追悼の森 =松田優作さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】Etc-149
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

俳優、歌手  松田 優作 さん死去

1989年(平成元年)11月6日 死去 享年40歳

松田優作写真  

俳優、歌手  松田優作 さん死去

刑事ドラマ「太陽にほえろ!」のジーパン刑事で知られた俳優の 松田 優作(まつだ ゆうさく)さんが1989年(平成元年)11月6日午後6時45分、膀胱癌(ぼうこうがん)の腰部転移のため東京都武蔵野市の武蔵野陽和会病院(旧:西窪病院)で死去した。40歳だった。

1973年(昭和48年)刑事ドラマ「太陽にほえろ!」にジーパン刑事としてレギュラー出演。その活躍、殉職シーンが話題となった。その後、アクションスターとしてまた、演技派俳優としても人気を博した。

人物 / 略歴

松田 優作(まつだ ゆうさく、1949年(昭和24年)9月21日 ~ 1989年(平成元年)11月6日)

山口県下関市に生まれる。俳優、歌手。

刑事ドラマ『太陽にほえろ!』で人気を獲得。アクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになる。

◆ 略 歴

日本人の父と在日韓国人3世の母との間に非嫡出子として生まれた。

1966年(昭和41年) - 下関市立文洋中学校卒業。下関市立第一高等学校(現:山口県立下関中等教育学校)に進学。

1967年(昭和42年) - 11月、下関市立第一高等学校を2年で中退し、叔母夫妻を頼って米国籍を得る為に渡米する。カリフォルニア州モントレー郡シーサイド市のシーサイド高校に入学、1年足らず滞在。

1968年(昭和43年) - 叔母夫妻の離婚訴訟や言葉のギャップなどに悩み、9月、母に無断でシーサイド高校を中退し帰国。

長兄一家の池袋のアパートに居候して東京都豊島区にある私立豊南高等学校夜間部普通科の4年生に途中編入。

1969年(昭和44年)3月 - 豊南高等学校卒業。
1970年(昭和45年)4月 - 関東学院大学文学部入学。
1971年(昭和46年)5月 - 金子信雄主宰の劇団「新演劇人クラブ・マールイ」に入団。ここで最初の妻美智子と知り合う。
1972年(昭和47年) - 関東学院大学文学部中退。同年4月、文学座付属演技研究所十二期生となった。
1973年(昭和48年)7月20日 - 刑事ドラマ『太陽にほえろ!』にジーパン刑事としてレギュラー出演、その活躍・殉職シーンが話題となる。
1973年(昭和48年)9月 - 法務省に帰化申請を行い、日本国籍を取得。通名だった松田優作が本名となる。
1973年(昭和48年) - 志垣太郎主演の東宝『狼の紋章』にてスクリーン・デビュー。

1974年(昭和49年) - 、黒木和雄監督、ATG、映画同人社提携作品の時代劇映画『竜馬暗殺』。主演の原田芳雄と共演し、時代劇初出演。

続いて同年公開の澤田幸弘監督、日活制作のコメディ・青春映画『あばよダチ公』で映画初主演。

サスペンスドラマ『赤い迷路』に、山口百恵の叔父役でレギュラー出演。

1975年(昭和50年)刑事ドラマ『俺たちの勲章』に、中村雅俊とのコンビでレギュラー主演を果たす。

1976年(昭和51年)1月31日 -前年7月19日に行なわれた『俺たちの勲章』の鹿児島ロケ打ち上げの際、19歳の予備校生に対して共演者Eと共に暴力を振るい、全治3か月の重傷を負わせた容疑で警視庁新宿警察署に逮捕される。

身柄を東京拘置所に移された後、傷害容疑で起訴され、同年3月10日、東京地裁で懲役10月、執行猶予3年の有罪判決を受ける。

1976年(昭和51年)5月 - 東映『暴力教室』(岡本明久監督)がクランクイン。これにより映画復帰を果たす。

1976年(昭和51年)7月25日 - アルバム『まつりうた』で歌手デビュー。

1988年(昭和63年) - 深作欣二監督の時代映画『華の乱』では、国民的女優吉永小百合と共に主役を演じる。

この撮影をしている頃から、松田優作は尿が出なくなり腹がパンパンに張っていたという。

自身が癌に侵されている事を知るが、延命治療を拒み、病気の事実を知る者は、撮影関係者では安岡力也のみであり、周囲にも堅く口止めがされていた。

1989年(平成元年)11月6日 - 午後6時45分、入院中の西窪病院(現在の武蔵野陽和会病院)で膀胱癌の腰部転移のため死去。40歳没。

特記事項

主演したドラマ『探偵物語』など、後進への影響も大きく、男気にあふれ情に厚く、その勇猛な人間性と卓越した演技力から、1980年代を通じてもっとも重要な日本の映画俳優の1人、カリスマと評価されている。

◆ 松田 優作 / 出演テレビドラマ

◇ 柔道一直線、TBS - エキストラ (試合を観戦する柔道部員) 1969年~1971年
◇ 太陽にほえろ!・NTV・東宝 - 柴田純(通称・ジーパン)1973年~1974年
◇ 赤い迷路、TBS・大映テレビ - 都築潤 役 1974年~1975年
◇ 俺たちの勲章、NTV・東宝 - 中野祐二 役 1975年
◇ 大都会 闘いの日々、NTV・石原プロ - 第4話「協力者」ゲスト出演 松宮次郎 役 1976年
◇ 夫婦旅日記 さらば浪人、CX - 第17話「群狼の街」ゲスト出演 1976年
◇ 大都会 PARTII、NTV・石原プロ - 徳吉功 役 1977年
◇ 森村誠一シリーズ・腐蝕の構造、MBS・東映 - 第4話 - 第7話ゲスト出演 大町信一 (町田竜一二尉) 役 1977年
◇ 大追跡、NTV・東宝 - 最終回ラストシーンにゲスト出演 1978年
◇ あめゆきさん、TBS - 山田わかの恋人 役 1979年
◇ 探偵物語、NTV - 工藤俊作 役 1979年
◇ 春が來た、ANB - 風見 役 1982年
◇ 死の断崖、NTV・東映 - 尾形徹男 役 1982年
◇ 新・事件 ドクターストップ、NHK - 相沢清二 役 1982年
◇ ホームスイートホーム、NTV - 第8話 - 第11話ゲスト出演 1982年
◇ あんちゃん、NTV - 第15話・第16話ゲスト出演 山本倉三 役 1982年 (昭和57年) - 1983年~1983年
◇ 熱帯夜、CX - 須藤英二 役 1983年
◇ 土曜ワイド劇場、松本清張の断線、ANB・東映 - 田島(滝村)光夫 役 1983年
◇ 新・夢千代日記、NHK - 岡崎孝夫・前田純孝 役 1984年
◇ 女殺油地獄、NHK - 与兵衛 役 1984年
◇ ドラマ人間模様・追う男、NHK - 瀬木涼介 役 1986年
◇ 土曜ワイド劇場、桜子は微笑う ラストエンペラーに仕掛けられた妖しい女の罠、ANB - 梔子玲三 役 1988年
◇ 華麗なる追跡 THE CHASER、10月7日・NTV - 兼城直也 役 1989年

◆ 松田 優作 / 出演CM

◇ 日本ビクター
◇ キッコーマン、焼酎 「トライアングル」
◇ マンダム 「ギャツビー」
◇ キリン 「ライトビール」
◇ 角川文庫
◇ サッポロ飲料 缶コーヒー
◇ プレイステーション用ソフト
◇ Schick
◇ グンゼ

◆ A Related Words :
松田優作 次女 死因/松田優作 息子/松田優作 死因/松田優作 長女/松田優作 韓国/松田優作 薬師丸ひろ子/松田美智子 松田優作/松田優作 ブラック/レイン探偵物語 松田優作/松田優作 子供/松田優作 プロフィール/松田優作 略歴/松田優作 死去/松田優作 訃報/松田優作 画像/松田優作 壁紙/松田優作 事務所/松田優作 写真/松田優作 ライバル/松田優作 父/松田優作 長男

Page Top

スマートフォン / PC サイト