追悼の森 =谷崎潤一郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-229
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  谷崎潤一郎 さん死去

1965年(昭和40年)7月30日 死去 享年79歳

谷崎潤一郎写真  

作家  谷崎潤一郎 さん死去

「痴人の愛」や「春琴抄」「細雪」など情痴や時代風俗などをテーマに描き続けた作家 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう)さんが1965年(昭和40年)7月30日、腎不全に伴う心不全のため神奈川県湯河原町の湘碧山房(しょうへき さんほう)で死去した。79歳だった。

冒頭作品のほか、「卍(まんじ)」や「少将滋幹の母」「鍵」など 官能美と陰影ある古典美の世界を展開し、文壇の最高峰を歩みつづけた。1949年(昭和24年)に文化勲章を授与された。

人物 / 略歴

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 ~ 1965年(昭和40年)7月30日)

東京府東京市日本橋区に生まれる。作家。

明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中、戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。現在においても近代日本文学を代表する小説家の一人として、評価は非常に高い。

初期は耽美主義の一派とされ、過剰なほどの女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることも少なくないが、その作風や題材・表現は生涯にわたって様々に変遷を続けた。

漢語、雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。

今日のミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、口伝、説話調の幻想譚、果てはグロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作をものした。

『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と文体や思想における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって、とりわけ世評高く、「文豪」「大谷崎」と称された。

◆ 略 歴

長男として東京府東京市日本橋区に生まれた。

弟の谷崎精二は、後に作家、英文学者(早稲田大学で教員)となった。

住込みの家庭教師をしながら府立一中に入学する。

散文や漢詩をよくし、一年のときに書いた『厭世主義を評す』は周囲を驚かせ、「神童」と言われるほどだった。

卒業後、旧制一高に合格。一高入学後、校友会雑誌に小説を発表した。

1908年(明治41年)、一高卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に進むが後に学費未納により中退。

在学中に和辻哲郎らと第2次『新思潮』を創刊し、処女作の戯曲『誕生』や小説『刺青』(1909年)を発表。谷崎は文壇において新進作家としての地歩を固めた。

関東大震災の後、谷崎は関西に移住し、これ以降ふたたび旺盛な執筆を行い、次々と佳品を生みだした。

長編『痴人の愛』では妖婦ナオミに翻弄される男の悲喜劇を描いて大きな反響を呼ぶ。続けて『卍』、『蓼喰ふ虫』、『春琴抄』、『武州公秘話』などを発表し、文学活動を続けていく。

また、佐藤春夫との「細君譲渡事件」や2度目の結婚・離婚を経て、1935年(昭和10年)に森田松子と3度目の結婚して私生活も充実する。

戦争中、谷崎は松子夫人とその妹たち四姉妹との生活を題材にした大作『細雪』に取り組み、毎日出版文化賞、朝日文化賞を受賞した。

戦後は高血圧症が悪化、迫りくる老いと闘いながら執筆活動を再開する。

『過酸化マンガン水の夢』(1955年)を皮切りに、『鍵』、『瘋癲老人日記』(毎日芸術賞)といった傑作を発表。

1960年代以降はノーベル文学賞の候補とされもし、また1964年(昭和39年)には日本人で初めて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選出された。

1965年(昭和40年) 7月30日、腎不全に心不全を併発して死去した。享年79歳。

特記事項

◆ 谷崎 潤一郎 / 女性関係

1915年(大正4年)、谷崎は石川千代子と結婚したが、1921年(大正10年)頃、谷崎は千代子の妹 せい子に惹かれ、千代子夫人とは不仲となった。この不仲の状況に、谷崎の友人 佐藤春夫は、千代子の境遇に同情し千代子に好意を寄せ三角関係に陥った。

結局、1926年(大正15年)谷崎夫妻は和解したが、1930年(昭和5年)、千代子は谷崎と離婚し佐藤と再婚した。このとき、3人連名の下記 の声明文を発表。「細君譲渡事件」として世の話題になった。

★ 声明文

「我等三人は、この度、合議をもって、千代は潤一郎と離別致し、春夫と結婚致す事と相成り ・・・
素より双方交際の儀は、従前の通りにつき、右御諒承の上、一層の御厚誼を賜り度く ・・・
いずれ相当仲人を立て、御披露に及ぶべく候えども、取あえず寸楮を以て、御通知申し上げ候 ・・・」

翌1931年(昭和6年)、谷崎は古川丁未子と結婚する。しかし、1934年(昭和9年)離婚。翌年には森田松子と結婚した。

◆ 谷崎 潤一郎 / 代表作

◇ 鮫人(未完)
◇ 愛すればこそ
◇ 痴人の愛
◇ 卍(まんじ)
◇ 蓼喰ふ虫
◇ 春琴抄
◇ 吉野葛
◇ 盲目物語
◇ 猫と庄造と二人のをんな
◇ 細雪
◇ 少将滋幹の母
◇ 鍵
◇ 夢の浮橋
◇ 瘋癲老人日記
◇ 刺青(短篇)
◇ 柳湯の事件(短篇)
◇ 途上(短篇)
◇ 私(短篇)
◇ 白昼鬼語(短篇)

◆ A Related Words :
谷崎潤一郎 作品/谷崎潤一郎の代表作/谷崎潤一郎 秘密/谷崎潤一郎 ナオミ/谷崎潤一郎全集/谷崎潤一郎 細雪/谷崎潤一郎 文章読本/谷崎潤一郎 映画/谷崎潤一郎賞/谷崎潤一郎記念館/谷崎潤一郎 プロフィール/谷崎潤一郎 略歴/谷崎潤一郎 死去/谷崎潤一郎 訃報/刺青 谷崎 潤一郎/谷崎 潤一郎 蓼食う虫/佐藤 春夫 谷崎 潤一郎/谷崎 潤一郎 記念館/谷崎 潤一郎 白日夢/谷崎潤一郎賞/谷崎潤一郎 刺青/谷崎潤一郎 卍/谷崎潤一郎 春琴抄/谷崎潤一郎 鍵/谷崎潤一郎記念館

Page Top

スマートフォン / PC サイト