追悼の森 =立川清登さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】Etc-246
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

バリトン歌手 立川 清登 さん死去

1985年(昭和60年)12月31日 死去 享年56歳

立川清登写真 

バリトン歌手 立川清登 さん死去

バリトン歌手の 立川 清登(たつかわ すみと)さんが1985年(昭和60年)12月31日、脳溢血のため東京都内の病院で死去した。56歳だった。

代表曲に「みんなのうた」で放送された「大きな古時計」、1980年(昭和55年)にリリースされた「阪神タイガースの歌」などがある。二期会の中心歌手として多くのオペラに出演。ミュージカル、ポピュラー、民謡と 幅広いレパートリーのほか、テレビの司会などでも活躍した。同月10日に鳥取県米子市内のホテルで開かれた年末ディナーショー出演中、最後の「メモリー」を熱唱中に倒れ、救急搬送されていた。

人物 / 略歴

立川 清登(たちかわ すみと、1929年2月15日 ~ 1985年12月31日)

大分県大分市出身。本名は立川 澄人(たつかわ すみと)。バリトン歌手。

二期会所属。所属レコード会社はビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)。洗足学園大学客員教授も務めた。

◆ 略 歴

大分県立別府第二高等学校(現大分県立芸術緑丘高等学校)、東京芸術大学卒業。

歌劇をはじめテレビ番組への出演も多く、NHK紅白歌合戦にもたびたび出場した。代表的な役は『こうもり』のファルケ博士や『フィガロの結婚』のフィガロなど。

代表曲は『みんなのうた』で放送された「大きな古時計」、1980年にリリースされた「阪神タイガースの歌」など。オペラ以外にも、童謡、歌謡曲もオペラ風でこなしていた。

細い目をした親しみやすい風貌、オペラでも喜劇系を得意としたユーモラスなキャラクター、機知にとんだ語り口から本業の歌手以外でも司会等、タレントでも活躍。NHK「世界の音楽」や「音楽をどうぞ」のテレビ司会、フジテレビ系列「オールスター家族対抗歌合戦」の審査委員などでも知られる。

この他、FM東京系列「新日鐵アワー・音楽の森」の2代目パーソナリティーを務めたり(初代は山本直純、立川の没後に羽田健太郎が引き継ぐ)、NHK教育テレビの小学2年生向け学校放送番組「うたって・ゴー」にも出演した。

また、1983年5月、八木治郎の急逝で空席となっていた毎日放送(MBS)の土曜朝のワイドショー番組「すてきな出逢い いい朝8時」の2代目司会を務めた。

1973年、出身地である大分県の民話にちなんだ創作オペラ「吉四六昇天」(清水脩作曲)の主役に特別出演した。

1985年12月10日、鳥取県米子市内のホテルの年末ディナーショー中、最後の「メモリー」熱唱中に倒れ入院。一時的な回復を見せたが、大晦日に都内の病院にて脳溢血により死去した。56歳の若さだった。

特記事項

1966年3月5日に発生したBOAC航空機事故で、実姉が遭難している。

◆ 立川清登 / 主な出演番組

◇ 音楽をどうぞ(NHK、歌と司会)-1960年~1966年
◇ みんなのうた(NHK、「大きな古時計」ほか)
◇ 世界の音楽(NHK、司会)-1968年1月~1974年3月
◇ 世界びっくりスペシャル(フジテレビ、レギュラー解答者)-1971年10月~1972年3月
◇ うたって・ゴー(NHK教育)-1977年~1985年
◇ おあじはいかが(TBS、司会)
◇ あじのある旅(毎日放送、司会)
◇ すてきな出逢い いい朝8時(毎日放送、司会)-1983年5月~1985年12月
◇ オールスター家族対抗歌合戦(フジテレビ、審査員)
◇ スターどっきり(秘)報告(フジテレビ、司会)
◇ ハテナ?ドンぴしゃ!(日本テレビ)
◇ ドリトル先生航海記(NHK、ドリトル先生の声)

◆ 立川清登 / 出演CM

◇ ヒゲタしょうゆ
◇ 日本マクドナルド
◇ 本田技研工業「パルフレイ」(スクーター)
◇ スズケン「さんけん茶」

◆ A Related Words :
立川清登 写真/阪神タイガース 立川清登/六甲おろし 立川清登/立川清登 プロフィール/立川清登 略歴/立川清登 死去/立川清登 訃報

Page Top

スマートフォン / PC サイト