追悼の森 =東条英機さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-173
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

陸軍軍人、政治家  東条英機 元首相死去

1948年(昭和23年)12月23日 死去 享年64歳

東条英機写真  

陸軍軍人、政治家  東条英機 元首相死去

日本の対米英開戦時の内閣総理大臣 東条 英機(とうじょう ひでき)元首相が、1948年(昭和23年)12月23日、東京都豊島区巣鴨(旧西巣鴨町、現東池袋)の巣鴨拘置所内で死刑執行により死去した。64歳だった。

現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任した。1941年(昭和16年)12月8日、イギリスとアメリカに宣戦布告し太平洋戦争に突入した。終戦後の1948年(昭和23年)11月12日、極東国際軍事裁判で絞首刑の判決を受けた。

人物 / 略歴

東條 英機(とうじょう ひでき、1884年(明治17年)7月30日(戸籍上は12月30日) ~ 1948年(昭和23年)12月23日)

新字体で東条 英機(とうじょう ひでき)とも表記される。

東京市麹町区(現:千代田区)に生まれる。 本籍地は岩手県。

日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。

陸軍大臣、内閣総理大臣(第40代)、内務大臣(第64代)、外務大臣(第66代)、文部大臣(第53代)、商工大臣(第25代)、軍需大臣(初代)などを歴任した。

敗戦後に連合国によって行われた東京裁判にて「A級戦犯」として起訴され、1948年11月12日に絞首刑の判決が言い渡された。

◆ 略 歴

東京市麹町区(現在の千代田区)に東條英教陸軍歩兵中尉と千歳の間の三男として生まれる。本籍地は岩手県。

番町小学校、四谷小学校、学習院初等科、青山小学校、東京府城北尋常中学校(現・都立戸山高等学校)、東京陸軍地方幼年学校(3期生)、陸軍中央幼年学校入学、陸軍士官学校卒業(17期生)。

◆ 陸軍入隊 経歴 / (★印は 結婚 / 子供)

◇ 1905年(明治38年)4月21日に陸軍歩兵少尉に任官。
◇ 1907年(明治40年)12月21日には陸軍歩兵中尉に昇進する。
★ 1909年(明治42年)、伊藤かつ子と結婚。
★ 1911年(明治44年)長男の英隆が誕生。
◇ 1912年(大正元年)に陸大に入学。
★ 1914年(大正3年)には二男の輝雄が誕生。
◇ 1915年(大正4年)に陸大を卒業、陸軍歩兵大尉に昇進。近衛歩兵第3連隊中隊長に就く。
★ 1918年(大正7年)には長女が誕生。
◇ 1919年(大正8年)8月、駐在武官としてスイスに単身赴任。
◇ 1920年(大正9年)8月10日に陸軍歩兵少佐に昇任。
◇ 1921年(大正10年)7月にはドイツに駐在。
◇ 1922年(大正11年)11月28日には陸軍大学校の教官に就任。
★ 1923年(大正12年)二女・満喜枝が誕生。
◇ 1923年(大正12年)10月5日には参謀本部員。
◇ 1924年(大正13年)に陸軍歩兵中佐に昇任。
★ 1925年(大正14年)に三男・敏夫が誕生。
◇ 1926年(大正15年)には陸軍大学校の兵学教官に就任。
◇ 1928年(昭和3年)3月8日には陸軍省整備局動員課長に就任。
◇ 1928年8月10日に陸軍歩兵大佐に昇進。
◇ 1929年(昭和4年)8月1日には歩兵第1連隊長に就任。
★ 1929年(昭和4年)には三女が誕生。
◇ 1931年(昭和6年)8月1日には参謀本部編制課長に就任し。
★ 1932年(昭和7年)四女が誕生。
◇ 1933年(昭和8年)3月18日に陸軍少将に昇任。
◇ 1933年8月1日に兵器本廠附軍事調査委員長。
◇ 1933年11月22日に陸軍省軍事調査部長に就く。
◇ 1934年(昭和9年)8月1日には歩兵第24旅団長に就任。

◆ 首相就任

近衛の後任首相について、木戸幸一内大臣は、独断で東條を後継首班に推挙し、天皇の承認を取り付けてしまう。
天皇は木戸の東條推挙の上奏に対し、「虎穴にいらずんば虎児を得ず、だね」と答えたという。

木戸はのちに「あの期に陸軍を押えられるとすれば、東條しかいない。」と述べている。

東條は皇居での首相任命の際、天皇から対米戦争回避に力を尽くすように直接指示される。

内閣組閣後の東條の態度・行動は、昭和天皇の意思を直接告げられた忠臣・東條が天皇の意思の実現に全力を尽くそうとしたことがよく伺える。しかし日本側の提案はアメリカ側の強硬な姿勢によって崩れ去ってしまう。

東條内閣は交渉継続を最終的に断念し、対米開戦を決意するにいたる。

東條とその内閣は、戦時下の戦争指導と計画に取り組む段階を迎える。

◆ 太平洋戦争(大東亜戦争) 開戦

1941年(昭和16年)12月8日、日本はイギリスとアメリカに宣戦布告し太平洋戦争(大東亜戦争)に突入した。

その後連合国軍に対して勝利を重ね、アジア太平洋圏内のみならず、インド洋やアメリカ本土、オーストラリアまでその作戦区域を拡大し、影響圏を拡大させた。

◆ 退 陣

1944年6月19日から6月20日のマリアナ沖海戦で海軍は大敗、アメリカ艦隊にほとんど何の損害も与えられないまま後退した。

連合艦隊は使用可能な全航空戦力498機をこの海戦に投入したがうち378機を失い、大型空母3隻を撃沈され、制空権と制海権を完全に失ってしまった。

地上戦でも、サイパンの戦いで日本兵3万名が玉砕。サイパンでマリアナ方面の防衛作戦全体の指導をおこなっていた南雲忠一中部太平洋方面艦隊司令長官は自決した。サイパンにつづいてグアム、テニアンも次々に陥落する。

東條を支えてきた勢力も混乱をみせはじめ、万策尽きた東條は、7月18日に総辞職、予備役となる。

◆ 重 臣

辞任後の東條は、重臣会議と陸軍大将の集会に出る以外は、用賀の自宅に隠棲し畑仕事をして暮らした。

1945年(昭和20年)鈴木貫太郎内閣が誕生。重臣の大半が和平工作に奔走していく中で、東條のみが抗戦を徹底して主張し重臣の中で孤立していた。

◆ 敗戦と自殺未遂

1945年(昭和20年)8月15日に終戦の詔勅、9月2日には戦艦ミズーリにおいて対連合国降伏文書への調印が行われ、日本は連合国軍の占領下となる。

東條は用賀の自宅に籠って、戦犯として逮捕は免れないと覚悟し、逮捕後の対応として二男以下は分家若しくは養女としたり、妻の実家に帰らせるなどして家族に迷惑がかからないようにしている。

1945年(昭和20年)9月11日、自らの逮捕に際して、東條は自らの胸を撃って拳銃自殺を図るも失敗するという事件が起こった。

◆ 極東国際軍事裁判(東京裁判)

東京裁判は、戦勝国が検事と裁判官をかねて敗戦国の「開戦責任」と「経過責任」を断罪する「勝者の裁き」であったが、同時に「文明の裁き」として、日米弁護人の弁護を受けつつ、戦勝国を恐れず対等な主張が可能な唯一の場ともなった。

東條の主任弁護人は清瀬一郎が務め、アメリカ人弁護士ジョージ・ブルーウェットがこれを補佐した。

開戦の責任は自分のみにあって、昭和天皇は自分たち内閣・統帥部に説得されて嫌々ながら開戦に同意しただけであると明確に証言し、この証言が天皇の免訴を最終的に確定することになった。

日暮吉延によれば、東條が一切の自己弁護を捨てて国家弁護と天皇擁護に徹する姿は際立ち、自殺未遂で地に落ちた東條への評価は裁判での証言を機に劇的に持ち直したとする。

◆ 判決と処刑

東條は1948年(昭和23年)11月12日、極東国際軍事裁判(東京裁判)で、「真珠湾を不法攻撃し、アメリカ軍人と一般人を殺害した罪」で絞首刑の判決を受けた。

1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨拘置所(スガモプリズン)内において死刑執行、満64歳没。

東條ほか、7人の死刑執行は午前零時1分30秒より行われ、同35分に終了した。

特記事項

現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任した(在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 ~ 1944年(昭和19年)7月18日)。

◆ 東條英機 / 遺 骨

絞首刑後、東條らの遺体は遺族に返還されることなく、当夜のうちに横浜市西区久保町の久保山火葬場に移送し火葬された。

遺骨は粉砕され遺灰と共に航空機によって太平洋に投棄された。

◆ =辞世の句=

「我ゆくも またこの土地にかへり来ん 国に報ゆることの足らねば」
「さらばなり 苔の下にてわれ待たん 大和島根に花薫るとき」
「散る花も 落つる木の実も心なき さそうはただに嵐のみかは」
「今ははや 心にかかる雲もなし 心豊かに西へぞ急ぐ」

◆ A Related Words :
東条英機 絞首刑 画像/東条英機 子孫/国分佐智子 東条英機/東条英機 真実/東条英機 名言/東条英機 死刑/ビートたけし 東条英機/東条英機は生きていた/東条英機の墓/東条英機 津川雅彦/東条英機 プロフィール/東条英機 略歴/東条英機 死去/東条英機 訃報/東条英機 死刑執行/東条英機 家系図/東条英機の頭をたたく/あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機/東条英機 画像

Page Top

スマートフォン / PC サイト