追悼の森 =中川一郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】Etc-232
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

政治家、衆議院議員  中川一郎 さん死去

1983年(昭和58年)1月9日 死去 享年57歳

中川一郎写真  中川一郎訃報

訃報サイト

政治家、衆議院議員  中川一郎 さん死去

農林水産大臣などを歴任し「北海のヒグマ」と呼ばれた 中川 一郎(なかがわ いちろう)さんが1983年(昭和58年)1月9日早朝、宿泊先の札幌パークホテルの浴室で死んでいるところを夫人の貞子さんにより発見された。57歳だった。

当初の死因は「急性心筋梗塞」とされたが、2日後「首吊り自殺」であったことが発表された。遺書らしいものは何も残していない事など 不審な点が根強く指摘され、「他殺説 自殺説」 の議論が交わされている。

人物 / 略歴

中川 一郎(なかがわ いちろう、大正14年(1925年)3月9日 ~ 昭和58年(1983年)1月9日)

北海道広尾郡広尾町に生まれる。政治家。

元衆議院議員。自由民主党の派閥・中川派の領袖。正三位勲一等。

農林大臣(第49代)、農林水産大臣(初代)、国務大臣科学技術庁長官(第35代)などを歴任した。

◆ 略 歴

北海道広尾郡広尾町に農業 中川文蔵、セイの長男として生まれた。

豊似小学校時代の一郎は、小柄でおとなしかった。家に帰っては両親を助けて野良(のら)仕事にはげんだ。一郎の筋骨たくましい身体は小さい時からの労働の名残である。

北海道庁立十勝農業学校、宇都宮高等農林学校を経て昭和22年(1947年)9月九州帝国大学農学部農業工学科卒業。

卒業後、自ら志願して北海道庁に入った。

◆ 北海道開発庁時代

昭和26年(1951年)、北海道開発庁が設置され、開発担当官となる。

昭和30年(1955年)大野伴睦北海道開発庁長官の秘書官を務め、大野に見出されることとなる。

吉田内閣総辞職のあと、開発庁の開発専門官に異動させられた。

◆ 政治家秘書として

大野は昭和34年(1959年)、中川に「役人を辞めて俺の秘書になれ」と要請。12年間の役人生活に別れを告げ、身分の不安定な政治家秘書になる決意をした。

◆ 政治家として

昭和38年(1963年)、旧北海道5区から第30回衆議院議員総選挙に出馬し、初当選。

田中角栄総理から大蔵政務次官に任命された。昭和52年(1977年)には、福田内閣改造内閣で農林大臣、鈴木善幸内閣では、科学技術庁長官に就任した。

昭和48年(1973年)には渡辺美智雄、石原慎太郎らと「青嵐会」を結成、若手タカ派として名を売った。

昭和57年(1982年)10月自民党総裁選挙・予備選に中曽根康弘、中川、河本敏夫、安倍晋太郎らが立候補した。結果は、中曽根康弘一人で全党員の六割近い支持票を集め、中川は最下位だった。

◆ 晩 年

昭和58年(1983年)、札幌パークホテルのバスルームにて自殺。

その死にはいくつかの疑問点があるとして、今もって議論されることがある。総裁予備選挙が終わってから中川は「夜、眠れない」と強く訴えるようになり、睡眠薬を服用していたという。

◆ 自殺説と他殺説

1983年1月9日、札幌パークホテルのバスルームにて死んでいるのを貞子夫人が発見。

死因は第1報が「急性心筋梗塞」、2日後に「自殺」に訂正された。

遺書も無く、また急ぐように2日後には火葬したことや、死因の変更等でにわかに「他殺説」が浮上した。

巷に流れ出た「噂話」には、さまざまなものがあるが、根拠のない、無責任な「噂話」も多いとされる。

特記事項

「北海のヒグマ」と呼ばれ、タカ派議員として知られていた。

前衆議院議員中川昭一は長男。中川義雄前参議院議員は実弟。

◆ A Related Words :
中川一郎 死の真相/中川一郎 息子/中川一郎 貞子/中川一郎怪死事件/中川一郎 100万円/中川一郎 コンサルタント/中川一郎 他殺/中川一郎 死因/中川一郎 写真/中川一郎 うつ病/中川一郎 プロフィール/中川一郎 略歴/中川一郎 死去/中川一郎 訃報/中川 一郎 氏/中川 一郎 酒/中川 一郎 政治家/中川 一郎 鈴木宗男/中川昭一 中川一郎/中川一郎記念館/タッピングタッチ 中川一郎/中川一郎 Wiki/中川一郎ゼミ

Page Top

スマートフォン / PC サイト