追悼の森 =石坂洋次郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】Etc-233
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  石坂洋次郎 さん死去

1986年(昭和61年)10月7日 死去 享年86歳

石坂洋次郎写真  

作家  石坂洋次郎 さん死去

青春文学の巨匠の一人として知られた作家の 石坂 洋次郎(いしざか ようじろう)さんが1986年(昭和61年)10月7日、老衰(硬膜下出血)のため静岡県伊東市内の自宅で死去した。86歳だった。

「青い山脈」をはじめ「若い人」「陽のあたる坂道」「あいつと私」など 数多くの石坂文学は次々と映画化された。1971年(昭和46年)に夫人が亡くなったことをきっかけに執筆活動から遠ざかり、晩年には認知症の症状が出始め 親族の顔の認識すら出来ない状態になっていたという。

人物 / 略歴

石坂 洋次郎(いしざか ようじろう、1900年(明治33年)1月25日 ~ 1986年(昭和61年)10月7日)

青森県弘前市代官町に生まれる。小説家。

※ 戸籍のうえでは7月25日生まれになっているが、実際は1月25日生まれ。

◆ 略 歴

弘前市立朝陽小学校、青森県立弘前中学校(現在の青森県立弘前高等学校)に学び、慶應義塾大学文学部を卒業。

1925年に青森県立弘前高等女学校(現在の青森県立弘前中央高等学校)に勤務。

1926年から秋田県立横手高等女学校(現在の秋田県立横手城南高等学校)に勤務。

1929年から1938年まで秋田県立横手中学校(現在の秋田県立横手高等学校)に勤務し教職員生活を終える。

『海を見に行く』で注目され、『三田文学』に掲載した『若い人』で三田文学賞を受賞。

右翼団体の圧力をうけ、教員を辞職。戦時中は陸軍報道班員として、フィリピンに派遣された。

戦後は『青い山脈』を『朝日新聞』に連載。映画化され大ブームとなり、「百万人の作家」といわれるほどの流行作家となる。

数多くの映画化、ドラマ化作品がある。1966年、第14回菊池寛賞を受ける。

還暦を超えてなお人気作を量産していたが、1971年にうら夫人が亡くなったことがきっかけに、以後は自身の旧作の改訂や回顧録、随筆などを時折記す悠々自適の生活に入る。

1978年頃から認知症の症状が徐々に出始め、1980年ごろには徘徊や親族の顔の認識すら出来ない状態になっていたという。

さらには肥満が原因による心臓肥大や高血圧の症状など体調は悪化の一方を辿り、1982年には医師から余命半年の宣告が下る。

1986年に老衰(硬膜下出血)のため伊東市の自宅で死去。享年86歳。

死の直前には「これでよし」と呟いた。自他共に納得の大往生だった。

特記事項

◆ 石坂洋次郎 / 代表作

◇ 麦死なず
◇ 陽のあたる坂道
◇ 石中先生行状記
◇ 光る海
◇ あいつと私
◇ 若い人
◇ 青い山脈
◇ 颱風とざくろ
ほか、多数

◆ 石坂洋次郎 / 受賞歴

◇ 1936年 - 第1回 三田文学賞:『若い人』
◇ 1966年 - 第14回 菊池寛賞

◆ A Related Words :
石坂洋次郎 作品/石坂洋次郎文学記念館/石坂洋次郎記念館/石坂洋次郎文庫/石坂洋次郎 麦死なず/石坂洋次郎 青春小説/石坂洋次郎 乳母車/石坂洋次郎 陽の当たる/石坂洋次郎 石中先生行状記/青い山脈 石坂洋次郎/石坂洋次郎 プロフィール/石坂洋次郎 略歴/石坂洋次郎 死去/石坂洋次郎 訃報/若い人 石坂洋次郎/石坂洋次郎 作品館

Page Top

スマートフォン / PC サイト