追悼の森 =瀬戸わんや死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】Etc-184
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

漫才師  瀬戸わんや さん死去

1993年(平成5年)2月10日 死去 享年66歳

瀬戸わんや写真  

漫才師  瀬戸わんや さん死去

人気漫才コンビ「てんや わんや」の一人 瀬戸 わんや(せと わんや)さんが1993年(平成5年)2月10日、脳梗塞のため死去した。66歳だった。

1952年(昭和27年)内海突破の兄弟弟子同士で「獅子てんや・瀬戸わんや」としてコンビを結成。1956年(昭和31年)、若手漫才コンクールで一位を獲得。翌年の第1回NHK新人漫才コンクールにも優勝し、若手漫才の中でも人気の漫才師となった。1987年(昭和62年)には持病の糖尿病が悪化、活動を休止していた。

人物 / 略歴

瀬戸わんや(せと わんや、1926年(大正15年)3月10日 ~ 1993年(平成5年)2月10日)

大阪市南区(現:中央区)に生まれる。本名は妹尾 重夫(せのお しげお)。

◆ 略 歴

1940年高等小学校卒業後、大阪市港湾局で給仕をしつつ関西工業学校の夜学に通う。

1943年、応召で繰上げ卒業。

戦後大阪市港湾局に土木技師として復職したが、1952年に漫才師を志し上京。

職場の先輩にあたる内海突破に入門し、年上の弟弟子てんやとコンビを組む。

1987年に糖尿病の悪化で事実上の引退。1993年脳梗塞で死去した。享年66歳。

◆ 漫才コンビ 獅子てんや・瀬戸わんや

略称:てんやわんやは、戦後長きに亘り活躍した漫才コンビ。大柄のてんやが、小柄で額の禿げ上がったわんやをいびり、わんやがムキになって怒るスタイルで人気を博した。警察官と役人という、二人共堅い前職の持ち主だった。

◆ てんやわんや コンビ結成

1952年(昭和27年)内海突破の兄弟弟子同士でコンビを結成。

芸名は獅子文六のベストセラー小説「てんやわんや」から頂いた。

1956年(昭和31年)産経新聞社主催若手漫才コンクールに国定忠治の出し物で一位を獲得。翌年の第1回NHK新人漫才コンクールにも「世界旅行をかえりみて」というネタで優勝し、並居る若手漫才の中で図抜ける。

1966年(昭和41年)から約14年間放送されたTBS『家族そろって歌合戦』の司会でも全国的人気を博した。

1967年(昭和42年)に第7回日本放送作家協会大衆芸能賞受賞、フジテレビ放送演芸大賞も二度受賞した。

反面コンビ仲は決して良くなかったとされる。また、わんやが健康面に不安を抱えた1970年代中頃から、稽古不足も相俟って晩年の舞台は荒れて行った。

1987年(昭和62年)遂にわんやが病に倒れて活動休止、そのまま復帰叶わず亡くなり、コンビも自然消滅した。

特記事項

◆ 瀬戸わんや / 出演CM

◇ ダイハツ・ハイゼット
◇ ハリカ
◇ 日東紡(断熱材)
◇ 三洋電機(洗濯機「手もみL」)※ てんやのみ

◆ A Related Words :
瀬戸 漫才/瀬戸わんや プロフィール/瀬戸わんや 略歴/瀬戸わんや 死去/瀬戸わんや 訃報/獅子てんや 瀬戸わんや/てんやわんや

Page Top

スマートフォン / PC サイト