、新潮社)
◇ 『日本の美のこころ』(1973年、講談社)

◆ A Related Words :
川端康成 雪国/川端康成 死因/川端康成 藤圭子/川端康成 作品/三島由紀夫 川端康成/川端康成 加賀まりこ/川端康成 山の音/川端康成 人物/川端康成記念館/古都 川端康成/川端康成 プロフィール/川端康成 略歴/川端康成 死去/川端康成 訃報/川端 康成 文学賞/川端 康成 全集/川端 康成 記念館/川端 康成 双子/かつ吉 川端康成/川端康成 片腕/川端康成 ノーベル賞

Page Top

スマートフォン / PC サイト