追悼の森 =源氏鶏太さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】Etc-244
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家 源氏鶏太 さん死去

1985年(昭和60年)9月12日 死去 享年73歳

源氏鶏太写真  源氏鶏太訃報

訃報サイト

作家 源氏鶏太 さん死去

1951年(昭和26年)、「英語屋さん」などで直木賞を受賞した作家の 源氏 鶏太(げんじ けいた)さんが 1985年(昭和60年)9月12日、死去した。73歳だった。

1930年(昭和5年)、住友合資に入社し、勤めのかたわら小説を書き、サラリーマンの哀歓をえがいた「三等重役」で流行作家となった。1951年(昭和26年)、「英語屋さん」などで直木賞を受賞。ユーモアあるれるサラリーマン物の小説を多数発表し、「サラリーマン小説の第一人者」と呼ばれた。

人物 / 略歴

源氏 鶏太(げんじ けいた、1912年4月19日 ~ 1985年9月12日 )

富山市出身。本名は田中富雄。作家。

ペンネームの由来は「平家より源氏が好きなこと」と「『鶏』という字が好きで、『鶏太』とすると、昔の武士の名前のようになる」という理由。

◆ 略 歴

旧制富山商業学校(現:富山県立富山商業高等学校)卒業。

父親は富山の置き薬売りで、家庭は豊かではなかった。7人兄弟の末っ子だったが、兄・姉たちとは年がはなれており、源氏が物心つく頃には、兄・姉たちは家を出ていたため、母と二人で暮らす。富山商業時代は、中山輝に師事して詩を書いていた。

1930年、大阪の住友合資会社(1937年に住友本社に改組)に入社し、経理課長代理まで昇進。戦後の財閥解体時は、GHQからの指示で、住友本社の清算事務を担当した。

その後は、泉不動産(現・住友不動産)で総務部次長を務め、サラリーマン時代はずっと経理畑を歩んだ。

長兄の影響で、就職後は小説を書くようになる。戦前は「副収入」も兼ねて様々な雑誌の懸賞小説に応募。

1934年「村の代表選手」が報知新聞のユーモア小説を受賞し、初めて活字になる。

1947年に短編「たばこ娘」を「オール讀物」に発表。これは、たばこにマニアックにこだわる男を描いた作品だった。1948年には「大阪新聞」に初の長編「女炎なすべし」を連載、同年、初の単行本として刊行される。

1948年、宇野千代が社長だったスタイル社が創刊した「スタイル読物版」に、初の「サラリーマン小説」である「浮気の旅」を発表。

以降、それまで、日本文壇でほとんど書かれたことがなかった「サラリーマンの人生の悲喜劇を描いた小説」を書き続けるようになる。

1951年「英語屋さん」他で第25回直木賞を受賞する。同作は、通訳専門の嘱託社員として採用された、通称「英語屋さん」と他の社員達との交流を描いた短篇で、実際に住友社内にモデルとなる人物がいた。

以降も、ユーモアあるれるサラリーマン物の小説を多数発表し、「サラリーマン小説の第一人者」と呼ばれた。

1956年には作家に専念するため、勤続25年目で会社を退職。1958年より直木賞選考委員。

初期・中期の作品は、大半が映画化またはドラマ化されており、映画化作品は80作を超えている。

特にGHQにより戦前よりの会社の重役陣が退社させされ、本来重役になるべきではない人物たちがサラリーマン重役になったという連作短編集『三等重役』は、「三等重役」という言葉自体を流行させるほどの反響を呼んだ。河村黎吉が社長役、森繁久彌が人事課長役で1952年に東宝により映画化され、ヒット作となった。

また、1955年に発表された『七人の孫』も、森繁久彌主演でテレビドラマ化され、人気を博した。

晩年は、従来のユーモア物に物足りなさを感じ、ブラック・ユーモアを志向。会社内に、恨みをもったサラリーマン幽霊が現れる小説等の、「怪談系の小説」を多く発表した。

1985年(昭和60年)9月12日、死去した。73歳だった。

特記事項

1975年に刊行された『わが文壇的自叙伝』では、「自分の作品で死後、読まれるものがあるだろうか」と自身、懸念しているが、実際に現在ではほとんどの作品が絶版・品切となり、「忘れられた作家」となっている。

◆ 源氏鶏太 / 受賞歴

◇ 1935年 『あすも青空』でサンデー毎日大衆文芸欄佳作
◇ 1951年 『英語屋さん』などで第25回直木賞
◇ 1968年 『口紅と鏡』「幽霊になった男」で第5回吉川英治文学賞
◇ 1975年 紫綬褒章
◇ 1982年 勲三等瑞宝章

◆ 源氏鶏太 / 主な作品

◇ 『ホープさん』文藝春秋新社, 1951年 - 同年映画化、主演小林桂樹、監督山本嘉次郎、東宝
◇ 『初恋物語』春陽文庫, 1951
◇ 『三等重役』毎日新聞社, 1951年、のち新潮文庫 - 1952年映画化、主演森繁久彌、監督春原政久、東宝
◇ 『向日葵娘』小説朝日社, 1952年、のち角川文庫 - 1953年映画化、主演有馬稲子、監督千葉泰樹、東宝
◇ 『幸福さん』毎日新聞社, 1953年、のち角川文庫 - 1953年映画化、主演三津田健、監督千葉泰樹、東宝
◇ 『鶏太ざんげ録』要書房, 1953
◇ 『明日は日曜日』春陽堂書店, 1953 - 1952年映画化、主演菅原謙二、監督佐伯幸三、大映
◇ 『丸ビル乙女』東方社, 1954
◇ 『火の誘惑』東方社, 1954 のち角川文庫
◇ 『英語屋さん』東方社, 1954 のち角川文庫
◇ 『坊つちやん社員』大日本雄弁会講談社, 1955 (ロマン・ブックス) - 1954年映画化、主演小林桂樹、監督山本嘉次郎、東宝
◇ 『奥様多忙』大日本雄弁会講談社, 1955 のち文庫 - 1955年映画化、主演大坂志郎、監督穂積利昌、松竹京都撮影所
◇ 『鬼の居ぬ間』新潮社, 1955 のち文庫 - 1956年映画化、主演森繁久彌、監督瑞穂春海、東京映画
◇ 『七人の孫』東方社, 1955 のち角川文庫 - 1964年ドラマ化、主演森繁久彌
◇ 『春風駘蕩』東方社, 1955
◇ 『見事な娘』大日本雄弁会講談社, 1956 (ロマン・ブックス) - 1956年映画化、主演小林桂樹、監督瑞穂春海、東宝
◇ 『天上大風』新潮社, 1956 のち文庫 - 1956年映画化、主演池部良、監督瑞穂春海、東宝
◇ 『大安吉日』毎日新聞社, 1956 - 1957年映画化、主演小林桂樹、監督筧正典、東宝
◇ 『源氏鶏太サラリーマン文庫』第1-13 学風書院, 1955-1956
◇ 『青春をわれらに』大日本雄弁会講談社, 1957 (ロマン・ブックス) - 1956年映画化、主演伊藤雄之助、監督春原政久、日活
◇ 『たばこ娘』角川書店, 1957
◇ 『青空娘』東方社, 1957 (若尾文子主演で映画化、増村保造監督、大映)
◇ 『源氏鶏太作品集』第1-12 新潮社, 1957-58
◇ 『重役の椅子』大日本雄弁会講談社, 1957 のち新潮文庫 - 1958年映画化、主演池部良、監督筧正典、東宝
◇ 『鏡』新潮社, 1958 のち文庫
◇ 『源氏鶏太青春小説選集』第1-13巻 桃源社, 1959-60
◇ 『最高殊勲夫人』講談社, 1959 (若尾文子主演で映画化、増村保造監督、大映)
◇ 『大願成就』角川書店, 1959 - 1959年映画化、主演高橋貞二、監督生駒千里、松竹大船撮影所
◇ 『新・三等重役』毎日新聞社, 1959 のち新潮文庫 - 1959年映画化、主演森繁久彌、監督筧正典、東宝
◇ 『麗しきオールド・ミス』春陽堂文庫出版, 1959
◇ 『天下を取る』講談社, 1960 - 1960年映画化、主演石原裕次郎、監督牛原陽一、日活
◇ 『若い仲間』集英社, 1960 - 1961年映画化、主演本郷功次郎、監督島耕二、大映東京撮影所
◇ 『天下泰平』東方社, 1961 - 1955年映画化、主演三船敏郎、監督杉江敏男、東宝
◇ 『青年の椅子』講談社, 1961 - 1962年映画化、主演石原裕次郎、監督西河克己、日活
◇ 『堂々たる人生』集英社, 1961 - 1961年映画化、主演石原裕次郎、監督牛原陽一、日活
◇ 『昨日・今日・明日』講談社, 1962 のち角川文庫
◇ 『男性無用』新潮社, 1962
◇ 『御身』中央公論社, 1962 のち角川文庫 - 1962年映画化、主演叶順子、監督島耕二、大映東京撮影所
◇ 『男と女の世の中』新潮社, 1962 のち文庫 - 1962年映画化、主演船越英二、監督島耕二、大映東京撮影所
◇ 『悲喜交々』文藝春秋新社, 1962 のち角川文庫
◇ 『源氏鶏太自選作品集』第1-9 講談社, 1963 (ロマン・ブックス)
◇ 『停年退職』朝日新聞社, 1963 のち新潮文庫、河出文庫
◇ 『二十四歳の憂欝』講談社, 1963
◇ 『東京一淋しい男』文藝春秋新社, 1963
◇ 『流れる雲』毎日新聞社, 1964
◇ 『銀座立志伝』集英社, 1964
◇ 『源氏鶏太全集』全43巻 講談社, 1965
◇ 『意気に感ず』講談社, 1965 - 1965年映画化、主演小林旭、監督斎藤武市、日活
◇ 『女の顔』新潮社, 1966
◇ 『若い海』講談社, 1966
◇ 『ボタンとハンカチ』中央公論社, 1966 のち角川文庫
◇ 『人生感あり』文藝春秋, 1966 のち集英社文庫
◇ 『天上天下』集英社, 1967
◇ 『東京物語』集英社, 1967
◇ 『夫婦の設計』講談社, 1968
◇ 『掌の中の卵』新潮社, 1968 のち文庫
◇ 『歌なきものの歌』新潮社、1969 のち文庫
◇ 『他人の女房』集英社, 1969
◇ 『幽霊になった男』講談社, 1970
◇ 『口紅と鏡』新潮社, 1970 のち文庫
◇ 『ずこいきり』新潮社, 1972 のち文庫
◇ 『艶めいた遺産』集英社, 1972 のち文庫
◇ 『東京の幽霊』文藝春秋, 1974
◇ 『怨と艶』集英社, 1975
◇ 『わが文壇的自叙伝』集英社, 1975
◇ 『時計台の文字盤』新潮社, 1975 のち文庫
◇ 『私にはかまわないで』集英社, 1975 のち文庫
◇ 『永遠の眠りに眠らしめよ』集英社, 1977 のち文庫
◇ 『招かれざる仲間たち』新潮社, 1979 のち文庫
◇ 『わたしの人生案内』集英社, 1982 のち中公文庫
◇ 『日日哀歓』実業之日本社, 1982 のち新潮文庫
◇ 『肝大なり』東京文藝社, 1982

◆ A Related Words :
源氏鶏太 家庭の事情/源氏鶏太の御身/源氏鶏太 プロフィール/源氏鶏太 略歴/源氏鶏太 死去/源氏鶏太 訃報

Page Top

スマートフォン / PC サイト