追悼の森 =檀一雄さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-230
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  檀 一雄 さん死去

1976年(昭和51年)1月2日 死去 享年63歳

檀一雄写真  

作家  檀 一雄 さん死去

「リツ子・その愛」「リツ子・その死」や「火宅の人」などの作品で知られた無頼派の作家 檀 一雄(だん かずお)さんが1976年(昭和51年)1月2日、悪性肺がんのため福岡県福岡市の九州大学病院で死去した。63歳だった。

1951年(昭和26年)「長恨歌」「真説石川五右衛門」の2作で直木賞を受賞。1975年(昭和50年)に入院先での口述筆記により「火宅の人」の執筆を再開し、病床で最終章「キリギリス」を完成させ遺作となった。没後、読売文学賞を受賞した。

人物 / 略歴

檀 一雄(だん かずお、1912年(明治45年)2月3日 ~ 1976年(昭和51年)1月2日)

山梨県南都留郡谷村町(現在の都留市下谷)に生まれる。小説家、作詞家。

私小説や歴史小説、料理の本などで知られる。

「最後の無頼派」作家・文士ともいわれた。また、西遊記の日本語抄訳もある(東京創元社ほか)。

代表作は、律子夫人の没後に描いた『リツ子 その愛』『リツ子 その死』、時代娯楽作品も人気があり『真説石川五右衛門』(1950年、第24回直木賞受賞)、『夕日と拳銃』など、また20年以上に渡り、書き継がれライフワークとなった遺作『火宅の人』など。

◆ 略 歴

山梨県南都留郡谷村町(現在の都留市下谷)に長男として生まれる。

檀家は本籍地が福岡県山門郡沖端村(柳川市)で、柳川藩の普請方を務めた家柄であった。

栃木県足利の尋常高等小学校に通うが、1924年(大正13年)には両親が離婚する。この年には栃木県立足利中学校へ進学。

1928年(昭和3年)には福岡高等学校文科乙類へ入学。

1932年(昭和7年)、東京帝国大学経済学部に入学。

1933年(昭和8年)、同人誌『新人』を創刊し、処女作「此家の性格」を発表。

1941年(昭和16年)、母の勧めで福岡の開業医の娘高橋律子と結婚し、1943年(昭和18年)に長男太郎誕生。

1944年(昭和19年)には陸軍報道班員として大陸へ渡る。この間律子は腸結核に罹患。終戦後に帰国した一雄は献身的な看病を行ったが、律子は1946年(昭和21年)に死去。

同年、児童文学者与田準一の紹介で福岡県瀬高町の酒造家の娘、山田ヨソ子と再婚。

1950年(昭和25年)、先妻律子を描いた連作「リツ子・その愛」、「リツ子・その死」にて文壇に復帰。

1951年(昭和26年)「長恨歌」「真説石川五右衛門」の2作にて直木賞を受賞。

檀は舞台女優入江杏子と愛人関係にあった。入江は石神井の自宅にしばしば出入りしていたが、1956年(昭和31年)、青森県蟹田町の太宰治文学碑除幕式に同行した際に男女の関係となり、そのまま山の上ホテルで同棲をはじめた。

入江杏子との生活そして破局を描いたのが代表作『火宅の人』である。

1961年(昭和36年)、「火宅の人」の最初の一編である「微笑」が文芸誌『新潮』に発表され、その後連作として各誌に発表された。しかし以後執筆は遅々として進まず一旦中断した。

1974年(昭和49年)、福岡市能古島に自宅を購入し転居、月壺洞(げっこどう)と名づけた。

1975年(昭和50年)に檀は悪性肺ガンのため九州大学医学部付属病院に入院。『火宅の人』を再開し、病床で最終章「キリギリス」を、口述筆記にて完成させ遺作となった。

1976年(昭和51年)1月2日、悪性肺がんのため福岡県福岡市の九州大学病院で死去した。享年63歳。

特記事項

没後、読売文学賞を受賞。

女優の檀ふみは長女。エッセイストの檀太郎は長男。太郎と同じくエッセイストの檀晴子は太郎の夫人。食品総合研究所研究員の檀一平太は孫(太郎の長男)。

◆ 檀一雄 / 主な作品

◇ 『夕張胡亭塾景観』(1935年、第2回芥川賞候補)
◇ 『花筐』(はながたみ)(1937年、処女作品集)
◇ 『天明』(1944年、第4回野間文芸奨励賞)
◇ 『リツ子・その愛』(1950年)
◇ 『リツ子・その死』(1950年)
◇ 『真説石川五右衛門』(1951年、第24回直木賞)
◇ 『長恨歌』(1951年、第24回直木賞)
◇ 『ペンギン記』(1952年)
◇ 『誕生』(1955年)
◇ 『夕日と拳銃』(1956年、同年映画化)
◇ 『火宅の人』(1961~75年、第27回読売文学賞小説賞、第8回日本文学大賞)
◇ 『檀流クッキング』(1970年)文庫版

◆ A Related Words :
檀一雄 家族/檀一雄 火宅の人/檀一雄全集/檀一雄 レシピ/檀一雄遺作/檀一雄 ポルトガル/檀一雄 料理/檀一雄 長男/作家檀一雄/檀一雄の遺作/檀一雄 プロフィール/檀一雄 略歴/檀一雄 死去/檀一雄 訃報/檀一雄 花筐/檀一雄 能古島/檀一雄 の人/檀一雄 神保町/太宰治 檀一雄/高倉健 檀一雄

Page Top

スマートフォン / PC サイト