追悼の森 =三木武夫元首相死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】Etc-19  訃報一覧 【戦後の歴代総理大臣 一覧】
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

第66代 内閣総理大臣  三木武夫 さん死去

1988年(昭和63年)11月14日 死去 享年81歳

三木武夫写真  

第66代 内閣総理大臣  三木武夫 さん死去

第66代 内閣総理大臣を務めた 三木 武夫(みき たけお)元首相が1988年(昭和63年)11月14日、死去した。81歳だった。

1974年(昭和49年)12月、椎名悦三郎副総裁の指名裁定で総裁に就任。1986(昭和61年)に倒れ、翌年末には膵臓がんが見つかっていた。療養中に衆議院議員在職50年を迎え 永年在職議員の特別表彰を受けたが、病床にあり公の場に出てこられる状態に無かったため 睦子夫人が代理に受け取った。その後、議員在職のまま死去した。

人物 / 略歴

三木 武夫(みき たけお、1907年(明治40年)3月17日 ~ 1988年(昭和63年)11月14日)

徳島県板野郡御所村吉田(後の土成町、現:阿波市)に生まれる。政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。

衆議院議員(19期)、逓信大臣(第52代)、運輸大臣(第17・18代)、経済企画庁長官(第6代)、科学技術庁長官(第5・10代)。通商産業大臣(第27代)、外務大臣(第95・96代)、国務大臣、環境庁長官(第4代)、内閣総理大臣(第66代)を歴任した。

◆ 略 歴

徳島県板野郡御所村吉田(後の土成町、現:阿波市)に農業のかたわら肥料商を営む父・三木久吉の長男として生まれる。

御所村尋常小学校卒業後、1920年(大正9年)、徳島商業学校に進み弁論部に所属する。

徳商4年の時、武夫は学生ストを煽動したとして放校処分となった。

その後、立花村(現・尼崎市)の私立中外商業学校(現・兵庫県立尼崎北高等学校)に転校した。

中外商業卒業後、旧制明治大学専門部商科に進み卒業した後に、南カリフォルニア大学に入学したが、卒業はしないまま日本に帰国。その後、旧制明治大学法学部法律学科入学し卒業した。

◆ 国会へ

1937年(昭和12年)、第20回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選を果たした。投票の一週間前に被選挙権を得る際どさだった。

戦後は公職追放を免れ、中間派政党の国民協同党では書記長・中央委員長を務め、日本社会党首班の片山内閣で初めて入閣(逓信大臣)した。

1958年(昭和33年)6月には第2次岸内閣で経済企画庁長官・科学技術庁長官に就任するが、警職法改正案をめぐって12月に閣僚を辞任した。

第2次佐藤内閣・同改造内閣では外務大臣を務める。

1968年(昭和43年)の自由民主党総裁選挙に「男は一度勝負する」と述べて出馬し、大方の予想を覆し宏池会会長の前尾繁三郎を抜き2位となる大善戦をみせる。

2年後の同選挙にも周囲の反対を押し切り、「私は何も恐れない。ただ大衆のみを恐れる」と述べて再出馬。

選挙は353票を獲得した佐藤の圧勝に終わったものの、予想を上回る111票を獲得した。

1972年(昭和47年)、第1次田中角栄内閣に国務大臣として入閣し、後に副総理にも指名されている。

さらに第2次田中角栄内閣では副総理兼環境庁長官に就任する。

◆ 首相時代

1974年(昭和49年)12月、椎名悦三郎副総裁の指名裁定で総裁に就任(椎名裁定)。三木の政治的な立ち位置をもじって「左のワンポイントリリーフ」とも評された。

1975年(昭和50年)6月に佐藤栄作が亡くなり、葬儀会場の日本武道館の玄関で、大日本愛国党員に襲われた。怪我は無かったが転んで髪の毛が乱れた映像が残っている。

ロッキード事件が起こると三木おろしの倒閣運動が起こる。ロッキード事件での田中の逮捕を逆指揮権発動によるものとみなした田中派からは稲葉と共に激しい攻撃の対象となった。

戦後唯一の任期満了による衆議院議員総選挙をむかえたが、自民党は分裂選挙の様相を示した。総選挙で自民党は511議席中249議席と初めて単独過半数を割り込み、三木は責任を取って退陣した。

◆ 晩 年

首相退陣後も三木派を率いて影響力を保持した。

1987年(昭和62年)、衆議院議員在職50年となり、永年在職議員の特別表彰を受ける(この表彰を受けることを目標にし式には這ってでも出たいと語っていたが病床にあり公の場に出てこられる状態に無かったため、睦子夫人が代理に受け取った)。

1988年(昭和63年)11月14日、議員在職のまま死去。81歳没。

特記事項

◆ 三木武夫 / 家族 ・ 親族

三木武夫の妻である三木睦子は、森コンツェルン総帥森矗昶の二女として生まれた。

◇ 岳父 - 森矗昶(実業家・政治家。森コンツェルン総帥、衆議院議員などを歴任)
◇ 妻 - 三木睦子(市民運動家。中央政策研究所理事、国際教育交流協会理事長などを歴任)
◇ 義兄 - 森曉(実業家・政治家。昭和電工社長、衆議院議員などを歴任)
◇ 義弟 - 森清(実業家・政治家。昭和火薬社長、衆議院議員、総理府総務長官などを歴任)
◇ 義弟 - 森美秀(実業家・政治家。東亜精機社長、衆議院議員、環境庁長官などを歴任)
◇ 長女 - 高橋紀世子(政治家。参議院議員などを歴任)
◇ 長男 - 三木啓史(実業家。東洋製罐社長などを歴任)
◇ 二男 - 三木格
◇ 義甥 - 森英介(政治家。衆議院議員、法務大臣などを歴任)
◇ 義甥 - 松崎哲久(作家、政治家。衆議院議員などを歴任)
◇ 孫 - 三木立(政治家秘書)

◆ A Related Words :
三木武夫 子孫/三木武夫研究/三木武夫 石原慎太郎/三木武夫 家系図/三木武夫 殴打/三木武夫 マレーシア大使館/三木武夫 靖国/三木亨 三木武夫/三木武夫 後援会/三木武夫 南平台/三木武夫 プロフィール/三木武夫 略歴/三木武夫 死去/三木武夫 孫/三木武夫記念館/三木武夫 息子/三木武夫夫人/三木武夫国際記念基金/三木武夫 緑//三木武夫 弾劾裁判

Page Top

スマートフォン / PC サイト