追悼の森 =朝永振一郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-169
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

物理学者  朝永振一郎 さん死去

1979年(昭和54年)7月8日 死去 享年73歳

朝永振一郎写真  

物理学者  朝永振一郎 さん死去

物理学者でノーベル物理学賞を受賞した 朝永 振一郎(ともなが しんいちろう)さんが1979年(昭和54年)7月8日午前、咽頭癌(いんとう がん)のため死去した。73歳だった。

1965年(昭和40年)超多時間論をもとにくりこみ理論の手法を発明し、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。日本で最初に物理学賞を受賞した湯川秀樹とは、中、高、大学ともに同期であった。前年に咽頭癌の手術を受け声を失っていた。

人物 / 略歴

朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 ~ 1979年(昭和54年)7月8日)

東京市小石川区小日向三軒町(現:文京区小日向)に生まれる。物理学者。

相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にし、場の演算子を形成し場の量子論を一新した。
超多時間論をもとにくりこみ理論の手法を発明し量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。

◆ 略 歴

1906年、東京市小石川区小日向三軒町(現在の文京区小日向)に朝永三十郎(長崎県出身)の子として生まれる。

1913年、父三十郎の京都帝国大学教授就任に伴い一家で京都に転居し、錦林小学校に転校する。

京都一中(現京都府立洛北高等学校・附属中学校)、第三高等学校、京都帝国大学理学部物理学科を卒業。

卒業後は京都帝国大学の無給副手に着任する。

湯川秀樹(旧姓:小川)とは中学校、高等学校、帝国大学とも同期入学・同期卒業であり、就職もやはり湯川秀樹と同期で、机も同じ部屋にあった(中学までは1学年上であったが、後に湯川が飛び級のため追いついた)。

1931年、理化学研究所仁科研究室の研究員に着任。ここでマグネトロンの発振機構の研究等を行う。

ドイツのライプツィヒに留学し、ヴェルナー・ハイゼンベルクの研究グループで、原子核物理学や量子場理論を学んだ。

また第二次世界大戦中にはマグネトロンや立体回路の研究も行なった。この研究により、1948年に小谷正雄と共に日本学士院賞を受賞している。

1941年、東京文理科大学(新制東京教育大学の前身校、現・筑波大学)教授。

1949年、東京教育大学教授。

プリンストン高等研究所に滞在し、量子多体系の研究を行なう。

1947年、ラムシフトの理論的計算を行い、実測値と一致する結果を得た。

この業績により、1965年にジュリアン・シュウィンガー、リチャード・ファインマンと共同でノーベル物理学賞を受賞する。

1956年から1961年には東京教育大学長、1963年から1969年には日本学術会議会長を務めた。

晩年は、中学校などでも講演を行ない、自然科学の啓蒙にも積極的に取り組んだ。

1979年(昭和54年)7月8日、咽頭癌が悪化し死去した。享年73歳。 前年に手術を行ったため声が出せない容体だった。

特記事項

1949年に出版された『量子力学』は、日本語で書かれた量子力学の教科書の定番として長年読み継がれており、1963年には小柴昌俊による英訳本が出版された。量子力学の名著としての評価が高い。

◆ 朝永振一郎 / 年譜

◇ 1906年 : 東京市小石川区小日向三軒町(現在の文京区小日向)に朝永三十郎の子として生まれる。
◇ 1913年 : 父三十郎の京都帝国大学教授就任に伴い一家で京都に。
◇ 1923年 : 京都府立京都一中(現京都府立洛北高等学校・附属中学校)卒業。
◇ 1926年 : 第三高等学校卒業。
◇ 1929年 : 京都帝国大学理学部物理学科卒業。京都帝国大学の無給副手に着任。
◇ 1931年 : 理化学研究所仁科研究室の研究員に着任。
◇ 1937年 : ドイツのライプツィヒに留学。
◇ 1939年 : 帰国。留学中に執筆した論文によって東京帝国大学から理学博士号を取得。
◇ 1940年 : 結婚。
◇ 1941年 : 東京文理科大学(新制東京教育大学の前身校、現在の筑波大学)教授。
◇ 1943年 : 超多時間理論を完成。
◇ 1947年 : くりこみ理論を発表。
◇ 1948年 : 「磁電管の発振機構と立体回路の理論的研究」により小谷正雄と共に日本学士院賞受賞。
◇ 1949年 : 東京教育大学教授。プリンストン高等研究所に滞在。量子多体系の研究を行なう。
◇ 1951年 : 日本学士院会員。
◇ 1952年 : 文化勲章受章。
◇ 1955年 : 東京大学原子核研究所を設立。
◇ 1956年 : 東京教育大学長(~1961年)
◇ 1963年 : 日本学術会議会長(~1969年)
◇ 1965年 : ノーベル物理学賞受賞。
◇ 1969年 : 東京教育大学を定年退官。世界平和アピール七人委員会に参加。
◇ 1976年 : 勲一等旭日大綬章受章。
◇ 1979年 : 73歳にて死去。

◆ A Related Words :
朝永振一郎 オッペンハイマー/朝永振一郎 家族/朝永振一郎 名言/朝永振一郎 ノーベル賞/朝永振一郎 天才/朝永振一郎 科学の芽/ノーベル賞 日本人 朝永振一郎/朝永振一郎 東工大/朝永振一郎 詩/朝永振一郎 理論/朝永振一郎 プロフィール/朝永振一郎 略歴/朝永振一郎 死去/朝永振一郎 訃報/朝永振一郎 東工大/朝永振一郎 科学の花/朝永振一郎 詩//湯川秀樹 朝永振一郎/朝永振一郎 赤毛

Page Top

スマートフォン / PC サイト