追悼の森 =寺山修司さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-226
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

劇作家、詩人  寺山修司 さん死去

1983年(昭和58年)5月4日 死去 享年47歳

寺山修司写真  

劇作家、詩人  寺山修司 さん死去

日本の演劇人として世界にも多大な影響を与えた 寺山 修司(てらやま しゅうじ)さんが1983年(昭和58年)5月4日、敗血症のため東京都杉並区の河北総合病院で死去した。47歳だった。

1967年(昭和42年)演劇実験室「天井桟敷」を結成。「言葉の錬金術師」の異名をとり、演劇、映画、短歌、詩、評論、小説、俳優、写真など 多くの分野で意欲的に活動した。主な著書に「田園に死す」や「書を捨てよ、町へ出よう」など多数がある。

人物 / 略歴

寺山 修司 (てらやま しゅうじ、1935年12月10日 ~ 1983年5月4日)

青森県弘前市紺屋町生まれとされる。(本人曰く「走っている列車の中で生まれ、ゆえに故郷はない」など出身地に関して異なった記述が見られるが、彼のこうした記述には多分に創作が混じっているといわれる。) 劇作家、詩人。

「言葉の錬金術師」の異名をとり、日本のアバンギャルド劇作家、詩人の他に 歌人、演出家、映画監督、小説家、作詞家、脚本家、随筆家、俳人、評論家、俳優、写真家などとしても活動。膨大な量の文芸作品を発表した。演劇実験室「天井桟敷」主宰。

◆ 略 歴

父 八郎、母 ハツの長男として生を受ける。

八郎は当時弘前警察署勤務。父の転勤のため、県内各所を転々とする。

1942年(昭和17年)青森市立橋本尋常小学校(現:橋本小学校)入学。

1948年(昭和23年)古間木中学校入学。秋、青森市立野脇中学校に転校。

1951年(昭和26年)青森県立青森高等学校進学。文学部に所属。

1954年(昭和29年)早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)に入学。(早稲田大学短歌会などにて歌人として活動。)

18歳で第2回短歌研究50首詠(後の短歌研究新人賞)受賞。

1956年(昭和31年)在学1年足らずで退学。

21歳で第一作品集『われに五月を』が出版される。

1958年(昭和33年)第一歌集『空には本』が出版される。

27歳で松竹の女優だった九條と結婚。

1967年(昭和42年)1月1日「天井桟敷」を結成。

4月18日草月アートセンターで旗揚げ公演。演し物は『青森県のせむし男』。6月新宿末広亭で第二回公演『大山デブコの犯罪』。アートシアター新宿文化で第三回公演『毛皮のマリー』。

3月評論集『書を捨てよ、町へ出よう』が刊行される。詩人、歌人、劇作家、演出家として活躍。

1969年(昭和44年)西ドイツフランクフルトの『国際実験演劇祭』に招かれて『毛皮のマリー』、『犬神』を初の海外公演。

34歳で九條と離婚。離婚後も九條は晩年の寺山のよき協力者となった。

1971年(昭和46年)『書を捨てよ、町へ出よう』で劇映画に進出。サンレモ映画祭でグランプリを獲得。

ベオグラード国際演劇祭で『邪宗門』がグランプリ受賞。

1974年(昭和49年)映画『田園に死す』が公開され、文化庁芸術祭奨励新人賞、芸術選奨新人賞を受賞。

1975年(昭和50年)杉並区内で上演された市街劇『ノック』が住民の通報により警察沙汰となる。

1979年(昭和54年)肝硬変で入院。

1980年(昭和55年)渋谷区内で取材中、アパート敷地に住居侵入したとして逮捕され、略式起訴された(「のぞき現行犯」と報道された)。

1981年(昭和56年)肝硬変の再発で再入院。

1982年(昭和57年)朝日新聞に詩『懐かしのわが家』を発表。パリで「天井桟敷」最後の海外公演を行い、『奴婢訓』を上演。

1983年(昭和58年)東京都杉並区永福在住中、河北総合病院に肝硬変のため入院。腹膜炎を併発し、敗血症で死去。47歳没。

特記事項

競馬への造詣も深く、競走馬の馬主になるほど。メディアの寵児的存在で、新聞や雑誌などの紙面を賑わすさまざまな活動を行なった。本業を問われると「僕の職業は寺山修司です」と返すのが常だった。

◆ 寺山修司 / 作詞作品(一部を抜粋)

◇ 戦え!オスパー(「戦え!オスパー」主題歌。1965年、作曲:冨田勲、歌:山田太郎)
◇ ユミのうた(「戦え!オスパー」エンディングテーマ。1965年、作曲:冨田勲、歌:東山明美)
◇ コメットさん(「コメットさん」主題歌。1967年、作曲:湯浅譲二、歌:九重佑三子)
◇ コメットさんが来てからは(「コメットさん」主題歌。1967年、作曲:湯浅譲二、歌:芦野宏)
◇ シャダーのうた(「冒険少年シャダー」主題歌。1967年、作曲:増田豊利、歌:CAポップス、鈴木忠)
◇ 怪人ゴースターのうた(「冒険少年シャダー」挿入歌。1967年、作曲:増田豊利、歌:長弘)
◇ 戦争は知らない(1967年、坂本スミ子)
◇ 勇士の故郷(1967年、坂本スミ子)
◇ 長野市歌(1967年、ただし補作。作詞:戸枝ひろし、作編曲:米山正夫)
◇ 涙のオルフェ(1968年、フォーリーブス)
◇ 新 初恋(1968年、江夏圭介)
◇ かもめ(1968年、浅川マキ)
◇ 時には母のない子のように(1969年、カルメン・マキ)
◇ 涙のびんづめ(1969年、伊東きよ子)
◇ さよならだけが人生ならば(1969年、六文銭)
◇ 首つりの木(1970年、J.A.シーザー)
◇ 酔いどれ船(1970年、緑魔子)
◇ あしたのジョー(1970年、尾藤イサオ)
◇ 孤独よ おまえは(1971年、ザ・シャデラックス)
◇ 人の一生かくれんぼ(1972年、日吉ミミ)
◇ 君にお月さまをあげたい(1973年、郷ひろみ)
◇ 海猫(1973年、北原ミレイ)
◇ 新宿港(1974年、桜井京)
◇ 浜昼顔(1974年、五木ひろし)
◇ がんばれ長嶋ジャイアンツ(1975年、湯原昌幸 / 1993年に再リリース)
◇ みだれ髪(1975年、サウンド・スペース)
◇ 元気ですか(1976年、JOHNNYS'ジュニア・スペシャル)
◇ ぼくの消息(1976年、豊川誕)
◇ 与謝野晶子(1978年、朝丘雪路)
◇ もう頬づえはつかない(1979年、荒井沙知)

◆ A Related Words :
寺山修司 代表作/寺山修司 サイコパス/寺山修司 高橋ひとみ/寺山修司 名言/寺山修司 死因/寺山修司 マッチ擦る/寺山修司 逮捕/寺山修司展 ノック/寺山修司 渋谷/寺山修司 本/寺山修司 プロフィール/寺山修司 略歴/寺山修司 死去/寺山修司 訃報/寺山 修司 ひとり/寺山 修司 水木 しげる/寺山 修司 記念館/短歌 寺山 修司/寺山 修司 高校/寺山 修司 詩/寺山修司 名言/寺山修司 ポケットに名言を/寺山修司 短歌/寺山修司 ポスター展/寺山修司 田園に死す/寺山修司 映画/寺山修司記念館/寺山修司 ポスター/寺山修司 画像

Page Top

スマートフォン / PC サイト