追悼の森 =棟方志功さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】Etc-225
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

板画家  棟方志功 さん死去

1975年(昭和50年)9月13日 死去 享年72歳

棟方志功写真  

板画家  棟方志功 さん死去

その作品は国際的にも高く評価され、日本が誇る版画家として知られた 棟方 志功(むなかた しこう)さんが1975年(昭和50年)9月13日、肝臓がんのため東京都杉並区の自宅で死去した。72歳だった。

彼は版画を「板画」と称し 木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続け、20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人として国際的にも高い評価を受けた。1956年(昭和31年)には国際版画大賞を受賞。1970年(昭和45年)には文化勲章を受章した。

人物 / 略歴

棟方 志功(むなかた しこう、1903年(明治36年)9月5日 ~ 1975年(昭和50年)9月13日)

青森県出身。板画家。

20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。

1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。

◆ 略 歴

1903年(明治36年)、刀鍛冶職人である棟方幸吉とさだの三男として生まれる。囲炉裏の煤で眼を病み、以来極度の近視となる。

少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、「ゴッホになる」と芸術家を目指した。

1924年(大正13年)、東京へ上京する。帝展や白日会展などに油絵を出品するが、落選が続いた。

1928年(昭和3年)、第9回帝展に『雑園』(油絵)を出品し、入選する。

1930年(昭和5年)から文化学院で美術教師を務める。

1932年(昭和7年)日本版画協会会員となる。

1934年(昭和9年)佐藤一英の“大和し美し”を読んで感動、制作のきっかけとなる。

1936年(昭和11年) 国画展に出品の「大和し美し」が出世作となる。

1945年(昭和20年) 戦時疎開のため富山県西礪波郡福光町(現南砺市)に移住。1954年(昭和29年)まで在住した。

1946年(昭和21年)富山県福光町栄町に住居を建て、自宅を「鯉雨画斎(りうがさい)」と名付けた。(別名:谷崎潤一郎命名の愛染苑(あいぜんえん)

1956年(昭和31年)、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展に『湧然する女者達々』などを出品。日本人として版画部門で初の国際版画大賞を受賞。

1969年(昭和44年)2月17日、青森市から名誉市民賞を授与され、翌年には文化勲章を受章する。従三位。

1975年(昭和50年)9月13日、肝臓がんのため東京都杉並区の自宅で死去した。享年72歳。

特記事項

棟方の肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。

大変な近視の為に眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。

戦中、富山県に疎開して浄土真宗にふれ、『阿弥陀如来像』『蓮如上人の柵』『御二河白道之柵』『我建超世願』『必至無上道』など仏を題材にした作品が特に有名である。

◆ 棟方志功 / 板画の代表作品

◇ 釈迦十大弟子
◇ 御鷹揚げの妃々達々
◇ 大和し美し
◇ 東海道棟方板画
◇ 板画奥の細道 講談社文庫で1979年刊
◇ 『棟方志功作品集 富山福光疎開時代』 東方出版、2004年
◇ 『棟方志功 ヨロコビノウタ』 棟方板画美術館編、二玄社 2003年

◆ 棟方志功 / 著 書

◇ 『わだばゴッホになる』日本経済新聞社、1975年12月
◇ 『棟方志功 わだばゴッホになる』 <人間の記録>日本図書センター、1997年 ISBN 4820542524
◇ 『板極道』 中央公論社、1972年、中公文庫 1976年
◇ 『板散華』 講談社文芸文庫、1996年 初版は山口書店
◇ 『棟方志功全集』 全12巻 講談社、1980年完結
◇ 『棟方志功の絵手紙』 小池邦夫・石井頼子共編  二玄社、2006年

◆ A Related Words :
棟方志功 作品一覧/棟方志功展 京都/棟方志功記念館/棟方志功 価格/棟方志功 京都/棟方志功 版画/棟方志功 鑑定/京都 伊勢丹 棟方志功/棟方志功 名言/棟方志功 十大弟子/棟方志功 プロフィール/棟方志功 略歴/棟方志功 死去/棟方志功 訃報/棟方 志功 作品/棟方 志功 息子/棟方 志功 チヤ/棟方志功やエッシャー/棟方志功 富嶽頌/棟方志功展/棟方志功 鎌倉/棟方志功 ドラマ

Page Top

スマートフォン / PC サイト