追悼の森 =笹川良一さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】Etc-187
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

政治運動家  笹川良一 さん死去

1995年(平成7年)7月18日 死去 享年96歳

笹川良一写真  

政治運動家  笹川良一 さん死去

公益財団法人 日本財団の公益活動を指導し、33年間の永年にわたり会長を務めてきた 笹川 良一(ささかわ りょういち)さんが1995年(平成7年)7月18日午後9時、急性心不全のため東京都中央区の聖路加国際病院で死去した。96歳だった。

戦後、財団法人日本船舶振興会(現:公益財団法人 日本財団)を創設。国内外で社会奉仕活動に邁進した。「一日一善」「戸締まり用心、火の用心」のおじいさんとしても広く知られていた。

人物 / 略歴

笹川 良一(ささかわ りょういち、1899年(明治32年)5月4日 ~ 1995年(平成7年)7月18日)

大阪府三島郡豊川村(現:箕面市)に生まれる。

国粋大衆党総裁、衆議院議員、財団法人日本船舶振興会(現公益財団法人日本財団)会長、全日本カレー工業協同組合特別顧問、福岡工業大学理事長などを歴任した。

称号は箕面市名誉市民。勲一等旭日大綬章受章者。

◆ 略 歴

大阪府三島郡豊川村(現:箕面市)に造り酒屋の長男として生まれる。

1914年(大正3年)3月、豊川村尋常高等小学校(現・茨木市立豊川小学校)高等科卒業。

陸軍の岐阜県各務原飛行第二連隊に入隊する。

◆ 政治活動

1925年(大正14年)、豊川村の村会議員に当選して政治活動を始める。

1931年(昭和6年)には右翼団体・国粋大衆党を結成し総裁に就任する。

1932年(昭和7年)に満州国が建国されると、同国の皇帝の愛新覚羅溥儀との会見に成功し知名度を高めた。

1935年(昭和10年)に大阪鉄道の買占めの際に、国粋大衆党の他の幹部とともに恐喝容疑で逮捕された。大阪刑務所に約4年間収監されたが最終的には無罪となり、釈放されている。

◆ A級戦犯容疑と「巣鴨日記」

1945年(昭和20年)には、A級戦犯容疑者として、12月11日に巣鴨プリズンに入獄したが、実際に東京裁判の法廷に立つことはなかった。

釈放後、1942年(昭和17年)に国粋同盟に改称されていた国粋大衆党をさらに全国勤労者同盟に衣替えし、右翼活動を再開した。

◆ 競 艇

モーターボート競走に関心を持つきっかけとなったのは、巣鴨プリズンで手にしたアメリカの情報誌『ライフ』にボートの写真が載っているのを見たことであったという。

モーターボート競走法は1951年(昭和26年)6月5日、衆議院本会議で出席議員の3分の2以上の賛成で衆議院の再議決がなされ、成立した。

1952年(昭和27年)に社団法人全国モーターボート競走会連合会(全モ連)の設立に関与、1955年(昭和30年)には同連合会の会長に就任した。

競艇の収益を活用する受け皿組織として1962年(昭和37年)に日本船舶振興会(現在の正式名称は日本財団)を創設し、会長などを務めた。

そして、運輸省による監督権限強化論を押さえることで、競艇ビジネスが笹川一族の同族経営の色が深まることになった。

◆ 社会奉仕活動

笹川記念会館日本船舶振興会の活動により社会奉仕活動家として知られ、さまざまな慈善事業を推し進めていった。

日本船舶振興会のテレビコマーシャルに自ら出演。子供たちとの「一日一善」の掛け声や社会奉仕活動の模様が紹介された。

笹川良一は「一日一善」若しくは「『戸締まり用心、火の用心』のおじいさん」として認識されている。

中でも特筆されるのは、WHOの天然痘根絶事業に対する巨額の資金協力(民間団体としては世界一)と、またハンセン病患者の救済である。

振興会の経理は透明で支援を受けるには厳正なチェックが必要であった。

笹川は振興会の会長としての報酬は一切受け取らなかった一方で、関連団体の多くに笹川一族が役員に就任していたことは「公私混同」との批判を招くことになった。

◆ 死去 / 遺 産

生前の「世の為、人の為になる事に全財産を使ってしまう考へである」という言葉どおり資産の多くを社会事業につぎ込んだ。

1995年(平成7年)7月18日午後9時、急性心不全のため東京都中央区の聖路加国際病院で死去した。96歳没。

税務署査定による遺産総額は約53億4千万円、ただしほとんどが、自宅、山林、非上場会社の株など、換金しづらいものばかりであった。これに対して借入金は約37億5千万円、差し引きすると遺産は約15億9千万円。

相続税約7億5千万円で相続人中、長男と次男は相続放棄し、負債も同時に相続した三男の笹川陽平は、返済に苦労することになった。

特記事項

戦後、マスコミにはファシスト、右翼、また政財界の黒幕としても扱われ、「日本の首領(ドン)」とまで呼ばれた。

経歴としては、第二次世界大戦後A級戦犯容疑者の指定を受け巣鴨プリズンに3年間収監されるが、後に不起訴により釈放される。

巣鴨プリズン出所後は、モーターボート競走法成立に尽力し、社団法人全国モーターボート競走会連合会(全モ連)の設立に関与。

モーターボート競走の収益金で造船の振興をすすめ、更に福祉方面の公共事業を助成する財団法人日本船舶振興会(現公益財団法人日本財団)を創設し、国内外で社会奉仕活動に邁進した。

◆ 笹川 良一 / 主な栄典

◇ 勲一等修交勲章光化章(韓国、1976年)
◇ 大綬景星勲章(中華民国、1977年)
◇ 勲一等瑞宝章(1978年)
◇ 国連平和賞(1982年)
◇ ヘレン・ケラー国際賞(1983年)
◇ ライナス・ポーリング人道主義章(1983年)
◇ マーチン・ルーサー・キング非暴力・人道賞(1986年)
◇ マハトマ・ガンディー世界平和賞(1987年)
◇ 勲一等旭日大綬章(1987年)
◇ 白象勲章ナイトグランドクロス章(タイ王国、1989年)
◇ 大勲位ベナルド・オ・ヒギンズ勲章(チリ、1989年)
◇ 大勲位ボルタ章(1989年)
◇ 芸術文化勲章(フランス、1993年)

その他、多数受章

◆ A Related Words :
笹川良一 浅野ゆう子/笹川良一 家系図/笹川良一 韓国/笹川良一 子供/曽野綾子 笹川良一/笹川良一 家系/笹川良一 息子/笹川良一 CM/浅野ゆう子と笹川良一/笹川良一 姪/笹川良一 プロフィール/笹川良一 略歴/笹川良一 死去/笹川良一 訃報/笹川 良一 息子/笹川 尭 笹川 良一/笹川 良一 伝/笹川良一 モーターボート/笹川良一 日本船舶振興会/笹川良一 日本財団

Page Top

スマートフォン / PC サイト