追悼の森 =相田みつを死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】Etc-222
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

詩人、書家  相田みつを さん死去

1991年(平成3年)12月17日 死去 享年67歳

相田みつを写真  

詩人、書家  相田みつを さん死去

心に響く言葉や、自由な書風で知られた 書家で詩人の 相田 みつを(あいだ みつを)さんが1991年(平成3年)12月17日、脳内出血ため死去した。67歳だった。

「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」や「しあわせは いつも じぶんのこころがきめる」など、独特の書体で短く平易な自らの言葉を書く作風を確立し注目を集めた。「書の詩人」「いのちの詩人」とも称された。また、1984年(昭和59年)には詩集「にんげんだもの」を出版し広く知られるようになった。今年、道でころんで足を骨折し、栃木県足利市内の整形外科に入院したが 脳内出血と診断され治療を受けていた。

人物 / 略歴

相田 みつを(あいだ みつを、1924年5月20日 ~ 1991年12月17日)

栃木県足利市に生まれる。本名は相田 光男。雅号は貪不安(ドンフアン)。詩人、書家。

平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。「書の詩人」、「いのちの詩人」とも称される。

◆ 略 歴

1924年、栃木県足利市に生まれた。

旧制栃木県立足利中学校在学中に書や短歌、絵に親しんだ。

卒業後は歌人 山下陸奥に師事した。

1942年、歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、在家しながら禅を学んだ。

1943年、書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を積んだ。

1953年、関東短期大学夜間部国文科卒。

◆ 創作活動

書の最高峰のひとつとされる毎日書道展に1954年から7年連続入選するなど、技巧派の書家として出発した。

専門家でなければ理解しにくい書のあり方に疑問を抱き、「書」と「詩」の高次元での融合を目指すようになり、三十歳のころ、独特の書体で、短く平易な自らの言葉を書く作風を確立した。

1954年、最初の個展を足利市で開催。個展はその後も足利市などで毎年開催されるようになった。

1974年、紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介され、さらに1984年、詩集『にんげんだもの』出版が契機となり、広く知られるようになった。

『にんげんだもの』はその後ミリオンセラーとなり、つづく第2詩集の『おかげさん』(1987年)も約25万部のベストセラー、地位を確立した。

1991年、道でころんで足を骨折し、足利市内の整形外科に入院したが、脳内出血と診断され、それが原因となり急逝。享年67歳。

特記事項

1954年、大きな商家の末娘であった平賀千江と結婚。千江は歌会で相田と知り合った。一男一女をもうけ、家族四人は八畳一間で暮らしていたが、相田だけは三十畳のアトリエを独占していたという。

相田みつを美術館館長の相田一人は長男。

◆ 相田みつを / 著書 (単著)

◇ 『にんげんだもの』 文化出版局(のち角川文庫)、1984年。
◇ 『おかげさん』 ダイヤモンド社、1987年。
◇ 『一生感動一生青春』 文化出版局、1990年。
◇ 『相田みつをひとり語り 第1集 いまここ』 ダイヤモンド社、1990年。
◇ 『いのちいっぱい』 ダイヤモンド社、1991年。
◇ 『いちずに一本道いちずに一ツ事』 佼成出版社(のち角川文庫)、1992年。
◇ 『雨の日には…』 文化出版局、1993年。
◇ 『しあわせはいつも』 文化出版局、1995年。
◇ 『アノネ』(相田みつを・心の詩1) ダイヤモンド社、1995年。
◇ 『空を見上げて』(相田みつを・心の詩2) ダイヤモンド社、1995年。
◇ 『大事なこと』(相田みつを・心の詩3) ダイヤモンド社、1995年。
◇ 『いまここ―対訳相田みつを作品集』 ティム・ジェンセン訳、ダイヤモンド社、1996年。
◇ 『生きていてよかった』 相田一人監修、ダイヤモンド社(のち角川文庫)、1998年。
◇ 『そのままでいいがな―対訳相田みつを作品集2』 ティム・ジェンセン訳、ダイヤモンド社、2000年。
◇ 『相田みつをと私 著名50人が選んだマイベストコレクション』 毎日新聞社〈毎日ムック〉、2000年。
◇ 『あなたのこころがきれいだから…―対訳相田みつを作品集3』 ティム・ジェンセン訳、ダイヤモンド社、2000年。
◇ 『じぶんの花を』 文化出版局、2001年。
◇ 『ひとりしずか』 角川文庫、2001年。
◇ 『私が「じぶん」に出逢うとき』 毎日新聞社〈毎日ムック〉、2002年。
◇ 『いまからここから』 ダイヤモンド社、2003年。
◇ 『「生きていてよかった」特別編 3年B組金八先生ベストセレクション』 ダイヤモンド社、2005年。
◇ 『いのちのバトン 初めて出会う相田みつをのことば』 角川文庫、2005年。
◇ 『本気』 文化出版局、2006年。
◇ 『相田みつをの「本気」で書き写し』 文化出版局、2006年。
◇ 『いのち いちばん大切なもの』 文化出版局、2008年。
◇ 『いちばん大事なこと―絆シリーズ』 ダイヤモンド社、2008年。
◇ 『みんなほんもの―絆シリーズ』 ダイヤモンド社、2008年。
◇ 『雨の日には雨の中を風の日には風の中を』 角川文庫、2009年。
◇ 『ある日自分へ』 相田一人監修、文化出版局、2010年。
◇ 『一生感動一生青春―相田みつを ザ・ベストシリーズ』 角川文庫、2011年。
◇ 『にんげんだもの 逢―相田みつを ザ・ベストシリーズ』 角川文庫、2011年。
◇ 『にんげんだもの 道―相田みつを ザ・ベストシリーズ』 角川文庫、2011年。
◇ 『しあわせはいつも―相田みつを ザ・ベストシリーズ』 角川文庫、2011年。

◆ A Related Words :
相田みつを 名言/相田みつを 詩/相田みつを美術館/相田みつを 人間だもの/田みつを 名言 ランキング/相田みつをカレンダー/相田みつを グッズ/相田みつを 画像/相田みつを 壁紙/相田みつを その人/相田みつを プロフィール/相田みつを 略歴/相田みつを 死去/相田みつを 訃報/相田 みつを 言葉/相田 みつを 浜崎あゆみ パクリ/相田 みつを 詩集/相田 みつを 作品集/相田 みつを 作品/相田みつを 詩集/相田みつを フォント/相田みつを心の美術館/相田みつを 足利/相田みつを 道/相田みつを めぐりあい

Page Top

スマートフォン / PC サイト